MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[883] [882] [881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874] [873]
サーフリアライゼーションの中で、ジェリー・ロペスさんも言っていましたが、サーフィンは極めて個人的な行動です。

サーフボードを選び、そのボードで波に乗る事を想像し、目覚まし時計のアラームをセットする。そして夜明けとともに海へ向かいパドルアウトする。ひとつとして同じものは無い波。波を滑る感覚。そしてそれを心に刻み付けるサーファー。波の乗り方は自由。波に乗る道具も自由。

(流行する前のフィッシュ)ハル、ニーボード、サーフマット、人と違う道具を使うのはその道具が与えてくれる感覚を想像してしまうから。実際に乗ってみたくて仕方がなくなる。サーフィンのHOW TO本にはそれらに乗るための説明は出ていない。競技のためのサーフィンではないから、点数を競う訳ではないから説明することは難しい。HOW TO本が出てしまったら想像力はお終いだ。

サーフィンの楽しさは自由なところ。自分の感覚と想像力に従って自由に楽しめるところ。それが無くなってしまったらサーフィンは運動会かダイエットのためのフィットネスみたいになってしまう。

たとえば「「ハル」はこんなボードだから、こう乗りなさい」なんて言うのは必要じゃない。波の上でボードが出来ること、与えてくれる感覚をただ楽しめばいいだけ。

波乗り楽しみましょう。


さて、今日はクリスのログとフィッシュに乗るのを想像しながら海へ行く予定だったのですが、目を覚ましたら8時過ぎ。なんか気持ちいいなーと寝ていたら、すっかり寝坊いたしました(笑)それで結局午前中は昨日のお仕事の続きを最後までやりました。まー気持ちよく寝れたから良しとしますか…。

明日は走ろう。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ジェリーさんのお言葉
ジェリーロペスさんも波乗りの楽しさを言われていますね♪

海にいる中で一番のサーファーは常にその中で一番楽しんでいる人だ

自分次第で良い波はどこにでもある

メチャx2 ムケてる! URL 2009/01/27(Tue)11:10:50 [編集]
無題
ムケテルさん、今年もよろしくお願いします!

この本はサーフィンに本当にハマっている人は絶対に読むべきですよね。素晴らしい言葉がたくさん詰まってます。詰まりすぎです(笑)
menehune 2009/01/27(Tue)19:42:02 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!