MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2743] [2741] [2740] [2738] [2737] [2736] [2735] [2734] [2733] [2732] [2731]
お知らせ:1月21日(水)は午後2時開店です。午前中クリステンソンサーフボードの展示会へ行ってきます。急ですいません。よろしくお願いします。

さて、この写真。

ウォーレン・ボルスターが撮影したスティーブ・リズのカットバックです。かっちょいいです。この写真、じっと見ていたら今日のブログはひさしぶりにニーボードのお話にしようと思い立ちました。

ニーボードと言うと古い映画でしか知らない皆さまが思い浮かべるのはおそらくコレでしょう(笑)。フレックススプーンです。


私もニーボーダーの端くれですから、興味があってトライしたことあります。

でも撃沈しました。たぶん、もしかして、かなり推測ですが、このスプーンはベリーベリーカスタムじゃないと難しいんじゃないでしょうか。

たしかサイズは5’2”でしたが私には大きすぎでした(ほんとはもっと小さく頼んだんです)

長さと幅を乗り手の体格に合わせていかないと、この浮力がほぼ無いレジンの塊は持て余すんじゃないかと思います。



なんて、いろいろと考えていましたが、でも、どうしてもスプーンの次、ここから先がニーボード方向へ行かないんです。

ニーボードに行かず、こっちに行っちゃう…。

Hullway 101 from The Surfer's Journal on Vimeo.



はい、そうです。ハルです。

ハルのルーツは1968年のマリブ。ナット・ヤングのKEYOサーフボードでのサーフィンにインスパイアされ、マリブやリンコンなどのポイントブレイクで育まれてきました。

つまりこちらも、ナット・ヤング経由でスプーンとつながっているわけですが、考えがどうしてもそちらのルートをたどってしまうんです。

今さらうんちくや理屈はどうでもいいんです。乗って気持ちよくなりたいだけなのです。すっかりハル、欲しくなってしまっています。マンダラのトライプレーンハルのせいですよ。

さすがに一度に3本は頼みすぎ。まずいっす。

フィッシュやめてハルにするか?ハルのあの気持ちいい滑りに、心乱されています。

これ、昔作った6.8 のハルです。


2~3日、アタマ冷やして考えます。

これはニーロな私。上の写真を意識 笑。(本当はこっちへ行きたかったんです)





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!