MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[865] [864] [863] [862] [861] [860] [859] [858] [857] [856] [855]
シェイプ、レジンワーク、サンディング、フィンのフォイル、フィンアップ、サーフボードが出来上がっていくプロセスはいつ見ても楽しいし、飽きません。
 
いろんな技術でカラーリングされ、一時期に比べるとラミネートクロス上での混色、色分けなどの技術がたくさん増えて、職人さんたちも既成概念に捕らわれず、楽しみながら試行錯誤しているよう。

それが自分やオーダーいただいたボードであればことさら楽しいことだし、サーフボードが創り出されるところを共有できれば最高だと思います。

サーフショップの店先にストックされたサーフボードの中に、運命を感じる出会いがあることもあります。そんな出会いも素敵ですが、たくさんの職人さんが自分だけの1本のために手をかけ時間をかけ作ってくれたサーフボード。世界に1本しかない自分のために作られたボードにワックスを塗って波に乗るのは特別な経験です。

そこには流行やファッション、などと言った言葉とは無縁の世界があるように思います。ロングボードやフィッシュ、ハル、道具はなんでもいいと思います。作り手の「ソウル」を感じる道具を使って、波乗りを心から楽しむ。そんな経験をいろんな方法で表現していけたらと思っています。

年が明けて久しぶりに行ったサーフボードのファクトリーと昨夜また見たサーフフィルムはそんなことを考えさせてくれました。昨年の後半から漠然としていたものが、自分の中で固まりつつあります。迷っていた道が開けてきているのを大いに感じています。

今年も一緒に楽しみましょう。

昨日、帰宅途中に見たきれいな夕日。パックされたフレックスフィン。


SEAWORTHYの入荷、少し遅れているようです。届き次第、お知らせしてアップしますのでいましばらくお待ちください。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。よろしくお願いします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!