MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1
6 8
15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/07)
(11/05)
無題(返信済)
(11/03)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
朝から近くの病院へ足を診てもらいに行きましたが、木曜休診…。仕方が無いので洗濯&風呂掃除をして午後から、目黒通りの老舗家具屋さんのモダニカへ行ってきました。

MODANICA STUDIO

ここの方とはパームグラフィクスを通じたお知り合いで、豊田さんの作品の入れ替えに伺いました。もちろんサーフィンされます。

最寄り駅は東横線の学芸大学ですが、学生の頃住んでいた街なのでなんだか懐かしい気分。当時バイトしていた洋服屋さんは一昨年くらいに無くなってしまいました。都立大よりのトーヨーボール(ボーリング場)も無くなっていましたが、街の雰囲気は25年前とそんなに変わっていません。よく友達と自由が丘で夜遅くまで遊んで、歩いて家まで帰ったものでした。そういえば色んなことがあったなあ~(遠い目)

そんな訳で、パームグラフィクスのアートを数点ピックアップしてきました。

後ほどご紹介しますのでお楽しみに。


モダニカさんではミッドセンチュリーの鳥の置物を買ってきました。


雨も上がったことですし、今日はバーベキューでもやりましょうか~。

波情報をはじめとしてサーフムービーや環境問題などさまざまなな情報を発信している「なみある?」がプロデュースする、写真を中心としたニューメディアが「PRAY」です。

参加アーティストは、アンドリュー・キッドマン、ヒロユキ・ヤマガタ、ジェフ・ディバイン、カナコ・ウチノ、ナキ、スコット・サリバン、ロン・ストナー他。それぞれのアーティストの作品が放つメッセージを自由に感じ取ってください。

今回はアンドリュー・キッドマンやクリス・クリステンソンらをサポートするウェットスーツ「AXXE CLASSIC」をオーダーされた方にもれなくプレゼントしています(無くなり次第終了)


2008.2.27 kamakura

もう一息で確定申告終了!

先ほどサイトにリトマスマガジンをアップロードしました。1996年発行のオリジナル版で、今回の販売分は1冊のみです。再刷はありませんでの現在アンドリュー・キッドマンが保有しているというストック15冊とこの1冊で最後になります。

ホームページ用の画像は私の個人所有のものを撮影しました。お届けするのはまったくの新品、ミントコンディションで保管されていたものです。

カラー89頁で、それぞれの登場人物のインタビューやデレクハインドのクィーバー紹介などリトマスの映像の謎に迫る内容です。

それから、お問い合わせが多いアンドリューのスィフトフィッシュのお話も夏前までの入荷に向けて、ようやくですがスタートしました。そちらもご期待ください。

リトマスマガジンと一緒にアンドリューが送ってくれたデイジー・シェーンのGLASS LOVEのアートワークです。さあ、どこに飾りましょうか?

波乗りもせずしょーもないことを書いていますが、トーマス・キャンベルの新作PRESENTのトレイラーです。冒頭の度肝を抜かれるドロップからのチューブライディングの映像はサーファーがだんだん近づいてきてまた度肝を抜かれます。「ビキニしてる…おんなの人だ…」2005年のASPチャンピオンのCHELSEA HEDGEというオーストラリアのレディスサーファーです。カッコイイ…。サイトもあります。写真がグッドです。


明日19日は午後6時ごろ店閉める予定です。カツさんのお友達のパーティに呼ばれているので茅ヶ崎まで行ってきます。21日は以前も登場した九州人と忘年会で予定どおりに6時閉店。飲みすぎ注意だ。
タイトルは先日エイ出版社の方からいただいた本の題名。ハワイに行けば前を走る車のバンパーなどでこのメッセージが書かれたステッカーを見つけることができるはずです。そしてサーフィンをやっていればエディ・アイカウの名前くらいは耳にしたことがあると思います。この本は出版されたときに購入してすでに読んでいたのですが、何気なくパラパラとめくっているうちにすっかり夢中になって読み返してしまいました。

この本はサーファー目線だけではなく、エディ・アイカウという偉大なウォーターマンを通して、ハワイアンの精神世界やハワイのビッグウェーバーたち、そしてハワイを中心に発展してきた70年代のサーフシーンを見事に描き出している素晴らしくそしてとても興味深い一冊だと思います。

この書の中に書かれている「ハワイアンは他民族と比較して、自己に内在する無意識の領域に最も近い部分で暮らしている」という一行はハワイの魅力をとてもよく表現していると思います。フラ、チャント、マナ、ハワイアンミュージック、神秘的な神話の世界。ハワイアンの文化の魅力は、その島を訪れるものに人間の意識の下にある超自然的な能力の存在を感じ取らせてしまう不思議な力があるからだと思わせるような一冊です。ハワイに行くと気持ちが良くなるのは古代から島に沁み込んでいるハワイアンたちのマナが、訪れるものすべてに心地よさを与えてくれるからなのかもしれないと思いました。そしてそれがアロハスピリッツと言われるものなのかもしれないと思いました。

これからもう一度じっくりと読み返してみようと思います。まだ読んでいない人はぜひ読んでみてください。



画像は2004年のビッグアイランドトリップ。2005年とあわせてまた見て(読んで)みてください。EDDIE WOULD GO!!はエイ出版さんのサイトからどうぞ。

種子島のフォトグラファー 久米満晴さんから来年のカレンダーのお知らせメールが届きました。でも久米さ~ん、せっかくのカレンダーの画像リンク切れてますよ~。もっと大きい画像が見たいなあ。久米さんらしいです(笑)



件名: 久米満晴写真研究所カレンダーです。

こんにちは。

今年も、カレンダー2008「濡れた光」作りました。

大きさは、約40センチ×60センチのポスター大です。

暦は、曜日や祝日は分からないないのですが、シンプルに満月だけわかるものにしてみました。

いかがでしょうか?




詳しくは、http://www.kunekume.comからご覧下さい。

よろしくお願いします。

久米満晴
こんな風にデッサンの練習をしているうちはいいですが…(劇画タッチのKKさん。デッサンの勘がいまいちまだ戻ってません)


日が沈んで気分も沈んでこんな絵を描き始めるとヤバイ兆候。これがサーファーがチューブにプルインしようとしているように見えたらあなたもヤバイ?!気分転換が必要みたい(笑い ははは)


足を心配していただいてこんな靴下をいただきました。早速履いてます。カラーコーディネートもばっちりか?今日、電車が出そうになって思わず階段を駆け上がって足を引きずりつつも駆け込み乗車していました。まだ恐くてつま先に体重を思い切り掛けられませんがだいぶいいみたいです。あと少し!


ジョンセバーソンのヴィンテージフォトのフレーミングがようやく完成しました。フレームの質感も苦労しましたがハンドステインで塗料を染みこませて古っぽい感じに仕上がりました。従来のものをふた回りほど大きくしたブロウアップバージョンです。これから撮影してサイトにアップしますのでもう少しだけお待ちください。


ユーズドボードも到着しました。

ユーズドというよりは国産のヴィンテージシングルというべきですね。今のメネフネのお店と同じエリアにあったらしい(未確認情報です)BLANCHEというショップのオリジナルボードです。シングルフィンで1980というサインが入っていますのでこれがおそらく作られた年。このショップは仕上がりの良いボードを作ることで知られていたそうです。すぐに使えそうで27年前のボードにしてはきれいな保存状況です。4万円也。

昨日から足の調子が悪いので、今日は申し訳ありませんが5時で閉めさせていただいて病院行ってきます。
自宅の玄関にパームグラフィクスの豊田さんが描いてくれた作品を飾りました。80号のキャンバスを使った大きな作品です。

題名は「SHONAN SURF RIDERS」。今年の春に櫛本さんの映像の制作のため逗子に滞在していた豊田さんですが、そのときラッキーにも波が上がった逗子のリーフポイントでサーフィンしたときの湘南の印象と私のイメージ(どんなだ?)を合わせて描いてくれた作品です。湘南の波が想像していなかったほど良い波だったことと、それ以上に印象に残ったのは富士山だったと、この作品を仕上げたあとに話してくれました。

普段私たちは特に気にも留めずに富士山を眺めながら波に乗っていますが、それがいかに素晴らしいことなのか豊田さんの話しを聞いて改めて感じました。古いハワイの波乗りの絵をベースにしてなかなかクールな作品で気に入っています。


台風が近づいてきていますが前線のせいと進む速度が速く湘南はそれほどサイズは無いようです。明日の朝には東へ抜けていくのでサイズが期待できる可能性が高いのは朝一だけか?明後日は残らなさそうです。町田でも雨と風が強く、店にたどり着くころにはびしょ濡れ。BINGのヴィンテージボードも看板も外に出せないので、今日はいただいているメールの返事など少し仕事をして早仕舞いにしようと思ってます。明日は朝から天気良さそう。私は海行きませんが明日に備えてみなさん体調整えましょう。波レポートお待ちしております。

マウイのジョンセバーソンからリミテッドアートプリントとヴィンテージフォトが届きました。

今回はプリントが3作。画像は点描の「PACIFIC WAVE」色使いがユニークで美しい作品です。その他に60年代のサーファーマガジンの表紙になった「SURF BE BOP」とブルーの色使いがきれいな「HOT LEFT」が届きました。

写真は50年代、60年代のハワイとカリフォルニアのヴィンテージフォトです。画像はいまでもキュートなサーファーガールのリンダ・ベンソン1959、アラモアナのジェリーロペス1971です。その他にヨットハーバーになってしまう以前のドヒニー・ビーチを写した「ダナ・ポイント1964」、GOING MY WAVEのポスターに使用された「ラニアケア1963」などが入荷しました。

ただいまフレームを準備中です。もう少しお待ちください。
Visitor Map
Create your own visitor map!