MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2420] [2419] [2418] [2417] [2416] [2415] [2414] [2413] [2412] [2411] [2410]

サーファージャーナル日本語版 #22 vol.5が届きました。今回も面白そうな記事が満載ですが、ページをめくっていたらこんな記事が…


日本語版にはたまに日本で書かれた記事が載っていますが、今回はニーボードのお話。大先輩ニーボーダーのリクさんの記事です。

私がニーボードを始めたのはちょうど10年前です。そのころリクさんが立ち上げた”RIKU KNEEBOARDS”を芝浦のASRにチェックしに行ったときに、偶然にもリクさんに遭遇したことがありました。そのときに確か、VOITのDUCK FEETの箱を抱えていて、見つけたんだよと自慢げ(笑)に見せていただいた記憶があります。

読んで行くと、酋長が登場。リクさんが酋長と呼んでいるのは、カツさんのお兄さんの川南正さんです。


文中で「1975年の夏のある日、銀色に塗られたカメの甲羅に似た、ボトムをグイッとえぐった深いコンケーブにシングルフィンのヘンテコなカタチの乗り物と足ヒレを抱えたターちゃんと稲村のビーチで遭遇したのだった」の銀色のカメの甲羅がこのボードです。(ちなみに正さんが始めてニーボードをシェイプしたのは69年だそうです)


それの類似ボード。このボード、いったん走り出すとコンケーブのせいでやたらと速くて、幅広テールとシングルフィンのくせに軽く動くのです。そのDNAがいまのカツさんのシェイプに受け継がれているのを感じさせてくれるヴィンテージニーです。


川南正さんが乗っていた最後のトライフィンのティアドロップニーボードを、復刻でシェイプするとカツさんから聞いているので、それもかなり楽しみです。できたらお借りして乗ってみたいです。そういえば古いビデオですが、「ツナミコーリング」にニーボードで正さんが登場していたのを思い出しました。この頃のボードかな?


リクさんのクィーバー、実はリペアショップに入っているときに全部チェックさせていただいております。ブルーのホットバタードのはヤバイです。勝手にいじってすいません。

ニーボードやっぱり最高です。

気になる方はホームページのKK NEWSをどうぞ。http://www.menehune.on.arena.ne.jp/boards/katsu/news/knee.htm



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!