忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20
24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
小波には、ロングボードがサイコー。

前回に続いて、誰もいない小波狙い。二匹めのどじょう狙いでしたが、二匹目もいたのでびっくり。ロングボードでしか乗れない波で、一人たっぷり楽しんできました。

ショートボードしか乗らない人はそんな小波で何が面白いの?と言うかもしれません。分からなくていいです。独り占めの確率があがります。

ちいさな波でも、ちいさなピークをちゃんと捕らえた重たいロングボードでのボトムターンは、大きな波でのボトムターンと同じくらいに足腰使います。

陸から見れば、スピードは遅いと思いますが乗ってる人のスピード感はすごい(瞬間的にはぜったいスピード出てます)

大きくてたっぷりの浮力体を波のポケットに持っていけば、小さな波の力が何倍にも増幅されて身体へ伝わってきます。

力を入れないでも、ヒザをおとしてカットバックできるようになってきました。もっと極めたいです。このボードのおかげですね。

やりたい人だけで楽しめばいいので、このくらいで。

もうトランクスで平気ですが、ZEROの2/1ミリのフルスーツを試してみました。夏秋用の薄いフルスーツです


袖は1ミリなので縫い目から普通に水が入ってきて、腕はひんやり。でも身体は今の季節の昼間はちょっと暑いかな。寒がりの人ならちょうどいいと思います。私は背中のジッパーを開けっ放しにしていたらちょうどいい感じでした。

太陽が無いときや、雨でオフショアの日なんかに良いと思います。私は秋のクラゲとチンクイ避けに使うつもりです。ロンスプ、シーガルの代わり。手も足も刺されません。

これは使えそうです。


そして、今日はトレイルです。


ホタルブクロがたくさん咲いてます。


これはオカトラノオ。いまの季節にふんわり咲きます。


雨が降って気温が上がってくると顔を出すのはこの子たちです。

キノコです。トレイルにはいろんな種類のキノコがたくさん生えています。


これはパンケーキみたい。


そして、おまちかねのタマゴタケ。これ見つけちゃうともうランニングどころじゃありません。きれいでしょう。葉っぱにつつんでお持ち帰りです。


今日はランニングというよりはキノコ狩りでした。今晩はタマゴタケパスタかな~。白ワインにばっちりです。





PR
なかなかうねりが入ってこなかった台風7号ですが、結果的にはかなり楽しめました。月、水、木と頑張ったら今日あたり、もうヘロヘロでしょう 笑。次の波はたぶん月曜日ですね。

昨日から気温と湿度が下がって、気持ちいい気候です。裏山の木陰はひんやりした風が吹いて、走っても散歩しても最高に気持ちいいです。


カラダの中まで風が通り抜けていくみたいです。波乗りは最高ですが、人には植物の緑も絶対的に必要だと思います。

春先にきれいな花で楽しませてくれた桜はいまは実をつけています。熟して真っ黒になって、美味しいです。これもサクランボと言うのかな?いっぱい食べちゃいました。美味しいですが、桜の下は毛虫に注意です。


梅雨前のいい季節です。みなさん、外へ出ましょう。



それから、サーフマットが入荷しました。

サーフマット、円安もあって申し訳ありませんが今年は通販では送料をいただくことにいたしました。商品のお代金に最初から送料分上乗せして、送料無料!じゃインチキくさいし公平じゃないので、それぞれ送料実費でお願いします。

送料はクロネコヤマトさんのご協力で、60サイズ関東圏の送料は740円→500円に値下がりしています(佐川さんも同額です)。このご時勢にありがたい限りです。

送料を値下げできたこともあって今年は送料別ということにさせていただきました。ご注文お待ちしております。

MENEHUNE BEACH STOREホームページ


さて、タイトルの「Brazil」ブラジルです。

何かと言うと映画のタイトルです。昨日、久しぶりに見たくなってDVDをレンタルしてきました。

1985年の邦題「未来世紀ブラジル」という映画。公開当時、大好きで映画館に何度か見に行きました。30年ぶりに見ました。

20歳のときに見て、ちょっと難解なイメージがあったのですが、50歳になって見たら全然シンプルで分かりやすいお話 笑。世間知らずの若いころは知らないことがたくさんだったからですかね。

30年前の映画ですが、映像は素晴らしいです。古さは全く感じません。

テーマ音楽はマイケル・ケイメンの「ブラジルの水彩画」。SFとサンバ。


学生の頃、よく一人で安い映画を見に行ってました。自由が丘のトイレがくさい映画館。いまじゃ信じられませんが喫煙可。タバコ吸いながら、ゴダールの映画やハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンなんかを見たもんです。

若い頃に見た映画、見直してみようと思います。




足の裏とフクラハギの様子をみつつ、ランニング。足裏はやっちゃった直後は激痛でしたが、アイシングとテーピングが良かったのか、なんとなく(?)走れてます。

原因は最近再開した、フィンガーシューズのせいだとわかってますが履くのを止めない…。冬場も履いてないとダメですね。(ソールがほぼ無いので冬は冷たい…)

ま、たぶん足は大丈夫でしょう。歩くだけでも波乗りやる人にはこのシューズいいですよ。

裏山はすっかり春を迎える準備をととのえています。

ソメイヨシノより早く咲くエドヒガンは、今にも開きそうです。来週末は満開の画像を載せられると思います。


コブシの巨木。枝いちめんにつぼみをつけて、上の方から咲いてきています。全部咲いたところは壮観です。


それからこの季節に一番目に付くのはこれ。キブシの花です。


山から降りて住宅地を走ります。ここは、70年代に作られた多摩ニュータウンのテラスハウス。

ニュータウンと言っても今はもう古い街ですが、土地の使い方や街の構想はきちんとデザインされているので普遍性があります。手当たり次第に高層マンションを立ててしまう開発とは違うものです。

今も昔も、時間が経っても、良いものは良いということです。自分が目指しているところでもあります。

毎年この時期、庭で薪割りをしているとヒバリとキジの鳴き声がさかんに聞こえてくるのですが、今年は果樹園がひとつつぶされて介護施設ができてしまったせいか鳴き声が聞こえなくなってしまいました。

もうあの声を聞けなくなるのかと思い、ちょっと寂しい静かな春です。

エコロジーだ地球温暖化だと騒ぎながら、結局私らがやっていることって何か変わったんでしょうか。マイバッグたくさん作ってレジ袋が減ったのか?ペットボトルやプラスチックトレイだって変わらず使い続けているし、電力の消費量だって、たぶん増えていく一方。

フェイスブックで誰かがいいねした「いい話」にちょっと感動するくらいで、実際には鳥の鳴き声ひとつ守れない。人間も自然が生み出した生き物であるなら、人間が行う開発、自然破壊も自然の営みのひとつなんでしょう。

このまま突き進むのが人がたどるべき道。それが自然だと、このごろ思います。

明日はサーフィンの話にします。


フェイスブックでシェアされていた動画です。動画のタイトルに10年前の予言が見事に的中…とあります。これは現政権が憲法解釈を変え、集団的自衛権の行使を閣議決定したことを言っています。

でもこれは予言ではありません。過去に起こったことです。以前、このブログで戦争の歴史を勉強してみますと書きましたが、本を読み、過去に憲法解釈を利用して軍部が発言力を強めていった過程があったことを知って驚きました。

大日本帝国憲法(明治憲法)には天皇の統帥権を定めた条項がありました。この憲法条項の解釈をめぐって軍部と政治家(文官)が対立し、軍部はその解釈をうまく利用して政党政治を抑えたことが、軍部の暴走のきっかけのひとつになったという過去があります。

現在の日本国憲法の第9条は武力を持たず戦争放棄をうたっているにもかかわらず、自衛隊という軍隊が作られ、さらにその行動範囲を制限していた憲法解釈を今の政権が変えたことが、過去と同じ流れになっているためこの動画にうまく当てはまるのです。

これについての慶大教授の社説がありました。分かりやすく書いてあります。まさしく、我が意を得たりで私がいま感じていることと同じです。
http://www.kanaloco.jp/article/75928/cms_id/95449

集団的自衛権の行使を容認することは直ちに、徴兵、戦争には結びつきません。でも歴代の政権の憲法解釈を変え、発足以来ずっとかかげられてきた専守防衛という自衛隊の基本姿勢は崩れ、戦争できる事態の幅が広がりました。

集団的自衛権が容認されると徴兵制が始まるという理屈があります。ネットをみていると多くの人は、「そんなのデマです」で片付けてしまっています。確かに事実ではありません。でも「デマ」と突き放してしまっていいとは私は思いません。もっと自分に近い問題として考えるべきだと思います。

先日、NHKスペシャルで「60年目の自衛隊」と題した特集をやっていました。その中で、自衛隊幹部候補生学校の校長の言葉、「大いなる精神は静かに忍耐す」「強い実力を持つ組織は最も謙虚でなくてはいけない」というのがとても印象的でした。

強い実力を持つというのは、武力(武器)を持つ自衛隊のことだと思います。過去の戦争で軍人が起こした過ちを強く戒め、自分たちにそれを言い聞かせているように思えました。





Chayne's Legless day out from Legless TV on Vimeo.


久々のニーボード。ニーボードを始めたのは2004年かな?なんで座って乗ろうかと考えたのかは思い出せません。カツさんのお兄さんは有名なニーボーダーで、カツさんも昔からニーボードをシェイプしていたというのが大きかったように思います。

やってみようじゃんとボードを作ってもらって、実際にやってみたらはまってしまって今にいたります。10年やっていたら、ニーボード作ってくださいという人もちらほら現れて、ゆるーく伝道できているみたいです。


さっきまで降っていた雷雨がやんで、なんとなく気になって海の様子を見てみたら、風が変わったのか雨が降る前はオンショアだったのが、面がきれいになっていました。前線でも通過したんでしょうか。波乗りって自然まかせだなあと改めて思いました。

最近は夕立のことをゲリラ豪雨と呼びます。風情も何もあったものじゃありませんが確かに夕立と呼ぶには激しすぎます。

真夏の湿度が高い油照りの日、太陽の光で暖められた空気が上昇気流になって積乱雲を作って、雨が降ります。上がりすぎた温度を下げようとする動きです。

ゲリラ豪雨と呼ぶほど激しい雨が降るのは、下げようとする温度が高いから。

そりゃそうです。木を切り倒し、地面をコンクリートで覆って気温を上げ、暑いからエアコンを使ってさらに気温を上げています。コンクリートでできた街は大量の熱をたくわえて日が沈んでも気温が下がりません。そしてまたエアコン…。

自宅への帰り道の途中に自然環境を手付かずで残そうという公園があります。木がたくさんはえていて、コンクリートの地面じゃないから、そばを通るとひんやりとした空気が流れてきます。

ちょっと考えれば、何が悪いのか分かるはずですが、何が良いのかも分からなくなっているみたいです。

来週は水曜くらいからか?しばらく波が続きそうです。

台風は日本の回りの海水温が上がりすぎたのを下げようと発生します。空気や海水を大きくかき回して温度を適正に保とうとするのも台風の役割の一つです。



忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!