MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1127] [1126] [1125] [1124] [1123] [1122] [1121] [1120] [1119] [1118] [1117]
ディスプレイスメント・ハルとトライプレーン・ハルについてのご質問がありましたのでこちらでご説明させていただきます。

まずは「ハル、HULL」という言葉です。ハルというのは船や飛行機の本体そのものを意味する言葉です。サーフボードで使うときにはサーフボードそのものを意味していると思って差し支えないと思います。

ややこしくなるのはディスプレイスメント・ハルのことを略して「ハル」と呼ぶことです。この場合の「ハル」はトライプレーン・ハルの「ハル」とは意味が変わってきます。

「ディスプレイスメント・ハル」もしくは略して「ハル」というのは、ご存知の通り、グレッグ・リドル氏がシェイプするデザインに代表されるサーフボードのことです。この言葉自体が固有名詞になっていると言っていいと思います。

一方、トライプレーン・ハルというのはサーフボードのシェイプの種類を現す用語のひとつです。サーフボードの形状の名称と言ってもいいと思います。VEEボトムやラウンドテールなどのように形状を現す言葉です。

どんなシェイプを指すのかと言いいますと…

写真は店にある川南活さんがシェイプしたトライプレーン・ハルのシングルフィンです。

点線が入っていますが、このボトムは点線の部分を堺にして三つの面を持っています。一つは点線に囲まれたセンター部分です。この部分はほぼフラットにシェイプされています。

そしてセンター部の左右の部分、点線からレール側の部分です。この部分はレールのトップに向かってフラットに面を取るようにシェイプされています。(デッキに向かって上がっています)

このシェイプは60年代後期に生み出されたデザインです。波のフェイスをスピード付けて走るときにはボードの真ん中のフラットな部分を使ってプレーニング(滑水)します。そしてターンをするときにはレール寄りに角度を付けて取られたフラットな部分を使ってプレーニングして、スピードのロスを減らすという理屈です。

プレーニングするエリアが三つあるハルだから「トライプレーン・ハル」という訳です。ボードの性格としては、ディスプレイスメント・ハルに似ています。レールがデッキに向かって上がっていて、ボトムに引っ掛かる部分が少ないからです。

ディスプレイスメント・ハルのボトムよりは扱い易くなるようですが、私はまだ試していません。このカツさんのトライプレーン・ハルのハルは(ややこしい)強烈に試してみたいボードのひとつです。これをディスプレイスメント・ハルと分類しているのは、ボードのシェイプのバランスをディスプレイスメント・ハルのセオリーに従ってシェイプしているからです。

もう一つのトライプレーン・ハルがあります。アルメリックのレトロシングルフィンのボトムに代表されるボトム形状のことです。こちらの方が一般的だと思います。

C-UNITはクリステンソンがシェイプするハルですが、私が使っているC-UNITはこのトライプレーン・ハルのボトムです。

先日の写真にまた点線を入れてみました。(イメージなので実際のシェイプを表現してはいません。)

まず一つ目のプレーニングエリアは、緩いディスプレイスメント・ハルのボトムにボードの前方かテールへ向かって掘られているシングルコンケーブ。実際に使っているので分かりますが、ダウンザラインのときはこのシングルコンケーブと緩めのアッパーレールを使ってかなりのスピードで走ってくれます。

そして、ボードのテール寄りです。フィンの前あたりからテールまで点線が入っていますが、この部分が盛りあがってVEEボトムを作っています。VEEボトムの両側はそれぞれコンケーブが掘られダブルコンケーブになっています。この左右の面が残り二つのプレーニングエリアです。

テールのプレーニングエリアで分かるとおり、C-UNITはディスプレイスメント・ハルを基にしたシェイプですが、テールに体重をかけたターンができます。高速カットバックが可能です。(ちなみに最新のC-UNITはこのテールエリアのVEEの部分はきれいにフラットに取られているのでダウンザラインのときのスピードはさらにアップしているはずです。ボードのバランスは同じですのでテールに加重したターンもできます)

トライプレーン・ハルとディスプレイスメント・ハルは指し示している対象が違います。トライプレーン・ハルはたくさんあるボトムデザインの中の一つです。そしてディスレイスメント・ハルはフィッシュなどと同じようにボードの種類を現す言葉です。トライプレーン・ハルはコンベックスボトムですので、トライプレーン・ハルボトムのディスプレイスメント・ハルというものも存在します。いわゆる「モディファイ」されたディスプレイスメント・ハルだと考えればいいと思います。マンダラサーフボードのトライプレーン・ハルもこのタイプだと聞いております。

メルマガではこの「ハルのモディファイ」と「サーフボードのデザインの進化」いうことについて考えています。うまく書けたら配信いたします。


すっかり長文になってしまいましたが、おわかりいただけましたかー?

前線のおかげでクローズせずいいサイズで波乗りができていたようですが鎌倉で事故があったようです。サーフィンは楽しむもの、悲しい事故は絶対にあってはならないものです。チャレンジすることも必要ですが、海に入らないという選択も同じくらいの勇気ある行為だと思います。無理は絶対にダメです。

今日はお疲れ気味、海へは行かず走らずで3日前からほったらかしにしていた台所の流しの詰まりがさすがにヤバくなってきたのでその作業をしておりました。詰まるくらいなのでか~なり汚かったのですが無事開通いたしました。

明日は台風本体がやってきます。海は強烈な南風で波乗りどころではありません。台風のときは通り過ぎるまでできるだけ外出しないのが一番です。窓を開けて外を見るのもダメ。私の実家の雨戸には飛んできた瓦が突き刺さった後がたくさんあります。そうは言っても会社は休めないでしょうから、みなさん気をつけてお過ごしください。明日はできるだけ早く帰りましょう。


ウェットスーツオーダーフェア開催中!!
期間:10月3日~11月3日
メーカー協賛により、オーダー料、オプションサービスなどウェットオーダーにお得な期間です。詳しくはホームページをご覧ください。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
HULL
理解できました。ありがとうございました。早速プリントアウトして、ファイリングしました。
メネフネさんのブログ・メルマガは本当に勉強になります。これからも宜しくお願いします。
ムラ 2009/10/07(Wed)20:18:29 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< LSD HOME HULL >>
Visitor Map
Create your own visitor map!