MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[992] [991] [990] [989] [988] [987] [986] [985] [984] [983] [982]

もうひとつのトライプレーンハルとは写真の派手なアブストラクトカラーのボトムのハルのこと。ボトムはセンターにフラット(コンケーブ?)な部分が確保され、フラットエリアの両脇のボトムは平らな面を取ってデッキ側へと上がっていく形状。テールはフラット。

前寄りのディスプレイスメント・ハルのバランスではテール加重でのターンは失速に繋がる。フルレールでのターンを要求されるディスプレイスメント・ハルはレール寄りに取られたフラットな部分がターンを軽く、スムースにする。ダウンザラインのときのプレーニングエリアはボトムセンターのフラット(コンケーブ)な部分。

アルメリックによって広められたトライプレーン・ハルとはまた違うディスプレイスメント・ハル独特の全体のバランスからうまれた、もうひとつのトライプレーンハル。

これらすべては昨日からずっと考えていた仮説。ハル・スタビーをよく知っている人ならきっと解っていただけるはずです。

仮説は検証してみなくてはいけません。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!