MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2248] [2247] [2246] [2245] [2244] [2243] [2242] [2239] [2238] [2237] [2236]
予想通り(?)波は上がらず、朝から斧を握って薪を割っていました。今年は1トンだけです。

丸太を斧で適当な太さに割ってから乾燥させて、再来年の冬に燃やして暖房にします。回りに積んであるのは去年割った薪です。今年の冬に使う分です。水分が抜けて割ったばかりの薪とは色が違うのがわかります。

久しぶりに薪割りをやったので、いろんなところが気持ちよく痛いです。3.5キロの重さがある斧を振りかぶり斧の重量を利用しながら狙いをつけて振り下ろします。丸太に斧の刃先が当たるインパクトの瞬間に両手に力を込めて握り、斧の頭が横を向かずにまっすぐ刃が食い込むようにします。

力を込めるのは瞬間的です。そうしないと直ぐに疲れてしまうし、余計なところに力が入っていると狙ったところに刃が当たりません。力任せはだめ。ぐっと緊張させて、さっとリラックス、なんだかサーフィンと似ています。今年で薪割り7年目です。

仕事前の時間にちょっとずつ割っても1トンなら4日くらいで終わります(きれいに積み上げるのに同じくらい時間かかりますが)集中してやっつけてしまうことにします。

しかし毎度思うのはなんでこんな面倒くさいことを喜んでやっているのか?割って積み上げて、それかから2年間です。

何かを燃やしてその火で暖を取るのは遠いご先祖さまが洞窟の中で昔からやってきた営みです。猿とヒトの違いは火を使えるかどうかです。寒くなると火が恋しくなります。火を恐がらずうまく使おうとするのはヒトの本能だと思います。

きっと海に出て波に乗って遊ぶのも同じです。本能です。

サーフショップなんてやっているものだから、ボードのデザインがどうたらこうたらといつも言っていますが、私は基本的には道具は何でも、波に乗って滑れればそれだけで楽しめる人間です。パイポなどという板切れで波を滑って喜んでいるのがその証拠です。

海という自然の中に自分を置いて、自然の存在を感じていたいだけです。山を走るのもきっと同じ理由です。花粉も少なくなってきたのでそろそろ山にも行きたくなっています。走りたい、泳ぎたい、波に乗りたい。

海でも山でも自然の中に自分を置くには用意が必要です。身体を強くしておかなければいけません。都会の暮らしに慣れてはいけません。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!