MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3234] [3233] [3232] [3231] [3230] [3229] [3228] [3227] [3226] [3225] [3224]

波はコシ・ハラ。トロいですが人が少ないのが何より。ウェットは先日出来上がったばかりの、3ミリフルスーツでちょうど良し。動きやすいです。

まずは、TIKI 8’4”で。


やっぱりいいです。よく走るし、サイドフィンのおかげで反応が良い。軽ーく回ってくれます。でも、うねりの向きがいまいち合っていないのかセット以外は波がトロく、これはもっと大きなボードの方がよさそうだと、9.6のログに切り換えです。



重くてフラットで、なかなか手ごわいログですが、だいぶ手なずけてきました。手ごわいだけに面白いのです。

テイクオフしようとパドルをはじめると、目の前のノーズが平らなこと。下がっているように見えるくらいです(笑)

緩い波に、ノーズが吸い付くように滑り出します。これが気持ちいい。

スピードが十分に付くまで待って立ち上がります。

フィンはでかいDフィンだし、重量もこれまで作ったログの中では一番重い。当然、コントロールは大変です。でも、こいつが波の中を進んでいく感触はなかなか気持ちがいいのです。

好き者向けのログです。普通のクラシックボードに物足りなくなったらどうぞ。店にありますので見に来てください。

赤いログも乗りたくなってきたので、次回はそっちを持ち出してみることにします。


しばらく入っていると、なんとなくセットの数が増えてきたようなので、今度は6’0のクアッドにチェンジ。

こいつです。


なんと言えばいいのか、軽ーく、抵抗が無い感じで滑るのが気持ちいいのです。シューっと滑ります。動きも軽く、ココロも軽いのです。

6.0のクアッドで4~5本乗って、やっぱり大きい方がいいやと、また9.6に交換。結局、5時間近く遊んでおりました。

どのボードもそれぞれ面白かったです。


さて、新しいウェット。SUL(スーパーウルトラライト)のドライプラスという素材を使っています。SULは何よりもその軽さが素晴らしい素材なのですが、唯一乾きが遅いという問題がありました。

ドライプラスは、SULに乾きの早さをプラスした素材という訳ですが、どのくらいのものなのか、観察してみました。

看板に偽りはありません。あっというまに乾きます。通常のジャージ裏より早いかな。

新しい3フル、ストレスは無いし、バックジップですが首からの浸水はほとんどありません。ログでアウトに出るとき、波に突っ込んだら袖口からちょっと入ったくらいですが、これは仕方ありません。

なかなか良いです。







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!