MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[825] [824] [823] [822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815]
昨日から、シングルフィンのことをずっと考えております。フィンが1本だけでシンプルで分かりやすいデザインですが、ボードのシェイプとの組み合わせでいろんな性格のサーフボードを作ることができます。ハマリ中(笑)のハルがいい例です。

フィンが一本で抵抗が少ない分、スピードが速いボードを作ることができるのもシングルフィンです。おそらくスピードを追求したのでしょう、スキップ・フライのいろんな形のキールフィン(シングルです)が付いたボードがたくさん並んでいる60年代後半のものと思われる写真を見たことがあります。

そして、モーニング・オブ・ジ・アースのハルカインドと思われるシングルフィンに乗ったマイケル・ピーターソンのライディングは、それを見た100%のサーファーは必ず「カッコイイ」と言うと確信できます。

そしてボンザー。ボンザーは小さなサイドフィンが付いているのでシングルフィンとは呼べませんが、その感覚はシングルフィンのものです。

ロングボード一辺倒だったころから、好きなんですシングルフィン。ボトムで引っ掛かる「物」が少ないので、ラインは大きめになりがちですが小さな弧を描くようなカットバックをしてもラインはスムースできれいです。フィッシュに最初に乗ったときに感じたのは直線的なテールのアウトラインで左右どちらかのフィンを使って走っていく、シングルフィンみたいなスムースさ(シングルとは違いますが)

カツさんやクリステンソンのハルのおかげで、フィッシュのときのようにシングルフィンの様々な可能性に気がつきました。

フィッシュと違うのは一見するだけではボードが判らないこと。ハルだって知らない人にはただのファンボード(笑)自分しか知らない自分のボード。見た目はシンプルなシングルフィン、実はかなりマニアックかもしれません。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!