MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1425] [1424] [1423] [1422] [1421] [1420] [1419] [1418] [1417] [1416] [1415]
朝ごはんを食べているとカツさんから「波あります」の電話。今日はもう台風の影響はないかとノーチェックでした、私。カツさんありがとうございます。

波はコシ~ムネくらい。久しぶりの波です。

いい天気で秋っぽくも見えますが、かなり暑いです。紫外線注意です。

今日のミッションはコレの扱い方を探ること。


最初は、前回使ったままの空気圧。ペタンと二つ折りにできるくらいにフニャフニャ。

マットの上に腹ばいになって沖を目指しますが、安定して進むことができません。マットがちょっとでもずれると中の空気が偏って、方いっぽうだけがプックリ。当然バランスが崩れます。

なんか変、と思いつつもとりあえず波に乗ってみることに。

ちょうど来た波にテイクオフ。波と反対側のレールを握りしめ横へ進もうとするも、空気が変に偏って身体の下からマットが飛び出し、片手でマットを握りしめたままボディサーフィン状態。

空気圧が少ないから中身の空気のバランスのコントロールが難しいんじゃないかと、海の中で空気を吹き込んで膨らませます。

今度はマットが真中で90度ちょっと曲がるくらい。さきほどよりもかなり高めの空気圧です。

中の空気の移動が減ったせいか安定感あります。マットのあちこちを押してみて反応を確かめてみます。右側のレールを掴みながらマットのセンター方向へ押し込むとマットがフワリと動いて反対のレール側へ空気が移動していくのがよくわかります。

このくらいかなあと思いつつテイクオフ。

今度はマットから身体が外れることなくフェイスを横に滑っていきます。岸側のレールをぐっと押しこみながら波側のレールを波に入れるようにするとマットはまたフワリと反応してフェイスにレールが入るような感覚。

中の空気が移動してマットが柔らかく動いて反応している感覚と水の流れに働きかけているのがわかります。

慣れてくるとマットを海面に対して立て気味にしながらボトムターンをすることができます。柔らかいはずなのに不思議な感じです。でも波側の肘に力が入り過ぎるとガクッとブレーキがかかってしまいます。肘がマットを通して海面まで食い込んでしまうみたいです。

まだうまくできませんが、マットの柔らかさを身体で理解して力の入れ具合を加減すればうまくコントロールできそうな気がします。

パイポやボディボードと大きく違うところは「柔らかさ」です。タチアガリサーフィン(SUPじゃなくてボードに立って乗る波乗りです)でもそうですがレールやフィンを体重移動で波に強く食い込ませてボードを動かします。マットは柔らかいのでそれをやろうとすると、波や乗り手が加えた力に負けてしまうのだと思います。

コントロールする感覚を掴めたら、かなり面白い乗り物になりそうです。


今日の時点で分かったこと。

向きを素早く変えるときには、身体を曲げて足を水中へ垂直に下ろします。腰から下でテール側、両手でノーズ側を持って身体でマットを抱え込む感じです。この体勢だと向きを自由に変えるとができます。向きを変える以外にも、大き目のスープがやってきたときにこの体勢でマットを抱え込むとマットが横へ飛び出してしまうことがなくなります。しっかりキープしたいときに使えると思います。

スープがもっと大きいときには身体の横にしっかり抱えて放さないようにしていました。潜れないので押し戻されるのは仕方ないのか…。上の体勢でこらえられれば波が通り過ぎた後すぐにゲティングアウトを再開できます。

崩れる前の波を超えるときにもマットが横に飛び出しそうになります。これは波を越える瞬間に片手でノーズを握って、もう片方の手でテールを握ればマットを常に身体の下の定位置にキープできます。

とりあえず今日のところはこんな感じです。他にも「こうやったらいいよ」というのがあればぜひ教えてください。

まだまだ試行錯誤ばっかりですが、こういうの大好きです。

サーフマット、やっぱり奥が深いです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!