MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 3 4 5
11 12
16 19 21
22 26
29
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1307] [1306] [1305] [1304] [1303] [1302] [1301] [1300] [1299] [1298] [1297]
George Greenough Crystal Voyager 1973

スプーンとパイポ、共通項は無さそうな二つの道具ですがジョージ・グリノウがスプーンで波を滑るのを見ていると、もしかすると波を滑っているときの感覚はパイポと似ているんじゃないかと考えています。

パイポは波を滑る感覚がサーフボードよりも強く、ダイレクトに身体に伝わってきます。かろうじて浮力があるような木の板が、波の力からスピードを得て水面の表面張力で弾かれるように滑っていきます。サーフボードのウレタンフォームの浮力の上に乗って、レールやエッジ、フィンを使って波の上を動きながら滑っていくのと違う感覚なのは浮力に頼らず、海水という液体が持つ特質を利用して滑っているせいだと考えています。平べったい石を水面に投げて遊んだ経験があると思います。あれは石の形状と水の表面張力とスピードのおかげです。水に浮かない石が、短い時間ですが水の上を滑ります。

スプーンの浮力はレールに僅かに使われているフォームの部分だけです。ボードのセンター部分は厚い樹脂の板ですから「重たい」。樹脂板の重さとフォームの分量を考えると浮力はほとんど無さそう。スプーンの動きやテイクオフのときの映像を見ていると、なんとなくパイポの感覚に近いものがあるように思えます。

いろんな雑誌で散々登場しているのでサーフボード革命にジョージ・グリノウが強い影響を与えているのは皆さんご存知だと思います。そもそもジョージ・グリノウがスプーンの形を思いついたのはどこからなのか?

もしかするとハワイのパイポ?

PAIPO + KNEEBOARD → SPOON なのか?

面白そうです。スプーン製作に挑戦してみたくなってきました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ジョージ・グリノーは最も尊敬する人の一人です。フィンも、グリノー製のを使ってます。ドライブ感が間違いないです。

『クリスタル・ボイジャー』は一番好きな映画です(笑)。昨日も観ました(笑)
思わず書き込んでしまいました(笑)。
リンゴくん 2010/04/19(Mon)23:11:51 [編集]
無題
こんにちは。コメントありがとうございます。

リンゴくんさんはグリノウフリークなんですね~。私もニーボードもこのクリスタル~とインナーモスト~の影響です。グリノウさんのニーボード、最高にかっこいいです。

エア・マットもいいですね~。
menehune 2010/04/21(Wed)18:25:38 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!