MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
6
13
20
26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
(06/11)
(06/10)
無題(返信済)
(06/05)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3662] [3661] [3660] [3659] [3658] [3657] [3656] [3655] [3654] [3653] [3652]
趣味のサーフィンの話ですいません、とサーフィンしない人たちの集まりの中にサーファーが二人以上いると、そういう台詞が出てくることがあると思いますが、サーフィンする人たちの中にいて同じサーフィンでも、趣味のニーボードの話ですいません、という台詞が出てきそうな趣味のお話しでどうもすいません 笑。

川南正さんのニーボードのせいです。

私がニーボードを始めたのは、ニーボードがルーツのフィッシュに興味を持ったこと、そして皆さんご存知のジョージ・グリノウのスプーンの映像などがきっかけになっています。

それでも、興味だけではなかなか始められるものではありません。一番強いきっかけは、ニーボードをシェイプしているシェイパーが、すぐ近くにいたことだと思います。形にしてくれる人がいて、その気になりさえすればボードがすぐに手に入る環境というのは、なかなか無いことだと思います。

それをラッキーと言っていいのかどうかは分かりませんが、今あらためて考えてみるとラッキーだったと思います。

ニーボードを始めると、最初は何も出来ないままにもすぐに夢中になりました。何か不思議な感じがしました。キックの推進力で滑り出す感触や、短くて幅が広いボードが滑る感じ、大きく見える波、スピード感、素早い動きなど、ニーボード独特のものだと思います。

そんな中でも私が好きなのは、ボードとの一体感です。

スタンディングでボードと接しているのは足の裏だけですが、ひざまずくことで自分とサーフボードのつながりが何倍にも大きくなります。波を滑っているボードのボトム、レール、フィンの感触がそのまま伝わってくるように感じるのです。

ダウンザラインのスピード、ターンのときのカーヴする感じ、グライドする感覚にそういうものが加わってきます。

たぶん他のみなさんも同じような感じなんじゃないかと思います。絶滅危惧種などと言われながら確実にニーボーダーは生息しているのです。

こんな小さな波でも。スタンディングで波に乗っているときよりも、波がよくわかるように思います。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!