MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2740] [2738] [2737] [2736] [2735] [2734] [2733] [2732] [2731] [2730] [2729]
お楽しみのひとつはトライフィン。フィンがたくさんついているのでちょっとややこしい。

シングルフィンよりもフィンへの意識が高まります。左右どちらかのサイドフィンとセンターフィンの2枚がうまく機能してくれるポジションに後ろ足を置く必要があります。

トライに乗っている人にはとても当たり前のことだと思いますが、シングルにずっと乗っていた身体は適応するのに少し時間がかかりそうです。

トライフィンのボードをターンさせていると、シングルフィンのルースさが改めて分かります。逆に見るとトライフィンはスティフだということです。

レールとサイドフィンとセンターフィンが海面をきっちりと捕まえている感覚ですが、これらをコントロールする身体の使い方をイメージできるようになればいいわけです。

トライに乗っていた昔を思い出しつつ、初心に戻ってやってみたいと思ってます。いまどきトライフィンに乗れない人も珍しいですが、なにやら楽しい私です。

そしてもうひとつ楽しいのはボードの色選び。色を選んでいて、それぞれの色が持つ名前を見ていたら楽しくなってきてしまいました。

例えば常盤色。これです。

常盤というのは、四季を通じて緑が変わらない常緑樹の緑のこと。英語で言うと、EVERGREENということです。

もともと色にはとても興味と関心がありましたが、掘り下げてみたいと思っています。新しく何かを知ることは楽しいことです。「色」から何が出てくるのかちょっと楽しみです。

ボードの色を考えるのもより楽しくなるに違いありません。

これは暁鼠(あかつきねず)か。


ユーズドのマンダラトライプレーンハルが入荷しました。長さは6’6”、コンディション良いです。アップロードお待ちください。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
OKIDOKI 7.7をトライフィンではなく、シングルフィンでオーダーというのは どうなんでしょうか?
木下 2015/01/19(Mon)14:36:33 [編集]
Re:無題
>OKIDOKI 7.7をトライフィンではなく、シングルフィンでオーダーというのは どうなんでしょうか?

シングルでもけっこういけそうな気がします。まだトライフィンに慣れていないので、慣れたらまた違った感想になるかもしれませんが…。でも、この長さのシングルはプリモというモデルがありますから、そっちの方が良いかと思います。
【2015/01/20 16:25】
Visitor Map
Create your own visitor map!