MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3979] [3978] [3977] [3976] [3975] [3974] [3973] [3972] [3971] [3970] [3969]
元チャンピオンニーボーダー、サイモン・ファーラー。波のトップから落っこちるようなテイクオフくらい楽勝です。速い速いニーボードならではのマニューバがたっぷり楽しめる映像です。

Surfing Mexico 2019 from Simon Farrer on Vimeo.



ニーボードの面白さは上の動画のようなマニューバにもありますが、何よりも一番なのは、波を滑るときの強烈な感覚だと思います。波への近さ、ボードとの一体感はスタンディングのサーフィンよりも強いグライド感とスピード感があります。

そして、そういう感覚はデッキに膝立ちで立つことでさらに倍増されます。目線が変わるからです。いわゆるコシサイズの波は膝立ちではアタマサイズ。ヘソまできたらもうオーバヘッドです。

人間は五つの感覚、五感と言われる感覚機能を通して自分が置かれている状況を把握しています。波のトップよりも目線は低く、そして波の近くを真っすぐ正面を向いて滑ることは、同じ波を滑っていても五感の中のいくつかの感覚機能がスタンディングのサーフィンとは違うものを感じ取っているんじゃないかと思います。

私は波を滑っているときの感覚が後々まで強く残るようなサーフボードが好きです。それは大きなDフィンがついた重たいログであったり、小さいけれどキールフィンの感覚が強いフィッシュだったり、プリモのカーブするときのレールとエッジの感触だったりします。ニーボードもその中のひとつです。

ひと冬、ニーボードばっかりやっていた時期もあったように思います。しばらく使わなくても、その感覚を思い出すとまたどうしようも無く乗ってみたくなるのです。





昨日よりも波高予想が上がっていたら海へ行こうと朝4時に起きてチェック。予想は変わらずでもう一度寝床へ戻りました。朝は潮多すぎです。昼前後には少しできたんでしょうか?次回に期待ですね。

明日は定休日です。シェイプルームへ行ってきます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!