MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[643] [642] [641] [640] [639] [638] [637] [636] [635] [634] [633]
台風2号の最後のうねりはコシサイズ。昨日は絶好のロングボード日和に持ち出したのは1968年製、ちょうど40年前に作られたホビーサーフボードのギャリー・プロパーモデル。トランジション期に作られた本物のトランジションボード。

長さは9’2”。おそらく当時の基準からはショートボード。そしてこの長さもまたたくまに長いものになっていったと思われる証拠が新しいロングボードマガジンに出ていた8’6”の長さの全く同じモデルの写真。

現在では十分にロングボードのサイズですが、ロールボトムからテールへの強烈なVEEボトムにボードデザインの試行錯誤が繰り返されていた時代を垣間見ることができるボードです。

強いVEEは独特の浮遊感を生み出します。最初はとまどいましたが慣れてくると気持ち良く滑ってくれます。しばらくハマりそうなちょっと新鮮な感覚でした。

クーパーデザインのVEEボトムも同じコンセプトのボードですが、クーパーデザインの方にはその後の時代のテクノロジーが取り入れられています。あとで二本のVEEボトム較べてみましょう。

Hさんのクラシックなカスタムフィン、もう少しです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!