MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3232] [3231] [3230] [3229] [3228] [3227] [3226] [3225] [3224] [3223] [3221]

かなりカオスな状態におちいっていますが、はじめてサーフボードの上に乗っかって海へ出たときは自分もこんなだったと思います。

もう少し穏やかな日にやればいのかもしれませんが、波のコンディションは人の都合には合わせてくれません。

でもこんな風に波に戻され、巻かれている中でどうやれば波の力をやりすごすことができるかを考え、試行錯誤するうちに体力が自然と付いて、効率的な身体の動かし方やボードの扱いを学んでいくものだと思います。

波をなんとかくぐりぬけ、パドリングで沖へ出てようやく波に乗るという段階に入ります。

でもそこから、まともに波に乗れるようになるまでには数多くの関門があります。時間もずいぶんとかかります。

サーフィンって本当にむずかしいものだと思います。今でもそう思います。

人間、歳を取ればどうしても身体は衰えてくるものですが、それぞれの年齢で自分がベストと思える状態にいることができれば、数年前にはできたことができなくなっていても、それはそれで良いと思います。

逆に数年前には気が付かなったことに気が付いて、できるようになったりすることもあります。衰えるばかりでも無いのです。

なんで、こんなことを書いているのかというと、これから試してみたいことが二つほどあるのです。

ひとつはパドリングのやり方です。詳しくは海で実践してから書いてみたいと思いますが、パドル中のチカラの入れ方のバランスを意識的に変えてみようと考えています。

先日の小さな波で8’4”のTIKIで入ったときにやってみたら、なんとなく良い感触でした。

いまさらパドルです。でも試してみる価値はあるんじゃないかと思います。

とりあえずは、効果(?)が分かりやすいように浮力が小さなボードでやってみようと思います。実感できたら、ご紹介いたします。

やっぱり、いつになってもサーフィンはむずかしいと思います。でも、それだから面白いのだと思います。

ニーボードは、苦手なライト側での身体のイメージがだいぶできるようになってきました。レフトばっかりじゃ楽しさ半減ですから。






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!