忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
美味しくてすっかり気に入ってしまった徳島の「そば米」、今日の昼食に料理してみました。米という名前がついてはいますが、お米ではありません。蕎麦の実をゆでて皮をとりのぞいて乾燥させたものです。

そば米はおつゆとは別に茹でておきます。ゆで汁では蕎麦湯みたいです。焼酎を割っても美味しそうです。

水を吸うと増えます。写真は二人分で、1/3合くらいです。茹でる時間は十分くらい。プチプチの食感が残るくらいが美味しいです。水に浸すだけでもいいかもです。



昆布とカツオでしっかりめに出汁をとって、大根、ニンジン、鶏肉、ちくわを基本にお好みの具材を煮て、酒、醤油、みりん、塩で味をつけます。ゴボウやコンニャク、油揚げなんかを入れても旨そうです。

そこへ、茹でたそば米を入れ、ひと煮たちさせたら出来上がり。薬味は一味や七味とうがらしをどうぞ。


簡単に作れて素朴な味が最高です。寒い冬には温まります。そば米はネットで買えるようなので、ぜひお試しください。

おいしいですよ。





PR
空がきれいで、強い日差しが気持ちいいなあと思っていたら、いきなりの猛暑日。町田も36度超えだそうです。梅雨真っ只中ですが、もうすっかり夏の気分。

暑さにカラダを慣らしていくのが大切ですが、同じように大切なのが食べるものです。カラダは食べているもので作られるのです。夏の暑い朝、ごはんに焼き魚、納豆に味噌汁もいいのですが、熱い味噌汁を飲んでいると朝っぱらから汗だくになってしまいます。

そこで、気温25度を超えてくるような朝はこれが一番。

冷や汁です。


冷蔵庫で冷やしておいた、かつお出汁に塩もみキュウリ、豆腐を崩していれるのがベースのお出汁です。あとはお肉か魚。上の写真は豚肉の茹でたのをいれて味噌を溶きました。アジの開きを焼いてほぐしたもの、ツナ缶、サバ缶、オイルサーディン、なんでも美味しいです。

油揚げをオーブンでカリリと焼いたトッピングはひと手間です。薬味は食を進めるスパイスです。ミョウガ、シソ、あさつき、、ゴマ、お好みでなんでもOKです。

ご飯にかけていただきます。夏バテ気味で食欲無い朝でもどんどん食べられます。

これは変化球。


前の晩に棒棒鶏を作った鶏のゆで汁と、鶏肉を少し取っておいて冷たい鶏スープ仕立てにしました。固まった脂は取り除き、梅肉をたたいて溶かして、塩と醤油で味付け。キュウリと豆腐はおんなじです。

フーチバがよく合います。書いていたら腹減ってきました。

台風1号です。木曜か金曜あたりにはうねりが届くかも。







日曜日、いつもの時間に起きて朝食を済ませ、いつものようにランニング。今日は女房が一緒なのでゆるゆる…まあ散歩です。

気温が上がり日差しも強くなってくると、樹々が日陰を作ってくれるトレイルはありがたいです。ここは昔は田んぼだったんでしょうね。今は湿地のようになっています。


最近は気合い入れずぎないで、ゆるく走るのが好きです。立ち止まって鳥の声を聴いたり、咲いている花や葉っぱを見ながら、ゆっくりゆっくり…。そんな感じで今日は5キロくらい。

途中にひまわりがたくさん。もう少しで満開ですね。


家へ戻る途中にスーパーマーケットへ寄って、昼ご飯の材料を買います。

暑いときの我が家の定番はコレ。冷や汁です。暑い夏の朝や昼のごはんにはばっちりです。


カツオでとっただし汁を冷まして、薄切りの塩もみキュウリと豆腐がベースの具材。あじの開きを焼いてほぐしたものを入れるのがベストですが、面倒なので今日は鮭缶。ツナ缶でもサバの水煮缶でもOK。

味噌をといて、薬味にゴマとカイワレ(しそ、みょうが、しょうがでも)。どんぶりにご飯を入れてぶっかけます。トッピングは油揚げを細く切ってオーブンでカリッと焼いたもの。

今日は冷や汁とゴーヤチャンプルの昼ご飯でした。これからの季節、夏バテ気味で食欲が無い夏の朝に冷や汁食べると元気百倍です。

食べることにも手は抜きません。大切なことですから。




ボブ・ミツベンのサンディエゴフィッシュのユーズドが入荷しました。1ラウンドのみ使用の極上コンディションです。レングスは5’10”。探していた方はいますぐホームページチェックした方がいいですよー。

MENEHUNE BEACH STORE ホームページ

さて、フィッシュにあまり関心が無い方にはエッグのお話。久しぶりに食べ物カテゴリーです。

朝ごはんにたまごを食べる人は多いと思います。私はほぼ毎日食べます。ご飯のときは納豆に生たまご。パンのときには目玉焼き、ゆで卵、スクランブルなどなど。

昨日は目玉焼き。フライドエッグですね。

美味しさのポイントは生に近い黄身を白身が包み込むように固まるまでじっくり火にかけること。同時にフチに少し焦げ目をつけてあげると香ばしさが増して美味しくなります。

水をたらして蒸し焼きに、というのは個人的には和風のイメージがあります。途中でひっくり返せばターンオーバー。サンドウィッチに挟むときにはターンオーバーにします。半熟にしたり(食べるときに注意ですが)、黄身をつぶしてカリっと焼いたり、挟む具や気分に合わせて楽しみます。

そして今朝はゆで卵。ボイルドエッグ。

アスパラなどたまごの黄身に合う野菜が付け合わせのときは、黄身をトロリとさせます。今朝はアボカドに合わせるイメージで。

黄身の具合はだいたいのゆで時間で調節します。上の仕上がりは6分半~7分。今回はたまごがちょっと大きめだったので7分ちょっとでばっちりでした。黄身をしっとり固めるなら8分半~9分くらいかな。

茹で始めるのはお湯が沸騰してからです。水から、という方法もありますがそれだと茹で加減がわからなくなります。

常温に戻しておけば完璧ですが、冷蔵庫から出したてでもそんなに問題はありません。

茹でる前に殻に小さな穴を開けておくとヒビが入りにくく、温かいままでも殻がつるりとむけます。穴あけ器は100均で買えます。

ちなみにたまごの賞味期限は生で食べられる期限ですので、賞味期限過ぎたからと言って捨てちゃだめです。その他にもポーチドエッグは白身が広がりにくいできるだけ新しいものを使うなど、生みたて、ちょっと時間が経ったものなど調理法によって使い分けたりもします。

たまご、結構奥が深いです。







八丈島のお客さんから貝をたくさんいただきました。八丈から届いたばかりだということで、磯のいい香りがプンプンです。

高瀬貝という貝だということでしたが、子供のころよく採って食べた三角ミナの大きいやつかなあ~と思っていたら違う種類で、三角ミナは広瀬貝と言うそうです。

茹でて剥いて、ビールにぴったり。ネットでは硬いと書いてありましたが、我が家はみんな歯が丈夫なのかモッチリとして美味しいです。

司馬遼太郎の小説にも出てきた、ボタンの材料にも使われている貝で、磨くときれいになるそうなのでいくつか試してみます。

冷蔵庫に八丈島のクサヤもあるので、飲み過ぎ注意ですね。

どうもありがとうございました。

みなさん、お盆休み楽しんでますか?




忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!