MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[885] [884] [883] [882] [881] [880] [879] [878] [877] [876] [875]
以前にもご紹介しましたが、楽しみに取っておいたジェリー・ロペスの「サーフ・リアライゼーション」を読み始めました。ワンチャプターづつ噛み締めるようにじっくりと読んでいます。ジェリー・ロペスと言えばライトニングボルト、パイプラインマスター…と説明の必要は全く無いと思いますが私たち一般サーファーから見て超超越的な神様的なサーファーとしてとよりは、私たちと同じ「一人のサーファー」としての視点で書かれていて、とても興味深く読んでいます。

読んでいると写真や映像だけでは伝わらない60年代からのサーフィンの流れの現場の話を直に聞いているような気持ちになってきます。川南活さんのお話とだぶってくるようなところもあり、活さんのお話もいつか文章にまとめてみたいと思ってしまいます。

ジェリー・ロペスのファンも、もしかしてジェリー・ロペスを知らない人でもサーフィンが好きな人は絶対に読むべき一冊だと思います(もちろん和訳されています。)

こちらかどうぞ。送料無料らしいです。



ロペスさんがその昔に履いていたような、こんなショーツがまだ残っていました。

80年ごろのサーフショーツです。カリフォルニアでその当時からエクスポーターをやっている方の倉庫からごっそりいただいてきたものの残りです。たしか60枚以上あったのが、今では3枚だけになってしまいました。28、29、30インチが一枚づつですがサイトに載せましたので欲しい方はどうぞ。コレクションにしてください。ホームページの左上のヴィンテージショーツのリンクからどうぞ。昨年末にご紹介したバードウェルのロングパンツもまだ一枚残っております。

ロサンゼルスの地図を眺めていたら、なんとなく懐かしくなっちゃいました。しかもグーグルのストリートビューでその人の家まで見れてしまうなんてすごい世の中…サンタモニカフリーウェイ沿いの由緒あるという古い建物をリストアしながら住んでおられます。

追加:書くのを忘れておりました。1月30日(金)は午後7時で店閉めます。ご注意ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!