MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2547] [2546] [2545] [2541] [2540] [2538] [2537] [2536] [2535] [2534] [2533]
ある人にフェイドターンって何ですか?と尋ねられました。ロングボードはやらない人です。テクニカル的なことはボロが出るので(笑)あんまり言わないようにしてますが、フェイドターンというのはロンガーさんならご存知のとおり、ブレイクの方向とは逆にノーズを向けながら立ち上がり、一気にブレイクの方向へターンするテクニックです。

ロングボードらしい動きだと思います。

フェイドターンは自分が滑り出したところよりも奥にピークが来たとき、立ち上がってすぐにレールをセットするためのトリミングです。

立ち上がりながらターンした後は、レールを入れられるだけ波が立ち上がっているので、すぐにダウンザラインか、ノーズへ出る動き(ウォーキング)に入ることができます。そのための動作です。

下の動画ではブレイクが速いのでフェイドターンとは言えないかもしれません。きれいにフェイドターンしている波もありますが、ほとんどの波はアレックス・ノストが一瞬ノーズを岸へ向けてスピードを落としている間にもう波が掘れてきています。

ボードを波のポケットへ持っていく、カットバックやストールと同じ目的の動きだといえると思います。

フェイドターン、かっこいいですが、インサイドで波を待っている短いボードに乗ったサーファーたちは少し困ったりもします。

あんまり大きくフェイドされると、本当はどっちの方向へ行こうとしているのか分からないんです。どっちへ避けていいのかわからず、固まってしまいます。

それから、ピークの反対で逆方向へ行こうとしている人は、前乗りしてしまうかと思ってパドルを止めてしまったりすることがあります。

人が多いところではあまり縦横無尽にやらない方がいいかもしれません。ちょっとだけ振って、ちょっと待ていれば波は追いついてきます。



一番豪快なフェイドターンは、サンセットでのテリー・フィッツジェラルドの逆レールからのボトムターンか。


今朝は休息日。風と新緑が気持ちいいので裏山のベンチに寝転んで読書してみました。


仕事前の1時間。気持ちよかったです。ホトトギスが鳴き始めました。

今読んでいるのは夏目漱石。学生の頃読んだきりで、すごい久しぶりです。年取って改めていろんな作品を読み返すと若いころとは違った面白さがあります。

いろんな植物が出てきています。これはテンナンショウ。別名マムシグサです。

希少種のキンラン・ギンランは花が終わって、次に山百合が花を咲かせる準備をしています。

いい季節ですね。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!