MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3114] [3113] [3112] [3111] [3110] [3109] [3108] [3107] [3106] [3105] [3104]

ロングボードのテールの画像。どちらもクラシック系のロングボードです。

上は私のお気に入りの赤いログ。そして、下はいわゆる「ノーズライダー」と呼ばれるタイプのロングボードのテールです。並べてみると違いがよく分かります。

私のログはテールにかけて緩やかにロッカーがはいっていますが、ノーズライダーは途中まで緩やかなロッカーが、テールの近くで急に強くなっています。テールキックと呼んでいますが、ノーズライダーの特長のひとつです。

”キック”というとボードを急激にコントロールするための反りというようなイメージがありますが、このキックにはちょっと違う役割があります(ピヴォットターンやプルアウトにも使えそうです)

このテールキックはサーファーがボードの前方へ、つまりノーズエリアに乗ったときに働き始めます。ノーズに体重が乗ると当然ですがテールは持ち上がります。そのとき波の中をこの上向きのテールが進むことでノーズを持ち上げる力が発生します。

その力にプラスして、ノーズコンケーブの下の水流がノーズを持ちあげるようにと働きます。その二つの力で、より楽にノーズライドができるしくみです。

さらにテールキックもノーズコンケーブも水の抵抗になるので、ボードのスピードが落ち、より長い時間ノーズに留まることができるようになります。

ノーズを浮き上がらせて、スピードダウン、一石二鳥(?)の効果を生み出すのがノーズライダーのロッカーです。


一方、私のログです。テールキックも無く、ノーズコンケーブも入っていません。このボードを作り始めたのはちょうど二年前。2014年の7月にフォームを注文しています。

当時のブログを見ると、ノーズライダーよりも前の時代のロングボードのカタチを作りたかったと書いております。

ノーズライドよりも、スムースさやトリミングをイメージして選んだのが、あのローロッカーのフォームでしたが、これが当たりでした。ノーズライダーとはまた違ったタイプのクラシックなロングボードが出来上がりました。

もうそろそろフォームが出来上がりそうな、私の新しいログですが、今度はDフィンで今のよりももう少しクラシックなシェイプになる予定です。最初に作りたかったイメージです。


長くてレールが丸く、大きなフィンがついたロングボード。どれも同じように見えますが、でかい図体の中のわずかなロッカーの違いでも、それぞれ違った性格で生まれてきます。

最近、ロングボードが面白くてたまらないのは、そんな細かな違いが分かってきたというのも多いにあると思います。

次のDフィンのログもまだ出来上がっていませんが、その次はノーズライダーにする予定です。

やっぱり楽しいです、ロングボード。


こちらも楽しくよく滑る、ハル!! グッドコンディションのユーズドが入荷しました。


チェックはこちら。MENEHUNE BEACH STOREホームページ






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!