MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860] [859]
波はサイドショアのコシ・ハラ。掴み難い波でしたが選べば楽しめる波が来ます。良い波ではありませんが人が少なく、回りを気にせず波乗りできるのは最高。ミドルセクションで一人で波待ちです。



お待ちかね6’2”のハルで出動です。最初はパドルのベストポジションが良く分からず、波に置いていかれてばかりでしたが、だんだんボードのバランスが掴めてくると、簡単に滑り出してくれます。

このハルのボトムは、レールはアッパー気味でセンター近くはフラット。テールにかけてもフラットですが、フィンBOXの前あたりからほんの少しだけシングルコンケーブが入っています。

ウネリはそれなりにサイズはあるようで、沖で一度ブレイクした波は私が待っているところへ再びフェイスを作りながら近づいてくる、そんな波です。ボードは文句なしに速いです。サイドオンで不規則に崩れてくる波ですが、たくさんのセクションを気持ちよく抜けてインサイドまできっちりメイクできます。

フラットなセンターから、アウトラインの3インチ程度の位置からアッパーになったレールのボトムはディスプレイスメントの感覚です。コンケーブとVEEが入ったトライプレーンハルボトムのクリステンソンC-UNITよりも浮遊感がありフレックスフィンがハル独特の感覚を作り出しているのがよくわかります。

フラットなテールのスピードはかなりのものですが、他のディスプレイスメント・ハルと同様にカットバックにコツが必要なようです。トライプレーンハルとの微妙なボトムの起伏の差がこんなに感覚の違いを生み出すのはサーフボードの奥の深さだと思いました。

面白いです。


今日のもう一つのテストはウェットスーツ。

真冬用に作った3㎜の起毛タイプのジッパーレス、AXXE CLASSICのボヘミアンというモデルです。今朝は今冬一番の冷え込みだったらしいので、3mmという数字に若干不安を感じつつ入水しました。風が吹くと体感温度は下がりますが、3時間ほど入っていてもまったく問題ありませんでした。暖かいし3mmはかなり動きやすく、大げさでなくパドルがノーストレスです。裏返してみて気が付きましたが肩の部分はより動きやすい生地になっていました。その昔、決して柔らかくはなかった5mmのウェットに苦労していた頃と比べると、天と地くらいの差があります。真冬も快適に波乗りできるのは嬉しい限りです。脱ぎ着もかなり考えられていて、背中ジッパーのウェットスーツと同じくらい楽々です(ホント!)これ自信を持ってオススメできます。冬のサーフィンの強い味方になってくれそうです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!