MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3656] [3655] [3654] [3653] [3652] [3651] [3650] [3649] [3648] [3647] [3646]

日本の正統的なニーボードが出来上がりました。最初に作られたのは1969年。当時はもちろんシングルフィンでしたが、水滴型のアウトライン、ボトムのVEEノーズ~シングルコンケーブは変わっていません。

同時発生的に作られていたニーボードは、ジョージグリノウのスプーンのハルボトム、スティーブ・リズのフィッシュはコンケーブですが、それらと比べても何ら遜色無いボードデザインです。

フィンはトライフィンへ進化していますが、フィンが取り付けられている位置は通常のトライフィンとはかなり違います。


最初に作られたものが、オリジナリティーにあふれているのはスプーンやフィッシュと同じです。真似や模倣するものが無いのですから当然ですが、このニーボードもかなりオリジナルです。


このロッカーと薄さには驚くばかり。


サイズは、5’3” x 22”1/2 x 1”15/16。

最初は妙なボードだと思うかもしれませんが、見ていると、だんだんと引き込まれるような不思議な雰囲気があります。

シェイプしたのは、川南正さん。日本で最初のニーボーダーです。ウェットスーツも作ります(ZERO)が、シェイプもすごいです。

この時代の方たちは、自分でボードをシェイプして、ウェットスーツも自分で作るところから始まっているということを改めて実感させられるニーボードです。

三本シェイプして、一本はご自分で乗られるそうです。他の二本はうちで販売させていただくことになりました。光栄です。

このニーボード、やっぱりやばい。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
1”15/16
90年代に乗っていたモーリスコールが2“なかったのですが…
これでサイズあるパワーブレイクでドロップしたら耐えられるのでしょうか!
ちょっと心配になりましたw
おーた 2018/07/07(Sat)20:41:01 [編集]
Re:1”15/16
正さんのニーボード、昔のもかなり薄いです。これも同じくらいでした。
http://menehune.blog.shinobi.jp/Entry/2450/
デッキは三層してあるようですが、大きな波行っちゃう方たちなので、大丈夫なんだと思います。
【2018/07/08 13:23】
比べるのがナンセンスでした
三層なんですね!
そもそもスタンディングのボードと比べるのが間違いでした…苦笑
おーた 2018/07/08(Sun)20:42:07 [編集]
Visitor Map
Create your own visitor map!