MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3235] [3234] [3233] [3232] [3231] [3230] [3229] [3228] [3227] [3226] [3225]

夏に出来上がったこのログ、ようやく慣れてきました。大きなDフィンにフラットなロッカー、そしてしっかりとした重量があるクラシックなロングボードです。

冬場の、小さいけれどきれいな波で楽しむには最高の道具です。

ロッカーが少ないので、トリミングはよりしっかりとした体重移動で加重する必要があります。直進性はあっても、ターンするのにあまり適しているとは言えない大きな面積のフィンもそんな性格を強調する要因のひとつです。

接水面が多く重量があるボードが波の上を滑っていく感覚は、クラシックなログならではのものです。波の上を「スライド」する気持ちよさに、「グライド」していく気持ちよさが重なってきます。

小さな波でも、沖からインサイドまで乗り継いでプルアウトしたときの満足感は大きいものがあります。


そしてもうひとつのグライドは、もっと小さなボードでのスライドです。


MINI QUADというモデル。以前、ソープスリッパーと呼んでいたとおり、よーく滑ってくれるボードです。上の画像でも分かると思いますが、幅広のアウトラインに大きなコンケーブで、より多くの水の流れがボトムに集まります。

ログの重厚感とは逆に、軽快にスライドしながらグライドするのが楽しい感触として伝わってきます。ツインのモデルのBOOGIEも良く走ってくれますが、それとはまた違う柔らかな感触が気持ちいいのです。

レールをしっかり使いながら、柔らかく踏み込んでターンさせます。BOOGIEのようなドライブ感が少ない分、滑る感触、ターンをするときの柔らかさが面白いボードだと思います。

BOOGIEの方が人気なのですが、このMINI QUADはまた違った性格で面白く、私は好きです。昨日、へとへとになるまでやっちゃったのは、この対照的なふたつのグライドが面白かったせいもあります。

カツさんのクアッドフィンのセットアップには、二種類あるので次回はフィンを替えて試してみようと思っています。

デフォルトでお付けしているのはこれです。FANG(キバ)と呼んでいるフィンです。後ろが小さいのでフィッシュのセッティングではちょっとルースする感触が好きなのです(同じフィンを使ってもテールの形状とフィンを付ける位置で変わってきます)


もうひとつはこれ。UKU(ウク)と呼んでいる組み合わせ。UKUというのは、サカナの名前です。ハワイのスイサンで見た人もいるかもしれません。このフィンみたいな形で、少々間の抜けた感じ(カワイイという意味ですので(笑))のサカナです。


形はもちろん違いますが、良く見るとUKUは後ろのフィンが両面フォイルになっているのが分かります。この方がより直進性が出ます。(ちなみに両面フォイルではないUKUフィンもあります)フィンでどう変わるのか楽しみです。

9’6”のログと6’0のクアッドフィッシュ、違いはあってもどちらもグライドしているときの感触が気持ちいいのです。

波に乗る楽しさは人それぞれだと思いますが、私にとってはこのグライドする感触が波乗りの一番の楽しさです。それぞれ違うグライド感を味合わせてくれることが、エアマットやパイポ、ニーボードなど様々な道具で波に乗る理由なのです。

波乗りはやっぱり楽しい!





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!