MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3749] [3748] [3747] [3746] [3744] [3743] [3742] [3741] [3740] [3739] [3738]

8フィート4インチ、TIKI(ティキ)モデルが出来上がりました。カツカワミナミサーフボードはオーダーをいただいて作ることが多いのですが、それぞれのモデルがどんなボードなのか、実際に触っていただけるように店頭用のボードです。もちろん気に入っていただければ、その場でお持ち帰りもOKです。



TIKIは、まず一見してお分かりいただけるラウンドノーズとラウンドピン、そしてシングルスタビライザーが特徴のモデルです。その形からオールラウンドタイプのロングボードをそのまま8’4”のサイズにしたようにも思えますが、それはかなり違います。

どこが違うのか?そのためのストックボードなのです。

ボトムを見るとまず分かるのがコンケーブです。ノーズからテールまでしっかりと通っています。そしてその周りのボトムデザインです。コンケーブはレールの少し手前まで。その先はレールへ向かってゆるやかにデッキ側へ上がっていきます。

レールがデッキ側へと上がって、ボトムよりも少しだけ高い位置、デッキ側から下りてくるレールと出会う部分にははっきりとエッジが入れられています。

このボトムとレールのデザインは、シングルフィンモデルのPRIMOも同様です。自分でもお気に入りの8’4”のPRIMOも同じボトムとレールの形状をしています。

コンケーブはボトムの水流を整えます。水流を集め、テール方向へスムースに流していく役割ですが、TIKI(PRIMOもしかり)のレールはその水流をスムースにリリースしていくことできる形状になっているため、長いコンケーブであってもボードのコントロール性を損なうことがありません。

つまり、ボトムの水の流れをコントロールするためのボトムとレールのデザインと言えると思います。

そしてTIKIの場合は、サイドフィンという方向舵に向かって水流をそれぞれ効率よく振り分けるための、VEEとロッカーがテールまわりに入っています(シングルフィンのPRIMOはまた違うデザインになっています)

実際に乗ってみると分かるのですが、コンケーブのおかげでダウンザラインはとても速く、スムースです。

そしてターンは驚くほど軽くスムースです。乗り手が行きたい方向へ体重を乗せていくと、それをスムースにトレースしていってくれます。このTIKIは8’4”ですが、9フィートプラスのサイズのTIKIでも同様です。

しっかりとしたラミネートで(デッキには追加のクロスでパッチが入っています)しっかりめの重量がありますが、スピードを付けやすくするため。しかし実際に乗ってみるとその重さは全く感じません。逆にスムースにマニューバするための要因のひとつになっています。

8’4”の長さでは、沖へでるためのパドル、テイクオフのときのパドルの感覚はロングボードと同様の扱いができます。パドルが速いので多少サイズがあるコンディションでも沖へ素早く出ていくことができます。

テイクオフはうねりから滑り出します。

シングルのPRIMOもそうですが、このサイズのTIKIは普段ロングボードに乗っている人なら、気を置かない波乗りを楽しめます。ロングボードよりも短いのですが、波の乗りすぎに注意…というのが、TIKI、そしてPRIMOの8’4”に乗られている方たちの総括的にいただいている評価です。




今回はシトラスカラーをイメージしたティントでラミネートしていただきました。これまであまり使ったことが無い色でしたが、微妙できれいな発色に仕上げていただいています。

店頭に置くボードは、カラーのテストの意味でかなり考えて指定しています。それぞれの色は記録を残していますので、同様のカラーでお作りすることも可能です。

しかしこの色、かなり気に入りました。シトラスティントと呼ぶことにします。

新しいTIKI8’4”の色とかたち、見に来てください。

活さんが乗っているのは、同じサイズのTIKIです。

rush hour #surfing #surfer #beach #typhoon #typhoonswell #rushhour #congestion #funwaves


Isseki Nagaeさん(@isseki_nagae)がシェアした投稿 -


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!