MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3748] [3747] [3746] [3744] [3743] [3742] [3741] [3740] [3739] [3738] [3737]
昨日のお話です。前日の波高予想が最初は潮の時間でヒザ~モモくらいあればと思っていたのが、時間が経つにつれて少しずつ高くなってきたので「これは予想以上に上がるかも」とすこしだけ期待して早起きして海へ。

着いてみればとコシ~ムネのしっかりとした波。たまーにある、リバース湘南マジックです。こういうときは人も少ないのです。


ボードはこれを持って行きました。8’4”のプリモと5’6”のBOINITA。Dフィンじゃなくて、プリモだったのは結果的に大正解でした。


潮がもっと引いてきたら5’6”にしようと、まずは8’4”のプリモで入水。

久しく波が無かったのですが、お気に入りの8’4”。何も問題は無いはずなのですが、落っこちてばかり。人がいないのでどんどん波には乗れるものの、やっぱり落っこちる。

おかしいなあと、海の中で気持ちを落ち着け(笑)もう一度。でも、やっぱりダメ。そうすると原因はもう、アレしかありません。

そうです。走り過ぎです。ずっと波が上がる予報ではなかったので、週の始めから連日走り込みと体幹トレーニングをきっちり。

それでおっさん、疲れているみたいです。

だって、まず屈伸の動きがとても不自由。ヒザをまげてコシを落とせない。落とした状態からはヒザを伸ばせない。足が加重を支えきれないので、上体が全く安定しない。いつもなら、波を予想して休息を入れるのですが、このイレギュラー波ではそれも無しでした。

仕方ないので、身体が動く範囲の最小限の動きで、波に合わせるサーフィン。

プリモ、本当ならテールのエッジが効いてカットバックはきれいに戻ってくれるのですが、それも(身体が)無理。ボトムターンもぐっとレールを入れて…は無理。

テイクオフから軽く向きを変えて、波にレールをセットして滑らせてひたすら真っすぐ。カットバックはちょっと向きを変えるくらい。

それでも気持ちよく走ってくれるのは、ボードのおかげ。やっぱりこの8’4”のプリモ、最高です。Dフィンだったら大変でした。

足が言うことをきかないくせに散々やって、それから無謀なことに、5’6”も立ち上がるだけでもやっとこうとフィッシュを持ち出します。

よれよれでもなんとかなるものですが、やっぱりよれよれ。フィッシュは撃沈でしたが感覚だけでもつなげることができたかと思います。そんな状況でも、楽しいのには変わりありません。

よれよれでも、かなりハッピーでした 笑。

海から上がったあとは、よれよれでテンション高いままシェイプルームへ。

活さんは、3ストリンガーのBONITAフィッシュをシェイプ中。クラシックですね~。こんなのも出来ます。


よれよれでも、たっぷり楽しめるプリモの8’4”、やっぱりおすすめです。ロンガーの皆さん、これを持たない理由はありません。

同じ8’4”でサイドフィン付きのTIKI、店頭用のストックボードが出来上がりました。きれいなティントカラーで出来上がっています。詳しくは明日お知らせします。

さて、こちらはユーズドボードです。9’4”のオンフィンタンカークルーザー。私が乗っていたのと同じ仕様のログです。


この方も私と同じで、デッキ凹まさないようで、とてもいいコンディションです。フォームからオーダーで作った、手がかかっているログです。よんどころのない理由で手放されます。クラシックボードお探しの方にはばっちりかと思います。その他ユーズドボード、お値下げもしています。

MENEHUNE BEACH STOREホームページご覧ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!