MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[900] [899] [898] [897] [896] [895] [894] [893] [892] [891] [890]
川南活さんが1本ずつ時間をかけてフルハンドシェイプするカツカワミナミサーフボードには、サーフボードと同じく1本づつカスタムされるフィンが付属します。テンプレットはすべて活さんによるもので、そのテンプレットにあわせ、ガラスクロスを数十枚重ねて作った積層板から一本ずつ「FIN MAN」の職人の手によって削りだされます。時間をかけて丁寧にフォイルされたフィンを、フィンBOXにサイズが合うように微調整してKKカスタムボードの完成です。

フィンはテストを重ね、サーフボードの性能を100%引き出すためにそれぞれが個性的な性格を持っています。

これは、ハル・スタビー用にフレックスをもたせるように薄くフォイルされたフィンです。

指でグイっとおすと弾力を持ってしなります。


ティップ。水の中でベースからフィンの先端までしなやかにフレックスしているのがイメージできそう。


ハルの感覚を大きく左右するひとつの要因がこのフレックスフィンです。感じることが重要なハルではフィンのフレックス加減が重要な役割を果たします。乗り手がボードに対してかけた「力」をフィンがフレックスすることによって受け止め溜め込みます。そして力の方向が変わった瞬間、フレックスしたフィンが元に戻り、その反作用がより速いスピードを生み出します。

カツさんのカスタムシェイプにはマスプロダクトのフィンは似合いません。カスタムシェイプにはそのボードを理解している職人が作ったカスタムフィンが必要なのです。


お知らせ:2月18日(水)は横浜へインタースタイルへ行ってきます。お店はお休みさせていただきます。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!