MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2247] [2246] [2245] [2244] [2243] [2242] [2239] [2238] [2237] [2236] [2235]
お知らせ:GW期間中は、5月2日の定休日と5月3日(金)にお休みをいただきます。それ以外の5月1日(水)、4日(土)、5日(日)、6日(月)は通常通り営業しています。よろしくお願いします。


おなじみBOOGIE。持ってみると、というか海の中で言われるので見ただけで分かると思いますが厚いです。ノーズ、レール、テールどこを切っても厚みがあります。

「ボードが厚い」という結果として浮力もありますが、この厚みは浮力のための厚みという理由ではありません。盾と矛みたいですが、このボリュームから生み出されるものがあります。KKフィッシュ、NUSHI(ヌシもボリューミーです)、BONITOIなどのモデルが同じようなボリュームがあるレールを持っています。KKサーフボードはカスタムシェイプですが「薄くして」と言われても、ダメですと言っちゃいます。必要な要素なのです。

テイクオフして走りはじめると波の斜面でレールを多いに感じます。厚くて浮力があるレールは波に入らないと思うかもしれませんがそんなことはありません。デッキを踏み込んだときの厚いレールが返してくれる感覚は薄いレールでは得られないものです。厚いレールの反発力でスピードが面白いようについてきます。

ショートボードのような動きには向いていませんが、テイクオフからボトムターン、厚いレールが気持ちいいダウンザラインで波のフェイスを走ってスピードを付けたところからのカットバックでカービングしていくようなサーフィンには最高です。

KKフィッシュなどこれまでカツさんのボードに乗っていてそんなことは理解しているつもりだったのですが、BOOGIEに乗ってからその理解がさらに深まったように思います(というより取り憑かれました(笑))

あのレールの感覚を思い出すとなんかこうムズムズしてきます。おかげで48歳と7ヶ月、改めて波乗りにはまっております。

このシングルのレールもボリュームたっぷりで、見ていると嬉しくなります。


さて明日はどうでしょう。日付が変わる前に風も変わってしまいそうなので、うねりがどれだけ残るかですね。BOOGIEもいいいですが、ロングボードもやりたいです。

今年はちょっと遅くなってしまいましたが、筋トレ(&腰痛)の素が届いたので明日は薪割りかな…。遅くなった分、さっさと片付けてしまわなくちゃいけません。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!