MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3975] [3974] [3973] [3972] [3971] [3970] [3969] [3968] [3967] [3966] [3965]
6’0のホットマンゴーです。BOOGIEやMINIみたいなボードばかり見慣れた眼には、ショートボードにしか見えません。


今のようにたくさんのモデルが生まれる前、活さんのモデルはこのホットマンゴーだけだったのですが、このモデルが活さんのシェイプのベースになっているんじゃないかと思います。

現在あるモデルはそれぞれかなり個性的です。形は個性的ですがどのデザインも、波を気持ちよく滑ること、波乗りを楽しむことを考えて作られた形です。それはテクニックよりも、とにかく波を滑るという当たり前すぎるシンプルな発想です。

ホットマンゴーはいわゆるショートボードと呼ばれるサーフボードと比べると、全体的に幅は気持ち広め。そしてロッカーは抑え目です。

ホットマンゴーのテイクオフの速さとダウンザラインのスピードは、活さんが住んでいた島の危ない波をくぐり抜けるためのものですが、その経験は様々な形で現在のラインアップに活かされていると思います。

まずは波の上をよく走ること。シェイプをする活さんを見ていると常にそれを最優先で考えているのが分かります。ワイドなアウトラインでボリュームたっぷりのBOOGIEやMINIなどのモデルですが、実際に波を滑らせてみると実際のボリュームを感じさせずに機能してくれます。

ミッドレングスが滑っているのを見て、あんな風に滑ることができたら気持ち良さそうだなあと考えたことがあるショートボーダーの方々。ぜひ一度ホットマンゴーに乗ってみてください。



ショートボードが厳しくなってきたご同輩も幅をもう少し出してあげれば、また復活です。ロンガーの私でも乗れますから。

HOT MANGO 6’0、ただいまラミネート中です。私のプリモ6.9と同じブルー、いい色です。


ラグビーワールドカップ 日本VSアイルランド 応援しましょう!
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!