MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[989] [988] [987] [986] [985] [984] [983] [982] [981] [980] [979]
KOOK BOXというジョエル・チューダープロデュースのサーフボードレーベルがありますがそれとは関係は無いお話し。

KOOKBOXというのは、ウッドボードの時代のホローボードの蔑称。以前このブログで書いた「SWEET SIXTEEN」という1940年代のサーフィンの映像の中で登場してくるような大昔のサーフボードの呼び名です。ジョエル・チューダーがそれをレーベル名にしてしまったのはサーファーならではのユーモアでもあるのかもしません。

ホローボードにはフィンは付いていませんでしたが、ハワイのトム・ブレイキというサーファーがこれにフィンを付けた最初の人物だとされています。

「SWEET SIXTEEN」の中のマリブでは、マット・キヴリン、トミー・ザーン、ジョー・クィッグらによる最新のウッドボードが登場します。MALIBU CHIPや女性用に作られたEASY RIDERと呼ばれる、その後のロングボードの原型になったものです。(ボブ・シモンズも登場します。なんとかこの映像見れないものか…)

面白いのは、MALIBU CHIPのデザインとスタイルはその後ミッキー・ドラによって受け継がれ、グレッグ・リドルのスタビーとして現代まで繋がっていることです。ダート、ジミー・ガンボア、マット・ハワードと繋がり、ガトヘロイのロビン・キーガルはマット・ハワードに強い影響を受けています。クーパーデザインのマリブ・フォイルはまさにこの流れを汲んだロングボードです。

話がマリブへ逸れましたが、川南活さんはその昔このホローボードに試行錯誤してなんとかフィンを取り付けようとしていたそうです。そうやってホローボードにフィンが付いたことが始めの一歩で、それがサーフボードの進化に多いに貢献した結果、現在のトップコンペティターが描く過激なラインも可能になったのです。

けれども、その進化を遡る動きがあるのも面白い事実です。フィンが付いたことで失ってきた「何か」を再び取り戻そうとするかのように、それはすでに大きな動きになっているように感じています。

いつだか雑誌の記事にフィッシュのことを書いたとき、フィッシュはロングボードとショートボードの時代をつなぐミッシングリンクだと書いた憶えがあります。あれから約三年。今ではMALIBU CHIP以前の時代までをリンクしてしまう動きが、うねりとなりつつあります。

’ALAIA’やトム・ウェグナーのホローボード’TUNA’の話をしていて、川南活さんが言った一言が強く印象に残りました。

「あの当時、なんとかしてフィンを取り付けようとしていたんですが、フィンは無くても良かったんですね…」

tuna fun, alaia fun, finless rocks!! from matt williams on Vimeo.

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!