MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2605] [2604] [2603] [2602] [2601] [2600] [2599] [2598] [2597] [2596] [2595]
今週から楽しい夏休み。もっとも、おっさんには関係ありませんが通勤途中に車のラジオで夏休み子供科学相談を聞いていると、子供の頃のわくわくした気分を思い出したりもします。

子供の頃を思い出して、ひとつ疑問に思うのは子供の頃ってこんなに暑かったっけ?ということ。今日は35度超えのところが全国で220箇所以上あるそうで、やっぱりちょっと暑すぎでしょと思います。

最近、ランニングの距離を10キロ以上に伸ばしているのですが、昨日は7キロちょっとのところでリタイヤしてしまいました。

走り始めるときにちょっと疲れを感じていたのもあるのですが、10キロくらいなら平気だろうと走っていたら、陰がまったく無い日なたが3キロくらい続くところを入っていたら手先がなんだか痺れてきたようになってこれはヤバイと、いつもトレイルで走っている公園へ逃げ込みました。

山の中の木陰を自販機で買った冷たい水を首筋にかけたり、飲んだりしながら歩いていると回復してきましたが、驚きました。自分で暑さには強いと思っていたのですが、自信過剰が一番いけません。これからは気を付けます。

波乗りも真夏に日陰が全くないところで何時間も身体を動かしているのですが、熱中症になったというのはあんまり聞きません。体温よりも温度が低い海水に浸かっているのが熱中症対策になってるんでしょうね。

逆に春や秋にウェットを着込んでいるときに日差しが変に強かったりすると脱水症状になることはあります。経験ありです。なんか変だなーと思って海から上がったらフラつくし、意識がボーっとなってくるしで、やばかったです。いずれにしても、海へ入る前の水分補給はたっぷりと。

明日からのランニングは当分のあいだ、日陰のトレイルにしておきます。しかし、6年後の夏は東京オリンピックですが、こんな暑さの中で競技できるんでしょうか?選手も観客も危険なような気がします。

50年前の東京オリンピックはかつての体育の日(10月10日)が開会式でした。身体を動かすにはいい季節です。(話は違いますが市川崑監督の「東京オリンピック」、素晴らしいですよ。)

なんでわざわざ一番過酷な季節に?と思って調べてみたら、この時期にしか開催できないのは欧米の他のメジャースポーツとテレビの放映で競合しないように、IOCがこの時期と決めているからだそうです。暑さに加えて、豪雨、落雷も多発しますから涼しい部屋でテレビで観戦する方が安全のようです。

それにしても昔の部活動では、真夏に水も飲ませてもらえずにウサギ飛びもやらされ、よく怪我もせず死にもしなかったもんです。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!