MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218] [217] [216] [215]
冬はさむい…当たり前。
でもそんな当たり前にさむい冬でも、当たり前のように海に入っていくのは波乗りのすごいところ。最近はウェットの素材が進化しているので、ジッパーレスなんかで、水の浸入を極力抑えてあげれば、湘南だったら3mm裏素材付きで越冬できそうな感じ。5mmと3mmでは着用感はぜんぜん3mmのほうが軽いから冬も楽になりそう。次回、真冬用のウェットはこれで作って越冬テストしてみようと思う。

体脂肪の量でも寒さの感じ方は違う。もう2年ほど続けている食事のおかげで、体脂肪と体重は減ったままをキープしている。2年前は69kgあった体重がだいたい、63~4kgだ。体脂肪率をもとに計算してみると、純粋に脂肪が減っている計算になるが、それを感じるのは海に入っているとき。それも冬より夏場。夏に(一般的には、春、夏、秋とも言う)トランクス一丁で入水していると肌寒く感じるのだ。体重を落とす前は「あんた、その格好で平気なの?」というくらい強かったのが、最近めっきり寒がりになってしまった。海に入るときだけは少し脂肪が欲しいものである。

それからブーツ。いままでは本当に寒いときに履くものだと思っていたが、腰痛持ちは無理せず履くことがお勧め。腰痛予防にも効果がある。足とコシは神経なのか血管なのか気道なのか知らないが、つながっていると思う。去年の夏、ニーボードで痛めた足からコシにきたのは絶対にそのせいだと思っている。

そして帽子。アタマのてっぺんには血管が集まっている。そこを保温することによって、身体全体を冷えにくくする。去年の冬、ウェット地でビーニーを作って体験済みだが、これだけでもかなり違う。ビーニーはなかなかカワイクもある。


画像は、SURF GRIPのブーティ3mm 動きを妨げない構造とストラップ。甲のひっかかりもなくて、かぎりなくベアフット。縫い目のシーリングはカンペキなので中に水を入れて圧力をかけても水は漏れてこない。つまり水が入ってこない。裏返して干せる→クルマの中がクサクならない。衛生的でもあるのです。

お求めははこちらからどーぞ(笑)
http://www.menehune.on.arena.ne.jp/wet/boot.htm

明日は波ないなー

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
僕も腰痛暦20年ですが、治療に行くと足を入念にマッサージしてくれます。不思議と翌日には腰の痛みが無くなっているんですよね~。ちなみに茅ヶ崎にある弦弓筋整復院や上鶴間接骨院は絶品です!
ムラ URL 2007/01/11(Thu)00:06:20 [編集]
無題
やはり足は大切なようですね。でもマッサージ、なんだか苦手なんです。足裏なんかはいいんですが、筋肉を揉まれると揉み返しというのか?かえって硬くなってしまったり。いろいろ試しましたが、ロミロミとかタイ式が好きみたいです。

上鶴間接骨院はきっとご近所ですね。ご近所といえば、店のすぐ近くの公園に…イヤな事件が続きますね…。
menehune 2007/01/12(Fri)11:00:07 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!