MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3559] [3558] [3557] [3556] [3554] [3553] [3552] [3551] [3550] [3549] [3548]

ボードの画像をいろいろと眺めていて目に留まりました。プリモの8’4”。かっこいいです。個人的には、1、2番を争う勢いでのお気に入りだと言っても言い過ぎではありません。プリモはシングルフィンですが、ボードの反応はシングルフィンらしくない動きをしてくれます。そして速い。

活さんのシェイプのおかげです。

TIKIというシングルスタビのモデルがありますが、これも速くて反応が良く、とてもスムースにマニューバしてくれます。

プリモもTIKIも同じブランクスから削り出されるので全体的なおおまかなロッカーは同じ。共通点もあります(テイクオフは丸いノーズのTIKIの方が速いかな…)

シングルのプリモでは、ターンのきっかけを作り、ターンを支えるレールを使いやすいようにテールまわりが作られています。

一方のTIKIは、サイドフィンでターンを支え、レールとボトムはターンの際にスムースに水を流し、動きを邪魔しないようにテールまわりは作られています。プリモとは逆です。

シングルのプリモでは常にレールを入れることを意識しながらターンしますが、サイドフィン付きのTIKIでは、必要な姿勢を取るだけで、力を入れなくてもボードはその姿勢をスムースにトレースしながらターンしていきます。

私がシングルフィンに好んで乗るのは、サイドフィンを使っていないとき(波を横に真っ直ぐ滑っているときですね)の感覚が好きだからです。ターンのときだけポンと煙が出てテールだけサイドフィン付きに変身すれば一番いいのですが、それは無理。

シングルとサイドフィン付き。どちらを選んでも、どちらも良いのは活さんのシェイプのおかげですが、それぞれにしっかりとした理論に裏付けされています。

画像はシングルのプリモ。スピードとターンのときのレールの作用を説明してくれています。TIKIの場合は指先あたりのシェイプが変ってくるのです。

シングル好きな私でしたが、6’8”のTIKIに乗り始めてサイドフィン付きの楽しみ方も分かってきました。こんな感じです(過去ブログです)











この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!