忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
2
7 9
13 16 18
20 23
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
最近読んだ二冊の本。

ひとつは最近何かと話題にのぼることが多い元東京都知事が著した「太陽の季節」、もうひとつは大正、昭和の小説家で太宰治の師匠ということでも知られる井伏鱒二の「駅前旅館」

「太陽の季節」はいわゆる「時代に逆らう」若者の無軌道な暴力や性を描いた、(出版当時に)新しいというよりはどちらかというと異質な感が強い挑戦的な作品であり、もう一方の「駅前旅館」は、前述の「無軌道な若者」とは正反対で、酸いも甘いもかみ分けた旅館の番頭さんたちが繰り広げる、ちょっと可笑しく哀しい人間模様を描いた小説です。

何気なく読んだ二冊の本ですが、読み終わって面白いことに気が付きました。

それはこの二冊が出版された年代と、そのときの著者の年齢です。「太陽の季節」は昭和30年(1955)で著者の石原慎太郎氏はかぞえで23歳、そして「駅前旅館」は昭和32年(1957)、井伏鱒二氏は59歳。36年ほども歳のはなれた二人の作家が、ほぼ同時代に書いた小説です。

二作品とも出版の翌年に映画化もされているところも共通しています。どちらも当時ウケた物語だったということだと思います。

そして、これら二作品の出版から約60年後の2017年に、今年で53歳になる私が読んだわけです。無軌道な若者も、旅館の番頭さんも、どちらもすでに60年も昔のことです 笑。

読んで面白かったのは「駅前旅館」でした。「太陽の季節」は正直なところ、途中で読むのが面倒くさくなりながら最後まで読みました。

番頭さんたちは、会話にも行動にも含みがあって面白く、想像が膨らみますが、若者の方は会話や行動が、衝動的でストレートすぎて面白みがありません。過激だけど退屈なんです。

逆の見方をすれば、それだけはっきりと印象が分かれるのは、どちらも優れた作品だからだと思います。そして、読む年齢が違っていれば感じ方も変わっていたでしょう。

10~20代の頃に読んでいれば、「太陽の季節」の方への共感が強かったはずです。おそらく「駅前旅館」の面白さは分からなかったのではないかと思います。

これもひとつのジェネレーションギャップというやつだと思いますが、自分自身の中でギャップが生まれているのが何やら面白いところです。

もちろん「駅前旅館」も文中には、当時の着物や街中の風俗など自分が知らない時代のものもたくさん出てきます。それでも登場してくる人たちの気持ちの動きや情景を思い浮かべながら面白く読むことができるのは、この本を書いたときの作者の年代の方が、今の自分の年齢に近いからじゃないかと思います。

「太陽の季節」を読んでいると、そういえば、若い頃は自分の行動にいちいち理屈をつけていたこともあったと思い出しました。若いということはいろいろ面倒くさいことだなあと改めて気が付きました。

そんなことを感じるのは、そうやって少しずつ年齢を重ねている証拠です。自分が生まれる前のカルチャーに対しても、ジェネレーションギャップ的なものを感じるのはいつの時代でもそれぞれの世代に普遍的な変わらないものが存在しているからだと思います。

いつの時代も若いこと、歳を取るということは同じこと。同じ道をたどってくるものなのでしょうね。


AXXE CLASSICに引き続き、AIDENTIFYのカタログも出来上がりました。今週末に到着予定です。



PR


AXXE CLASSIC メンズ、レディスの2017年春夏ラインアップをホームページにアップいたしました。これから上がってくる気温に水温が追い付いてくるまでは、オール3ミリのフルスーツ。真冬の厚くて重たいウェットスーツから軽いスーツへと衣替えの嬉しい季節です。

水温が追い付いてきたら、足を短くするか(ロンスプ)、それとも腕を短くするか(シーガル)がいつもの悩みどころ。どうするか?まずはご相談ください。

最近またバックジップタイプも人気が出てきました。私も昨年から3フルはバックジップです。昔ながらのスタイルが魅力です。

機能的な部分を考えると、背中にジッパーが無いチェストジップの方が動きは楽で、バックジップと比べると、首への負担もチェストジップの方が少ないです。着脱も3フルならバックジップとそんなに変わりません。

真冬のスーツほど細かいことを気にしなくてもいいので、どちらでもお好きなスタイルでいいかと思います(こちらも、お悩みの方はご相談ください)。

それから、昨冬から引き続き、柔らかさが従来の素材よりも長持ちする「プレミアムゴールドラバー」も春夏に登場しています。生地サンプルありますが、これまで触ったどの素材よりももっちりフルフルしてます。しかもそれが長持ちするという贅沢な素材です

プレミアムゴールド、ネッスルとほぼ同じ価格なのでぜひトライしてみてください(チェストジップのジャージフルスーツのみの設定です)

いずれも、オーダー料は無料でお作りします。採寸はいつでもOKです。

AXXE CLASSIC メンズ・レディス MENEHUNE BEACH STOREホームページからご覧ください。

ブランドスタート当時からのお付き合いです。いろんなサーファー、シェイパー、アーチストとコラボレート、そしてサポートしてきたのです。








お知らせ:3月20日(月・祝)はお休みいただきます。よろしくお願いいたします。それから、AXXE CLASSICのカタログをご請求いただきました、茨城のY・Iさま。メールがスパムメールフォルダに振り分けられてしまっていて、先ほどメールをいただいていたことに気が付きました。カタログ、連休明けにお送りします。メールを送りましたが戻ってきてしまうので、この場でご連絡させていただきます。遅くなってすいません。もう少しお待ちください。


さて、先週続いていたゆる~い波にシングルフィンのロングボードを滑らせたい気分ですが、クルマ(代車)に9.6のオンフィンが積めませぬ。火曜に抜ける低気圧もいまのところそんなロング波っぽい反応の予想。抜けたあとの北風強すぎです…


海はちょっとあいだが空いてしまいましたが、アルコールフリーの身体は調子いいです。ランニング、体幹、パドルのトレーニングはきっちりと続けています。

その昔、会社勤めをしているときには、タイミングが合わなかったり、忙しかったり、いろんな事情で海がご無沙汰になってしまうことは良くありましたが、当時もトレーニングでカラダはキープしていました。時間を見つけて少しずつでもやっておけば、久しぶりでも大丈夫なもんです。

まさに今がその状況です。

ロングボードが積めないこと以外は懸案事項はほぼ片付いたので、そろそろ再開です。波が上がれば、乗ろうと思っているボードはいくつもあります。

まずは、久しぶりでも問題なく楽しめそうなのからです。

6’8”のエッグ。サイドフィン付きのTIKIです。


ロンガーさんが短いボードに挑戦したいというときに、私がまず勧めるのはこのサイズです。(MINIやPRIMOでもOKです)波のキャッチが楽で、滑り出してから立ち上がってライディングへ移行する一連の動きも、ロンガーさんがやり易いのがこのくらいのサイズです。

仕事やら何やらで、あいだが空いてしまっても取り戻すのが簡単なのです。

MINIモデル以来、久しぶりの6.8サイズのエッグはかなり楽しみです。



そして、もうひとつ。こんなの作ってみようかと考えているのがこんなボードです。

ある方にカスタムでお作りした、長いフィッシュが面白そうだったので気になっております。お作りしたのは7’7”でしたが、自分にはPRIMOやTIKIでお気に入りの8’4”がいいかなと思っています(このサイズ好きなんです)

ボトムはPRIMOやTIKIと同じトライプレーンコンボ。

フィンはクアッドです。

フィッシュテールで、全体的に幅が広いアウトラインにトライプレーンのコンケーブボトムの組み合わせと、クアッドフィン。

もう、スムースで速そうなイメージしか浮かんできません。

TIKIとPRIMOの8’4”シリーズに(モデルにはありませんが)、この長いクアッドフィッシュを加えてみようと思っています。

Mさま、真似させていただきます。



私、どうやらクアッド好きみたいです。







新しく入荷したBIRDWELL、 #310と#311アップロード完了しました。

ホワイトとパプリカ、どちらも好きな色なのですが、とりあえずはディスコンカラーとなるため今回の在庫分で最後です。

ホワイトは#311のみ30インチと34インチ、パプリカは#311が30、32、34インチ、#310が32インチと34インチがあります。

この二色は再入荷はありませんので、お早めにどうぞ。

MENEHUNE BEACH STORE ホームページ






アレックス・ノストはやっぱり3フィンのボンザーなんだろうなあ。

ボンザーには、3フィンと5フィンに二種類があるのはご存じだと思います。当然、乗ったときの感触は違います。スリーとファイブでどう違うのか?ということを文章にすると、多分に誤解を生みそうなので止めといた方が良さそうに思います。

フィッシュやハルは比較的ポピュラーな存在ですが、それに比べるとボンザーはいまだ結構マニアックだと思います。売れなくていいので(笑)そのままであって欲しいと思います。

そのマニアックな方たちオンリー(実際にボンザーに乗っている人だけへ)ということで、誤解を生まない範囲でスリーとファイブの違いをほんの入り口だけでも…。

ファイブの方が、ボードの動きがスムースで、比較的ゆるめの波にも対応してくれます。ボンザーの感触が強いのはスリー。速いのはどちらも同じ。

スリーはスムースじゃないかというとそんなことは無いし、やっぱり乗っていない人に誤解を生みそう。

調子良くて面白いのは、スリーもファイブもどっちもということで、ボンザー好きです、興味ありますという人とこっそり盛り上がる方が良さそうです。

明日、木曜は定休日です。








忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!