MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
無題(返信済)
(11/10)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2748] [2747] [2746] [2745] [2744] [2743] [2741] [2740] [2738] [2737] [2736]
突然のように気になり始めた、ウィドウ・メーカー。どんなデザインかと言いますと…これです。

アンドリュー・キッドマンのロスト イン ザ エーテルから借りてきました。デイヴ・パーメンターがシェイプしたウィドウメーカーです。シングルフィンのような大き目のセンターフィンと小さなサイドフィンが付いた、いわゆるシングルスタビと呼ばれるセッティングです。

シングルスタビと言うと、ロングボードでよく使われているフィンセッティングです。私にはそちらのイメージが強く、ウィドウメーカーは映像などで昔から見ていたデザインなのに、今までほとんど気にしていませんでした。思い出せば、以前アンドリュー・キッドマンが店に来てくれたときにも、1本持ってきてくれていたんですが…反省です。

ロングではどちらかというとセンターフィンの補助的なイメージ(実際そうですが)しかなく、シングルのログばかり乗っていたこともあって、サイドフィンの存在を軽く見ていたように思います。

急に気になり始めたのは、最近また乗り始めたトライフィンのせいだと思います。トライフィンに乗ったおかげでサイドフィンの存在の大きさに改めて気が付いたんです。

ずっとそうだったのでお分かりいただけると思いますが、基本的にシングルフィンは好きです。そのシングルフィンのターンをさらに伸ばすことができたり、カットバックでシングルの感覚のままでレールをよりキープしてくれるのが小さなサイドフィンだったら?

ロスト イン ザ エーテルでのデイヴ・パーメンターの話では、どうもそういうボードらしく、いままでのシングルスタビのイメージがすっかり変わってしまいました。

ホットバタードのドリフタも同じコンセプトです。あのサーフィンはあの親子だからできるんだと思いますが、あらためて昔の映像をいろいろと見直していたら(GLASS LOVEにも出てました)すっかりその気になってしまった次第です。

ちなみに今までロングボードでもシングルスタビには乗ったことはありません。これは、どうしても試してみなければいけませんね。



さて、ユーズドボードが入荷しましたよ。ヴェルジーさんのクラシックなログ、MC KICKTAIL 9’8” です。

クラシックとはこういうことだというお手本みたいなボードです。

アップロード少しお待ちください。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!