MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1243] [1242] [1241] [1240] [1239] [1238] [1237] [1236] [1235] [1234] [1233]


タイトルと動画は全く関係ありません。中学生のとき、かかさずみていた「探偵物語」。松田優作かっこよかった~。

すっかり忘れていたのですが、先日クリステンソンのC-UNITで波乗りしていたときに、こんな経験をしたことを思い出しました。

シチュエーションはこんな感じです。

セットの3本目くらいでちょうど自分のところに来たいい波に、絶好の位置からテイクオフしてボトムターンに入ろうというまさにそのとき、インサイドの微妙な場所に前の波でワイプアウトしたらしいサーファーがボードを取り戻そうと浮いていることに気がついたのです…。

その後の瞬間、自分が何をしたのかはっきり覚えていないのですが、こんな感じでした。

とっさにボードのデッキを踏み込んだ瞬間に見えたのは、朝日に輝くショルダーが先のほうまできれいに張っている光景でした。そして、さらに次の瞬間にはいままでに経験したことが無いようなスピードで波のボトムをカーブしている自分がいました。

インサイドのサーファーとクロスすることなく、ショルダーが張ったセクションの一番先まで大きなターンでそれこそ矢のように滑りきっていました。

まだまだ、C-UNITの性能を引き出せていないようです。インサイドにいたサーファーがきっかけで、とっさにいままでに無いような身体の使い方をしていたんだと思います。

あの感じ忘れないように、次回トライしてみたいと思います。そして今回はラッキーでしたが、インサイドはもっとよく見なくちゃいけないと思いました。

カツカワミナミサーフボードのユーズドが入荷しました。

ベリーグッドコンディションのDISHモデルです。運動性能が高いシングルフィンです。のちほどアップロードしますのでお楽しみに!












この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!