忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
22 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1927] [1926] [1925] [1924] [1923] [1922] [1921] [1920] [1919] [1918] [1917]

よくまあ、こんなものを思いついたものだと驚くしかありません。私たちは過去の歴史からスプーンもフィッシュのニーボードもあらかじめ知っていてそれを作って使っているだけですが、すべて何もないところから作り出したインスピレーションはいったいどこにあったんでしょうか。


ボトム側は丸く突き出した曲面で構成されていて、抵抗になりそうな部分は1本のフィンとテールエンドの樹脂板のエッジだけです。見事に丸いです。

普通のサーフボードのようにレールもエッジもほぼ無いボトムですが、シングルフィンを支点にしてボードが左右にツイスト(ねじれる)しながらターンしていくそうですが、そのスルスル、ズルズルと水の上を滑走する感覚を想像してみるだけでなんだかすごい気持ち良さそうです(笑)

パイポはよくやりますが、パイポは波を滑るときの抵抗の無さが最高に気持ちいいのです。スプーンのフォームを挟まず樹脂の層だけのボトムを通して伝わってくる波を滑る感覚はパイポボードに通じるところがあるかもしれません。

ニースタンスで乗るのは他に使っているニーボードと同じですが、もしかすると座って乗るスタイルが同じだけでショートボードとロングボードくらい違う乗り物かもしれません。

波があっても波に乗れない私はそんな想像だけたくましくしています。

今日は様子をみつつ少し長い距離を歩いてみました。どこも梅の花が花盛りです。雨に濡れた梅がきれいです。


桜が咲くころまでにはきっとばっちりです。

こんなS字ターンを決めてみたいもんです。












PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
<< PIG HOME GO PRO >>
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!