MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[823] [822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815] [814] [813]
タイトルと本文は関係ありません(笑)

ケンモチ氏、またまた登場。アライアサーフィンです。普通に乗っていますが、普通じゃできません。サーフボードみたいにスープに押してもらっても滑りだしません。体力も普通のサーフボードの倍は消耗します。実際にやってみるとよーくわかります。




動画も写真も撮ってくれる人がいないので、私は手書き。タイトルは「ALAIA SURFER」

解説
1.波待ち。またがっている状態での安定感は結構あります。顔の下の波線が海面です。だいたい肩くらいまで沈みます。

2.ブレイクしない小さなうねりが沖からやってきました。

3.うねりが通りすぎます。普通のサーフボードだと波の上をドンブラコ、となりますがアライアはそのまま波が通り過ぎていきます。サーファーは水の中。よく見ていないと海水でお腹いっぱいになります。

4.やれやれ


アライア(ALAIA):20世紀以前のハワイで一般的に使われていたサーフボード。長さは7フィート~12フィート、幅約18インチ(現在のものはもっと細いです)厚さ約1インチ ハワイではコア、ウィリウィリ、ブレッドフルーツの木などを使って作られていましたが、現在は桐が使われることが多いようです。アライアよりももっと長い、王族が使っていたボードをオロ(OLO)と言います。オアフのビショップミュージアムにたくさんあります。


アライアとは関係ありませんが、お待ちかね去年ご好評王だった渋カワイイ色使いのビーニーが入荷しました。今年はこんなカラーをセレクト。まだ一点づつしかありませんので、これから編んでもらいます。寒くなったから早くお願いします~。出来上がったらアップします。店頭では販売していますので早く欲しい方はお待ちしております。4.800円なり。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!