忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4]
まずはお知らせです。明日(3日土曜日)は台風通過のためお休みをいただきます。風はそれほど強くならなさそうですが、雨が凄そうです。皆様もお気をつけください。4日(日)は通常通り営業します。

さてCCマニア第二弾は「ガン」です。

エディ・アイカウのビッグウェイブコンテストで、クリステンソンがシェイプするガンに乗ったグレッグ・ロングが優勝したことはまだ記憶に新しい出来事です。その後にはトドス・サントスでマイク・ヒーリーがやはりクリステンソンのガンに乗って優勝しています。

サンディエゴフィッシュのシェイパーとして有名になったクリス・クリステンソンですが、昔からガンのシェイプが得意だと自ら語っていました。その背景にはクリステンソンが師事していたガンシェイプの第一人者、ディック・ブリューワーの存在がうかがえます。

巨大な波に乗るガンはまさに命を預ける道具です。シェイパーへの絶対的な信頼が無ければ命を賭して巨大な波に挑むことはできません。それはクリス・クリステンソンが持つシェイプ理論と技術の正確さを証明しているものでもあります。

クリステンソンが作るガンには、クアッドとトライフィンの二種類があります。トライフィンには少しだけ大きめのセンターフィンを採用し、安定性を増しています。

一般のサーファーには縁が薄いガンですが、その存在感とフォルムの美しさはF1のレースカーを見るようでもあります。

クリス・クリステンソンがシェイプするガンに乗るサーファーたちは…

グレッグ・ロング
マーク・ヒーリー
マイク・パーソンズ
イアン・ウォルシュ

Highlights of Jaws paddle in session, February 8, 2011.
The Riders - Ian Walsh, Sion Milosky, Greg Long, Mark Healey, Danilo Couto, Yuri Soledade, Marcio Freire


クリス・クリステンソン、偉大です…。
PR
tsさんのコメントタイトルを使わせていただきました。ブログカテゴリーも新たに「クリス・クリステンソン」と「カツ・カワミナミ」の二つを付け加えました。

今日のブログはクリステンソン。最近のラインアップの一部をご紹介させていただきます。写真はクリス・クリステンソンのサイトから。使用許可をいただいて掲載していきます。

まず私が一番気になっているニューモデルがコレ。

BONNEVILLE

photo from CC Speed Co
PIGスタイルのノーズライダーモデル。ミッチ・アブシャーとクリステンソンが試行錯誤を繰り返して完成させたモデルです。写真で分かるようにボードのワイデストポイントがセンターより後方におかれることによって、ターンの性能を向上させています。ノーズには浅めのノーズコンケーブがボードの中ほどまで入り、特別なテールキックとともにノーズライディングには最適なボードになっています。

レールはノーズからテールまで50/50レール。クリスはこのBONNEVILLEがCC-SLIDERのように人気のモデルになるであろうと言っています。

私も初めてみたときから一目ぼれ状態です。お店用にオーダーしてみたいと思っています。クリスがシェイプするPIGタイプのログはこの他にWEST SIDEというモデルがあります。こちらはノーズコンケーブの有無をチョイスできるようになっています。PIGってオンショアでも遊べるボードなんです。ノーズが軽くて取り回しがいいのでビーチブレイクとの相性もOKです。BONNEVILLEもWEST SIDEもオーダーすることができます。

さて、次は先日入荷した「OCEAN RACER」クリステンソンはリチャード・ケンヴィン氏へのオマージュをまず述べています。

ベリーノーズ(膨らんだ丸いボトムを持ったノーズ)、ボトムから僅かにまくられているレールラインの低いレール。フィッシュと同じキールフィンの間を流れるシングルコンケーブ。ラウンドノーズはパドルのスピードを速め、小さなボードでも素早い滑り出しをしてくれます。

ステップノーズは薄くシャープにシェイプされ、より軽く、よりフレックスを、そしてボードの反応をより高めています。

フィッシュよりもベースが広く高さが低いデュアルキールフィンは、ドライブ感とホールド性を持ち、角を丸くシェイプしたテール形状はフィッシュテールよりもボトムの水の流れをリリースしやすいため軽快な動きが楽しめます。

クリステンソンのラインアップで現在人気があるモデルのひとつがこのOCEAN RACERです。ホームページからごらんください。

そして今回はCCマニアのtsさんのために特別にもう1本紹介しちゃいます。フィッシュのパフォーマンスモデルとして作られたカフェレーサーですが、フィッシュのテイクオフの速さで、よりタイトに波を攻められるとまさにクリスの意図通りで、かなり面白そうなフィードバックをいただいています。そして、もっとボリュームダウンしたいとも。。。

ボリューム落とすなら思い切ってこんなのはどうですか?

「OCEAN AVENGER」というモデルです。

photo from ZOE WORLD
ショートボードよりも幅があって、テールはスワローテールでテールバンプが二つ入っています。そしてフィンBOXが5つ。クアッドでもスラスターでも乗ることができるようになっています。グラッシーなフェイスオンリーという前提付きでチャネル入りバージョンもあります。

かっこいいじゃないですか。

私はBONNEVILLEが欲しいっす。

明日はカツさんのPIGのシェイプが出来上がっているはず。すごい楽しみです。
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!