MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 4 6
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3664] [3663] [3662] [3661] [3660] [3659] [3658] [3657] [3656] [3655] [3654]

シェイプ台の上には活さんのフィッシュモデル「BONITA」が乗っていますが、なんとなくいつもと違う雰囲気が漂っています。

雰囲気が違うのは長さのせい。レールが長く伸びているからです。6’8”のラージフィッシュです。


フィッシュは、短い方が機能するのはよく知っています。前足のアクセルと後ろ足の方向舵が近い方がスピードもカーブもコントロールしやすいからです。

長くすると、スピードとカーブをコントロールするポイントが離れます。スピードが付かないことにはサーフィンになりませんから、そちらを優先します。そうすると動きが鈍くなります。スモールフィッシュのようにはいかなくなりますが、それをおぎなって楽しいのがスピードです。

そして浮力が増える分、いろんな意味でファンな要素が増えてきます。動きが鈍くなるとは書きましたが、コントロールのポイントをつかめばそれなりに動きます。

読んでいて、いいんだか、ダメなんだか分からないと思いますが(笑)私は好きなんです。大きなフィッシュばっかり乗っていた時期もあったくらいです。一番面白いのはスピードかな。シンプルに楽しめるのがラージフィッシュです。

残念ながら私のじゃありません 笑。



そしてもう一本は、ダブルウィングスワロー。まだラフシェイプです。角ばってます。


ニーボードです。ボトムはシングルコンケーブで、コンケーブが流れる部分のロッカーは活さんのシェイプで調節されています。レールはフルエッジで、ニーボードらしい高速カービングを思わずイメージしちゃうシェイプです。

ニーボードの場合は、前後のスタンスを移動するのは無理ですから、ヒザを付く位置を中心にボードコントロールができるように考えられています。

ラージフィッシュとダブルウィングスワロー、どちらも出来上がりが楽しみです。

台風のうねりは、明日の午後くらいから入ってくるんじゃないでしょうか。問題は今日も吹いている南西の風ですが、自然相手にあれこれ言っても仕方ありません。遊んじゃいましょう。

夏ですから。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
KKフィッシュとBonita
こんにちは。
KKフィッシュとBonitaでは同じサイズにした場合、全体的なボリュームはラウンドノーズであるKKフィッシュのほうがあるのでしょうか?
小林 2018/07/30(Mon)14:17:36 [編集]
Re:KKフィッシュとBonita
難しいご質問ですが、同じサイズでしたらおそらくKK FISHの方がボリュームはあるのではないかと思います。
【2018/07/30 16:29】
Visitor Map
Create your own visitor map!