MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[803] [802] [801] [800] [799] [798] [797] [796] [795] [794] [793]
すでに読んだことがある人もおられると思いますが、マルロ・モーガンというアメリカの女性作家が自らの実体験を元に1990年に書いた「ミュータント メッセージ」という本を読みました。本の内容は、オーストラリアに行った作家が、ふとしたことからアボリジニと三ヶ月間に渡ってアーストラリアのアウトバックを旅することになり、その旅を通してアボリジニのさまざまな知恵を授けられるというストーリーです。そのアボリジニの教えの内容が素晴らしく、影響を受けやすい私は3回ほど熟読し、たくさんの素晴らしい考え方を学んだと信じていました。

なのですが、この本の背景などを調べていくうちに実はこの本に書かれているアボリジニとの旅は作者のでっちあげで、アボリジニの文化も間違った形で描かれていることを知りました。早い話がこの作者は世界各地の先住民の教えを寄せ集め、アボリジニという民族を利用して架空のスピリチュアルな話を作り上げていたのです。あとがきに「私と一緒に旅をしたアボリジニの部族に迷惑がかかるからフィクションですが、あえてノンフィクションという形で小説にしました。」とまでご丁寧に書かれているので余計に信じてしまいました。素直に信じて何度も読んだ私はショックが大きいです。

この作家は1996年に、小説はフィクションで作り話だと謝罪もしています。
http://www.creativespirits.info/resources/books/mutantmessage_timeline.html
小説の内容は素晴らしいと思います。本の中には現代社会に生きる私たちが忘れてしまっている人間本来の意識を取り戻させてくれる言葉がたくさんあります。しかしアボリジニという民族を利用して、彼らの文化を間違って伝えているという「罪」の方が私には大きいと感じます。12年前に作家がすでに謝罪しているのに出版元の角川文庫はそのことに何も触れていないのも変だと思います。私と同じく影響を受けた人は多いはずです。素晴らしい人だと信頼していた人が本当は嘘つきのペテン師だった、なんていう気分。立ち直るのに少し時間がかかりそうです。

それから…

出勤する電車の中で近くに立っていた女の子が着ているジャケットのフードのふちに沿って付いているなにかの毛皮が鼻をくすぐって、くしゃみが出そうになりました。毛皮のコートにはさすがにまだ早い季節ですが、フードのフチにトリミングされていたり、いろんなところにアクセントとしても使われている動物の毛皮がどのようにして取られているのか知っていますか?私はファッションに使われている本物の毛皮には触れたくもありません。アレルギーというわけではありません。「毛皮」というキーワードで検索すれば多くのサイトが引っ掛かってくると思います。それらを見れば「毛皮」の実態を知ることができると思います。一度でも見れば私と同じ気持ちになるはずです。ただし、検索するのは覚悟を決めてからにしてください。

そして…

昨日届いたバードウェルのジャケットです。

それほど縮むこともなく、洗っていい風合いになりました。いい感じです。のちほど写真を撮ってアップしますのでお楽しみに。

明日はお休みをいただきます。

そんな訳で今日はちょっと落ち込み気味ですが、冬の準備は今のうちに!(笑)
ZERO AXXE AIDENTIFY STEAMER ウェットスーツオーダーフェア開催中
11月9日(日)まで
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!