MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3230] [3229] [3228] [3227] [3226] [3225] [3224] [3223] [3221] [3220] [3219]
ラバーのスーツを着る、冬こそサーフマットです(品切れ中ですが…)ドルフィンもほぼ習得したつもりです。


低気圧が今夜通過しますが波は無理そう…明日はどちらかと言うとソリ遊びの方が良さそうな感じです。我が家の周りは都心の倍は積もります。

どうなるか、お楽しみに…。

それから昨日の続きで、冬のウェットスーツのお話し。

5年ほど前から登場して、動きやすく暖かいと人気のネックインスーツ。首のパーツによく伸びる素材を使って、首から出はいりしてしまうスーツです。

いろいろと疑問や心配があると思います。

おそらく1番心配なのは、首回りがすぐに伸びてしまうのではないか?ということじゃないかと思います。

ネックインスーツ、もう5年もたくさん作って、着ていただいてます。私自身も使っています(2着目です)。5年目の結論として、その心配はご無用です。

もし、2年以内にへたってしまったら無料で交換(AXXEです)します(ちょっとくらい過ぎても大丈夫です。ご相談ください。)

2番目の心配事は、脱ぎ着が大変なのではないか?ということだと思います。

これに関しては、いくつかのポイントさえ押さえていただければと言う前提で、そんなことはありませんと断言できます。

その前提というのは、1.ラッシュガードをインナーに着る ということ。そしてもうひとつは、2.腕を抜くときには手順どおりに、という2つです。

ラッシュガード(エアスキンなどの表面がナイロンのツルっとしたインナーならOKです)を着ると滑りやすくなって、格段に脱ぎ着が楽になります。

そして、腕を抜くときには、あらかじめ袖口を手の甲あたりまで抜いてから、身頃に空気をたっぷりいれて膨らませます(膨らむということは、それだけ防水性が高いということです)

膨らませたら、スーツの中へ片方の腕を肘から抜くように、スーツの内部へ入れてきます。

そして問題はもう片方の腕の抜き方。

先にスーツの中へと抜いた腕をつかって、まだ抜けていな方の腕のヒジだけをスーツ内へ抜いておきます(スーツ内での動きです。ここが大切です)

そうしておいてから、スーツ内の腕を首から出します。片方の肩とムネ半分が出た状態です。

そうして、抜けていない方のスーツの袖を引っ張ると、あらかじめヒジが抜いてあるので簡単に腕がスーツの内部へ抜けてきます。

腕さえ抜いてしまえばあとは簡単。この方法なら、波が良くて疲れ果てて上がってきても大丈夫です。


着るのはまったく難しくありませんので、この2つさえクリアしておけば、脱ぎ着は問題無しです。そして、ネックインスーツほどカラダの動きを妨げないウェットスーツはありません。しかも暖かい。

構造が簡単なので、使ったあとに乾かすときにも気を使いません。

着用実演いたします(笑)決して安くはない買い物ですので、じっくりご相談ください。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!