MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2802] [2801] [2800] [2799] [2798] [2797] [2796] [2795] [2794] [2793] [2792]

今日も気温は逆戻り。週明けまでは気温低そうなので、昨日の極小波サーフィンは日差しが暖かだっただけでも貴重な時間だったみたいです。

スネ、あるかないかの小さな波。クラシックなロングボードに乗っている方ならご存知だと思いますが、そんな波でも十分トレーニングになります。

力の無い小さな波を、重たいロングボードで乗り継いで行くのは意外とパワーが必要です。パワーが必要ですが微妙な加重でのトリミングが要求されます。力が入りすぎると失速してコケます。

レールを入れたり抜いたり、テールを少し沈めながら微妙にノーズの向きを変えたり、前へ出てまた後ろへ下がる。そんなことを繰り返して、うまくスピードを引き出せればカットバックらしきものだってできちゃいます。

こういったトリミングの練習は短いボードに乗ったときに多いに役に立ちます。

オールラウンドタイプのロングボードでもいいと思いますが、レールもボトムも丸く、スタビライザーフィンも付いていないシングルフィンのクラシックなロングボードはよりトリミングの練習にむいています。

何かを練習しようと意識する必要はありません。沖の小さなうねりを捕まえてインサイドまでうまく乗り継いでいくだけです。

まあ、そんな小さな波でも楽しいからやっているだけなんですが…。

さて、HさんのMINI6’8”完成しました。ネイビーのティントがおしゃれ。フィンはグラスオン。最近はグラスオンにされる方が多いです。体重に合わせて、踏み込みやすいように、気持ち薄めのシェイプ。こういうところもカスタムならではです。


それからクリステンソンのリーフモデル。ユーズドです。私も乗っていました、このボード。調子いいロングボードです。アップロード少しお待ちください。


ウェットも出来上がりました。AXXE CLASSICのノンジップとバックジップです。


バックジップは自分用です。

早速着てみましたがAXXEさんが研究してます、と言うだけあって首あたりはいい感じです。

こんなふうになっています。

フラップ側が上に出て微妙にかぶさるようになっていて、実際に着てみると首の後ろにフィットしてくれるのがわかります。重なった部分の首への負担は少なく、首の動きへの追随性はかなり高いです。

首と背中への負担がより少ないのはジッパーレスですが、脱ぎ着の簡単さはやっぱりバックジップです。取り扱いが楽というのはいいもんですね。

今年はゼロの3/2ミリのスプリングロールというやつも作ったので当分春秋用は作らなくてよさそうです。


ウェットの納期は出来上がりが、GW前後になっています。これから使うウェットはお早めにオーダーがおすすめです。

ロングボード、ミッドレングス、いろいろ乗れると楽しさ倍増です。

Jared Mell ~ Welcome to CRAP Eyewear from Matt Grote on Vimeo.





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!