MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[819] [818] [817] [816] [815] [814] [813] [812] [811] [810] [809]

画像は1964年のサーファーマガジンです。大好きな写真家「ロン・ストナー」の写真が初めてサーファーマガジンに掲載された、ファンにとっては記念すべき一冊です。

突然ですが「若者のためのオールドスーフカルチャー講座」(仮称)~。私はもちろん「ロン・ストナー」をリアルタイムで知っている訳ではありません。けれど、ロン・ストナーの作品からは多大な影響を受けています。私がサーフカルチャーに興味を持つきっかけを作ってくれたのはおそらく彼の作品だったと思います。
 サーファージャーナルVol.4の「EXPOSURE」という記事。そして日本のNALU誌の(たしか)№2の記事ですっかり彼の作品のとりこになってしまいました。ロン・ストナーはサーフィンを情景としてカメラのファインダーで切り取り、光の当たり具合、構図、波とサーファーの美しさなどサーフィンのすべてを情感たっぷりに表現したサーフィンカメラマンでした。そんな天才であったがゆえか、精神を病んだストナーは70年代に行方不明になってしまいます…。一昨年、ロン・ストナーの写真集が発売されたときには、おもわず飛び上がって喜んでしまいました。


どうして、急にロン・ストナーの話なのか?と思われるかと思いますが理由があります。ラ・ホヤのサーフィンを垣間見ることができるサイトの一つとして、BILL ANDREWさんという人のサイトを良く見ていました。シモンズのライディング画像や非対称ボードを抱えたケンヴィンさんなどを日常的に見ることができます。

いつも見ていたくせに、このサイトをやっているBILL ANDREWさんという人が上の古いサーファーマガジンの表紙の写真のサーファーだということについさっき気がつきました…。現在のフィッシュムーブメントの中心的存在のリチャード・ケンヴィン氏、シモンズに乗るローカル、そしてそれを撮影しているかつてのカバーショットサーファー。しかもフォトグラファーはロン・ストナー。

カリフォルニアの奥深さを改めて実感してしまいました。


ロン・ストナーの写真集は現在、AMAZON.COMで購入することができます。
Photo / Stoner: The Rise, Fall, And Mysterious Disappearance of Surfing's Greatest Photographer
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!