MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551]
「ロッカーは緩めで、かなり平らに見えます…」

「それじゃあ、テイクオフのときに刺さりやすいんですね?」

電話でいただく問い合わせの会話の中で良く出てくるやりとりがこれ。確かにロッカーがグーンと付いたボードと比べるとフラット気味なロッカーのボードはパーリングしやすいと思う。でもロッカーの役割ってそれだけじゃない。ロッカー→パーリング、そんなことを考えながらボードを見ると間違えたものを選んでしまう。ロッカーの主な役割はパーリング云々よりもスピードとマニューバビリティのバランスだと思う。ボトムの形状でも変わってくる。

電話やメールでの問い合わせも多いので、言葉でどう説明すればわざわざお問い合わせいただいた方にうまく伝わるのか…?

そんな考えから出てきたのがタイトルの「素人が考えるボードデザイン」だ。「素人」とは私自身のこと。シェイプルームに入れさせてもらっていろんなことを教えてもらってはいるがシェイプができるわけでもなく、普通の人よりは知識は豊富かもしれないがやっぱり私は「素人」だ。そんな素人が素人なりにサーフボードのデザインとテクノロジーをいろんな面から考えていきたいと思っている。

第一回目のテーマはロッカー。うまく書けたらメルマガにて、配信したいと思います。

「私はテイクオフのときにノーズが刺さるのは、ロッカー云々よりも波の見極めができていないからだと思います(タイミングが良くない)あとはボードと波が置かれている状況に応じて身体を使えていない…」




新しいFLOWとMINNOWのボードバッグが到着しました。今日は光が悪いのと強風でボードもバッグもすっ飛びそうなので明日撮影してサイトにアップします。値段は2万円くらいです。


明日は波どうでしょう?とりあえず朝から出かけてみたいと思います。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!