MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2768] [2767] [2766] [2765] [2764] [2763] [2762] [2761] [2760] [2759] [2758]
昨日の波乗りの余韻がまだ消えてません。久しぶりにしびれております。波が特別良かったわけではありません。ミニボンザーのせいです。あのスピードと、波の斜面を滑る感触がまだ生々しいのです。波乗りしたくってたまりません。

そんな気持ちにさせてくれるカツさんに感謝しつつ、これまでのことを考えておりました。ただ思いつきと興味にまかせ、いろいろなボードに乗ってきました。シングル、ツイン、トライ、ボンザー(ロングボードやニーボードもあります)と一通り乗ってきたわけです。

それぞれのボードを思い出してみると、どれも面白くてどのボードも楽しめた記憶が思い出されてきます。

トライフィンは3本のフィンで、波に対してボードがどんな角度で入っていてもボードを支えてくれるかのように感じます。シングルフィンと比べるとを本当にそんな感じを受けます。乗り手がとるさまざまな姿勢をテールの広い範囲で支え、推進力に換えてくれるかのようです。

シングルは1本のフィンとレールだけでボードを支えているので、支えられる範囲はトライフィンよりも狭くなります。動きではトライが優れていますが、フィンが少ない分スムースさがあります。

とても久しぶりにトライフィンに乗って改めてその性能を認識しました。でも逆にそのおかげでシングルフィンの面白さが見えてきたように思います。

ボンザーはシングルフィンのレールを支え、ボトムの水流を増やし通常のシングルよりも推進力を多いに高めてくれます。昨日実感しました。

ツイン(私の場合はフィッシュです)はシングル同様にスムースで、両サイドのレールにはレールの近くフィンがあるためスピードを付けやすく、センターフィンが無いので素早いレールの切り替えしができます。

実際に乗ってみれば、このほかにもそのボードが持つ個性を感じられると思います。乗り方もサーフィンのラインもその個性に合わせ、必然的に変わってきます。

シングルフィンに乗ればシングルフィンのサーフィン、トライに乗ればシングルでは出来なかった動きが楽しめます。ボンザーは水流とスピード、フィッシュはセンターフィンが無い自由な感触と切り返しの速さ、ルースさ。

結局のところ、波を滑ることをどう楽しめるかということなんじゃないかと…

これも面白い…かなり。

Papa Planes: Paipo Ride In April from Rafferty Productions on Vimeo.

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!