MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[637] [636] [635] [634] [633] [632] [631] [630] [629] [628] [627]

エイ出版さんからショートボード専門のHOW TO BOOKが届きました。私も少しだけ文章を書かせていただいているのですが(テクニックの部分は私には無理ですのでコラムです)リーシュの付け方から始まっているバリバリビギナー向けのこの本、なかなか興味深いです。

みなさまご存知のように私は根はロンガーです。いまでこそオルタナティブ系の短めのボードに乗ったりしておりますが、ロングボードでサーフィンを覚えました。ですのでなんとなくやっているドルフィンスルーなどのショートボード系テクニックは基本ができておらずお粗末なもので、いつだか書いたと思いますが、ドルフィンの最後に後ろ足を上げてテールを押し込むのも最近気がついたような始末ですから、この手のショートボード専門のHOW TO物が結構面白く役に立ったりするのです。

それで今回気がついたのがアップス&ダウンズ。略してアップスーンなんていうあれです。ロングでもやる動きではあるのですが、浮力を落としていった短いボードではもっとシビアにやらないとスピードがつかずかっこ悪いサーフィンになってしまいます。浮力が少ないボードでのこいつがいまいち出来ていないみたいです。5.10のフィッシュではストレス無くボードは走ってくれるので問題なかったのですが、幅を狭く厚みを薄くした6.2の5フィンは、いままでのライディングを考えるとこのあたりが上手くできていないんじゃないかという結論に達しました。

なによりスープに捕まり気味だったのはうまくスピードを付けられていない証拠です。いまさらカッコ悪いですがテイクオフの動作から一連の動きを鍛え直します。そう考えるとフィッシュ乗りたいモードだったのが、よっしゃ、やっぱりボンザー頑張るぞ!という気持ちになって参りました(笑)

波が大きくなったときフィッシュに乗っていて、バックサイドで波を滑り降りてボトムターンをしようとしたときによくコケていたのも体重の掛け方を間違っていたように思えてきました(ロングやエッグではバックサイド得意なんです)。浮力が少ないボンザーを克服すればフィッシュも絶対もっと調子良くなるはずです。

家に帰ってテイクオフから波を滑り降りるイメージトレーニングからやり直しです。こんなこともできずに、ロングボードからの乗り換えは~などと偉そうに書いたりしていたようです。お恥ずかしいお話しで、どーもすいません。

うまく乗れるよう頑張ります。HOW TO BOOKいままでバカにしてゴメンナサイ。心当たりがある方は一度初心に帰ってこういう本を読んでみるのもいいかもです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
本を読んで
『速攻』上手くなりたいですねぇ…
コータ 2008/05/10(Sat)22:55:10 [編集]
無題
サーフィンはなかなか上手くならないから面白い?!
どんなサーフボードに乗るかも重要です。
menehune 2008/05/11(Sun)14:56:02 [編集]
無題
私も何冊かHOWTO本持ってます。
ビギナーの頃ナンノコッチャ!?という部分も
今ならそーいうことかとわかる部分もあって
たまに読み返すとおもしろいです。
中野 2008/05/11(Sun)15:29:20 [編集]
無題
私がサーフィン始めた頃は教本(ロングの)なんてなかったんですよ~。今でこそロングボード物もたくさん出ていますが、それこそ独学とブルース・ブラウンの古いビデオを取り寄せたりしてロングボードの乗り方研究したものです。なんか懐かしいです。

テイクオフの瞬間の重心からはじまってボトムターンの加重まで、こんなに真面目に考えたの久しぶりです。なんとなくイメージが出来てきました。お勉強もやってみるもんですね~。あとは実践です。ゼロからスタートよりは上達早いはずです(笑)
menehune 2008/05/11(Sun)18:31:05 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!