MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2481] [2480] [2479] [2478] [2477] [2476] [2475] [2474] [2473] [2472] [2471]

伝統的な製法で作られた納豆です。ゆでた大豆を藁苞(わらづと)で包んで、暖かいところに置いておくと藁についている納豆菌が働いて、大豆が納豆になります。

藁苞で作ると、水分は少なめで納豆独特の香りはスチロール容器で作られた納豆より穏やかになります。納豆苦手という人は藁苞で作った納豆、食べてみてください。

わらづと納豆は水分が少ないので、練るのがちょっと大変です。

子供の頃よく、かあちゃんに納豆をこねさせられたものです。


こんくらいでよか?

まだまだ

もうよか?

もうちょっと


てな具合だったので、納豆こねには結構うるさかったりします。

わらづとには写真のようにお米が残っていたりします。

納豆を取り出したあとは、そのまま庭にでも置いておくと、わらの隙間に残った取り残しの納豆豆と米をスズメが食べてくれます。チュンチュンとつつく姿はかわいいものです。

スズメの出番が終わったら、初夏の収穫を願いつつ豆を植えたプランターの敷き藁にします。自然に帰りつつ肥料になってくれそうです。ストーブの焚きつけにも使えそう。


プラスチックの容器ではこうはいきません。ゴミになるだけです。

スーパーに長崎産の新じゃがが売っていたので鍋で焼いてみました。新じゃがというと秋の北海道のイメージですが、長崎のじゃがいもはこの時期にも新じゃがが収穫されます。水分が多くてジューシーで美味しいです。

長崎のじゃがいも産出量が、北海道についで全国二番目というのを知っている人は少ないと思います。石垣積みのじゃがいも畑の景色が懐かしいものです。スーパーで見かけたら買って食べてみてください。

今朝は、腹背筋のトレーニングに加えて足腰のゆるやかなトレーニング。何をやるかというと、フロントサイドとバックサイドのターンをイメージした姿勢をヒザを曲げたまま交互にゆっくり繰り返します。これを30分ほど。ゆっくりやっていると、海に入る前のふくらはぎからアキレスにかけてのストレッチは大事だなあと実感したりします(やってみてください)。

ランニングをしないときにはこんなことをやっております。

たいしたものじゃありませんが、道具と同じでカラダもできるだけ整えておきたいです。

波は金曜あたりかな?

例によって風向き次第です。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!