MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
4 6 7 9
12 14
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(03/20)
(03/03)
新作(返信済)
(01/29)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]


以前にご紹介したこのボードが出来上がりました。サイズは8’0 x 22” x 2”7/8。シングルフィンのプリモです。もう、おとといから嬉しくってたまりません。

きれいな流線形のアウトラインです。


デッキにボランクロスでパッチを入れました。通常の二層ラミネートにさらに重ねているので、しっかりとした重量が出ています。

重くすることで、スムースでグライドする感覚がより強くなり、スピードをつけやすくなります。6.8のフィッシュといい、波の斜面を真っすぐ滑っているときの気持ち良さしか考えていないみたいですが、シングルフィンとしてのマニューバ性能も十分に備えています。

それが、プリモです。


ボトムはカツさんお得意の、プリモボトム。コンケーブとレールとエッジの入れ方に秘密があります。


8’4”のプリモは一番のお気に入りですが、そのプリモの長さを4インチ短く、幅は1/2インチせまくしてみました。

波のキャッチは8フィートあれば、ロングボードと同じ感じですが、コンパクトになった分、コントロールする楽しさが少しだけ増えるんじゃないかというイメージです。

いずれにしても、波に乗りすぎ注意の8フィートです。

このプリモ、出来上がったばかりなのですが明日波がありそうなので、我慢できずに乗っちゃおうと思っていたら、予報が変わって明朝の波のサイズがどんどん落ちてきてしまいました。

北風(オフショア)強すぎです。

しばらくは我慢です。プリモ8フィート、店に置いてありますので見に来てください。

かっこいいです 笑。

AXXE CLASSIC オートジップシステム オール2mmのサンプルスーツが出来上がりました。オートジップシステムというのは、背中のジッパーの上げ下げとインナーバリアが連動していて、従来のものよりもスムースに着脱ができるしくみです。

ジッパーコードは赤いボタンで半分に折りたためるようになっています。ジッパーの上げ下げと一緒に動くインナーバリアを見ていると、アイデアの斬新さとそれをカタチにしてしまう技術力に、あらためて驚かされます。


オートジップシステムは手放しにすごいと思います。でも、もっと大きな可能性がごく普通のバックジップスタイルのこのフルスーツに秘められているように思います。

まず、この首回りです。普通のウェットのネック部分と変わりはない見た目です。写真で表現するのはとても難しいのです。文章でご説明するしかありません。


お伝えしたいのはそのフィット感です。こればっかりは、実際に着用して体感してみないと分からないことです。目に見えて分かる違いではありませんが、大事なところです。

バックジップタイプの首回りは、かぶるだけのジッパーレスタイプと違って左右のパーツを首回りで重ね合わせてフィットさせる必要があります。それをマジックテープで固定するのですが、生地が重なるので首への負担が(ジッパーレスと比べると)増えてしまいます。

そして、重ねた部分にはどうしても隙間ができてしまって水が入ってきやすくなってしまうという点で、ジッパーレスと比べて首回りの防水性で劣るというのがこれまでのバックジップのウェットでした。(ジッパーレスというのは、ロングチェストジップやネックインスーツなど背中にジッパーが無いスーツの意味です)

このバックジップモデルでは、この二つがほぼ解消されているように思います。

実際に着てみると首回りのフィット感は、まるでつなぎ目が無い、かぶりタイプのジッパーレスのウェットを着ているように感じます。

首の後部への圧迫感もジッパーレスタイプと同等のストレスの無さです。

試着だけで、まだ実際に海で波をかぶってはいませんがこのフィット感、首回りの防水性はジッパーレスタイプと同じくらいに高そうな感触です。首回りに隙間ができないのです。

バックジップのウェットスーツを着ている感じがしないというのが大きな感想のひとつです。

そして背中のジッパーです。比較しやすいように従来の3mmフルスーツと並べてみました。


左が今回の新しいジップシステムです。従来のものに比べて作りが格段にシンプルなのが分かります。

背中が軽くなるということは、イコール、その分パドルが軽くなるということです。加えて、新しいジップシステムに使われているジッパーには、多少の伸縮性があり、柔軟性はかなりあります。(従来のジッパーの伸縮性はゼロです)

動きやすさにおいても、さらにノンジップタイプに近づいているということです。

この二つのことは、ジッパーレススーツのように動きやすく、防水性が高い暖かいウェットスーツをバックジップスタイルで実現できる可能性があることを示していると思います。


背中が大きく開くので脱ぐのも着るのも簡単。身体をスーツに滑り込ませて背中のジッパーを上げて首を留めてしまえば、ジッパーレスタイプと同様の動きやすさと防水性を持つバックジップスーツ。

バックジップは何より着脱が簡単です。寒い冬場の着替えはできるだけ簡単でシンプルなのが一番です。

脱ぎ着がより簡単で防水性が高く、スタイルは昔から一番なじみ深いバックジップ。形はおなじみでも、これまでのバックジップの概念を変える、そんなところにウェットスーツの新しい可能性を多いに感じてしまうのが今回のオートジップシステムなのです。

実際に触ってみるのが一番です。触っていただいて、ウェットの写真を指定のハッシュタグをつけてSNSへアップしていただくと、キーホルダーをプレゼントいたします(無料です)。SNSやってない方は私が代行いたします。オーダーいただけた方にはさらにAXXE CLASSIC特製シートをプレゼントいたします。



最初のバックジップタイプが第一世代、ジッパーレスが第二世代、ジッパーレスがさらに進化したネックインやロングチェストジップが第三世代とすると、これは第四世代のウェットスーツになるかもしれません。

これからが楽しみにです。

明日は、新しく出来上がった滑走のための道具のお話です。




波乗りだけの休日なんて久しぶりです。おまけに波は、コシ・ムネ。たまにくるセットでアタマ。冬の雨で寒かったせいか人は少なめ。結局、朝から昼過ぎまで、5時間くらい入ってました。

ボードはこの二本。6.8のBONITAとニーボード。どちらも最高 笑。


何本かまとめて入ってくるセットにうまくタイミングが合うともう最高です。長いフィッシュならではの滑らかさ。

ゆらゆら立ち上がっている波のリップを見ながら、いつもより少し広い波の斜面を滑っていく気持ちよさ。波のフェイスを手の平でなでながら、ひたすら真っすぐ走っていきます。

シングルフィンも滑走しているときは滑らかですが、フィッシュはそれよりもさらに抵抗は少なくて滑かだと思います。シングルのセンターフィンよりも低くて小さなダブルフォイルのキールフィンが、レールの近くについているからだと思います。

滑らかで柔らかいのです。「bar of soap」とはこのことですね。

フィッシュが生まれた当時、最速のデザインと言われたのはこういう感覚からなんじゃないかと思います。

波の上をボードが滑る感覚、その気持ち良さがあれば私はストークできます。真っすぐで十分なのです。ショルダーがゆるくなってきたときに、カールへ戻る動きができればいいのです(カットバックです)

この6.8のフィッシュは、レールとフィンに身体を預けてあげれば自然とボードが戻ってくれます。活さん、やっぱりすごいです。



フィッシュでおなかいっぱいに滑ってから、ニーボードにチェンジします。本当はパドルが疲れてきたので、足ヒレのちからを借りることにしたのですが、これもよーく滑ってくれます。幅広のアウトラインと一本通ったシングルコンケーブのおかげです。

ニーボードはライト方向が苦手だと、このブログでずっと書いていたと思います。なので、ライト方向を重点的にやってみました。

フィッシュでの真っすぐ滑る気持ちよさが残っていたせいだと思います。苦手だということを意識しないで楽しんで滑っていたら、なんとなく何かをつかんだように思います。

しかし、このニーボードも滑ります。長さは5’6”しかないのに、どうしてこんなに滑ってくれるのといまさら驚いています。ロングボード以外のボードは大抵、波が緩くなるインサイドの手前でライディングをやめてしまうのですが、このニーボードは沖でセットにテイクオフして、ショアブレイクまでスムースに滑っていってくれます。プルアウトするのは、これ以上滑ったら砂の上というところまで滑ってくれます。

ニーボードはテクニックを意識しすぎていたかもしれません。おそらくニーボードに限らず何でもそうなんじゃないかと思います。こうしてやろう、ああしてやろうと考えるよりも、リラックスして波を滑ることを楽しんでいれば、自然とうまく行くように思います。

ライト方向が開けてきたら、ニーボードの感覚も広まったように感じます。面白かったので、次もライト方向を重点的にやってみようと思います。

真っすぐでいいやとリラックスしていたら、いいことたくさん。楽しいです。

さらに今日、真っすぐ滑る道具が新しく出来上がってきたのでそっちもかなり楽しみですが、それはまた後ほどご紹介します。


ウェットはゼロのエアドーム、オール3ミリは裏起毛無しです。雨とオフショアで寒い日でしたが、これにサーフグリップのエアスキンインナーでちょうどいい体感温度でした。


薄めのウェットで(防水性が高いのが前提です)、気温によってインナーを追加というのは、ウェット自体の生地が薄くてすむので動きやすいです。

ウェット同様に、今はいいインナーがありますからこういう考え方もありですね。

しかし、このゼロのウェットスーツは作ったのが2014年の秋です。4シーズン経ってますが、ぜんぜん問題なく着れています。長持ちします。

冬のウェットスーツ、来季はこの方向で考えてみたいとおもいます。

ウェットスーツと言えば、AXXE CLASSICのオートジップステム、サンプルスーツが出来上がってきました。


詳しくは改めてお知らせいたしますが、こちらで紹介したキーホルダープレゼントキャンペーン開催してますのでよろしくお願いします(キーホルダーが無くなったら終了です)。

いろいろやってますが、ウェットマニア的にこのウェットで注目しているのは、この新しいジッパーと首回りです。いままでのジッパーと比べると格段に背中のストレスが少なくなっています。試着してみましたが、ノンジップタイプにせまる勢いの背中の柔らかさだと思います。

それから首回り。バックジップと思えないフィット感です。これらが、冬の厚手の素材でどこまで対応できるのか、多いに期待しているところでもあります。
MULLET、マレットはボラのこと。秋になると大群になって泳いでいるやつです。よく跳ねたりもします。ショートヘアで襟足だけが長い髪型もマレットと呼ぶそうです。80年代に流行ったやつですが、形を見るとなるほどと思います。

カツさんのラインアップにもマレットというモデルがありますが、そのユーズドボードが入荷しました。ユーズドではなかなか出ないモデルです。


特徴は…見ればわかります。アウトラインが平行で細いです。サイズは、5.8 x 18 1/2 x 2 1/2。シングルコンケーブのボトムでローロッカー、直線的なレールのラインに加えてのダウンレールのボリューム感。

私は昔から乗ってみたいとは思ってはいるモデルなのですが、幅の細さにいまのところ手が出ないでいます。自分に合わせて幅を広げると、ただのクアッドフィッシュかMINIクアッドになっちゃいますから。

フィッシュの小さいのや、ショートボードに乗っている人が乗ったらかなり面白いんじゃないかと思います。どう考えてもスピード出るカタチです。

活さん、ユニークな板作ります。気になる方はホームページご覧ください。
MENEHUNE BEACH STORE

明日は定休日です。波が少しありそうです。昼まではオフショアの予報なので、海行ってみようと思います。潮が多いのでロングボードもあると安心ですね。
6’9”のシングルフィンで波乗りしていた先週のことを考えていました。朝一のセットはアタマちょっと。ストロングカレントは想定外でしたが、久しぶりにサイズがあったのが面白い海の中でした。

6’9”のプリモはあんなときに頑張れるボードなのですが、少し違う選択肢があったらなあと考えていました。8’4”を持ち出せば楽勝なのは分かってますが、そこまで長くしないで…というところで思い出したのがこれ、ホームページのラインアップにはまだ加わっていない、ミニガンのラインアップです。



デザインのモチーフは、60年代終わりから70年代のシングルフィンの時代にハワイで使われていた、7フィート~8フィートの「ショートボード」。活さんが持っている、マジェンタのボードみたいなやつです。


当時を思い出して作り始めたのがミニガンシリーズです。ガンとは呼んでますが幅を21インチまで出していますので、私が普段入るような波で使えるように考えられています。

プリモよりちょっとシュッとしたアウトライン(笑)が頼もしい雰囲気です。そして良く見ていただくと分かりますが、ミニガンは二つの種類があります。

一番左のブルーと左から三本目のグレイのベイビースカッシュテールの二本はボリュームのバランスが前寄りにあります。70年代風のクラシックなバランスのアウトラインです。

そして左から二番目のうすいブルーと一番右のマジェンタっぽいラウンドピンの二本は、ボリュームのバランスを後方に持ってきたモダンなアウトライン。

レングスは、7’2”と7’6”。これで波を滑り降りたら、気持ちいいでしょうということで目下、長さとどっちの形にしようかを考え中です。






こういうイメージです。昔のは細い。




伝統的なフィッシュのデザインはというと、まずは特徴的なアウトライン。全体的に幅広で、テールまでパラレルなアウトライン。そして切れ込んだフィッシュテールが浮かんできます。



フィンは大きな三角形のキールフィン。シングルフィンと同じ両側とも曲面に削られたフィンがフィッシュテールのかなり後方に、真っすぐグラスオンされます。ボトムはシングルコンケーブ。

モダンなツインフィンと違って、直進性が強調されるデザインが特徴です。スピードとスムースなグライドがフィッシュの持ち味だと思います。

そんなクラシックフィッシュにマニューバ性をプラスしていったのが、ロケットフィッシュというデザインです。MRのツインフィンはフィッシュが進化したものですが、その流れとは違うところにあるのがロケットフィッシュです。

アウトラインをシャープにして、ロッカーをつけ、ボトムシェイプとフィンのセッティングを変えていくなど、作り手によっていろいろなロケットフィッシュがあります。

それは、パフォーマンス性を向上させるという、サーフボードの自然な進化ですが、あくまでもフィッシュというデザインをリスペクトしつつ手を加えて行ったものがロケットフィッシュです。

カツカワミナミサーフボードのラインアップでのクラシックなフィッシュはご存知、BONITAと呼んでいるラインアップです。滑りは本当になめらかでスピードが出るのですが、この感覚を残してもっとマニューバを描きたくなるのは自然な流れです。

自分でもロケットフィッシュ的なフィッシュも欲しいなあ、と考えていたのですがこれがあったのを思い出しました、というよりお馴染みすぎて盲点だったのは、KK FISHです。



活さんお得意のラウンドノーズから絞り気味のフィッシュテール。ボトムはシングルコンケーブからVEEを入れたテール周りはダブルコンケーブ。フィンはレイクが入った片面フォイルのキールフィン。ルースになりすぎず動いてくれそうです。



パドルもテイクオフも良くて、スピードがつけやすいラウンドノーズはMINIやBOOGIEと同じで、クアッド版のMINI クアッドも同じ部類のデザインになります。以前に乗っていましたが、もう一度作りたいと考えているフィッシュです。ラウンドノーズやっぱり好きです。


実はもうオーダー入れてあります。まずは、5’8”で作ってみようと思ってます。




BONITAフィッシュのユーズドボードが入荷しました。ベリーグッドコンディションです。

覚えておいでの方もいらっしゃると思いますが、自分でも乗っていたこの5’8”は、5本の連作で、カラーリングをそろえて色違いで作ったうちの一本です。


もう二年前のことですが、久しぶりに5.8なんていう小さいボードだったので、自分は沈んじゃうだろうなあと半分あきらめつつ海へ持っていってみたら結構乗れてしまって、そこからスタートしたのが今では5’6”です。

フィンはシングルフォイル。片方の面がフラットになっているキールフィンです。ダブルフォイルより、マニューバしやすい(曲がりやすい)フィンのセッティングです。

小さいフィッシュ、乗れるかなあと迷っちゃっているならまずはこいつでお試しください。
MENEHUNE BEACH STORE ホームページユーズドボードコーナー、ご覧ください。
昨日。腰くらいの波があるだろうと思ってはいましたが、ボードもウェットも持たずにリペアに出すボードだけを積み込み、車の中で聞くCDを何枚か選んで自宅を出発しました。

トム・ウェイツもいいですが、最近はこの方も良く聞いています。

曲のバリエーションが多すぎて、何を貼りつければいいのか分かりませんのライ・クーダです。

そんなのを聞きながら高速の左車線をゆったり流してリペア工場へ到着。リペアマンのジョージくんはずいぶん長い付き合いです。最近、広い敷地へ引っ越してシェイプルームも作れそうで、これからが楽しみです。

それから活さんのシェイプルームへ。葉山、逗子、鎌倉と海岸線を走ってみます。前日に入ったポイントは予想通りにロングボードで滑りたくなる、コンパクトできれいなブレイク。

きれいな波と、それを気持ちよさそうに滑っているサーファーをおだやかな気持ちでながめていられるのは、身体のあちこちに残っているカレントと戦った疲労感がもたらす満足感(みたいな)。

それに、今入っても身体はイメージした半分も動いてくれないと分かってます。故に道具は最初から持ってこなかったのです。つまり早い話が、お歳のせい 笑。以前だったら、とってもじゃありませんが、穏やかじゃいられませんもの。

こういうのも意外といいものだと思うようになったこの頃ですが、次はやりますので。

活さんは変わらずキープシェイピン。


サーフボードの話をしていると、ハレイワで波乗りしていたときにマーク・リチャーズが乗っていたボードはリノ・アベリラのシェイプだったよーなどと、普通のことのように飛び出してくるすごい話は、私が本やインターネットで学んだ知識や歴史を裏付けてくれような話です。

活さんは実地でそれを見て、同じ波でサーフィンをしていたのです。活さんがシェイプするサーフボードが、他と違って見えるのはシェイプと一緒にそんな経験が詰まっているからではないかとも思います。

実際に乗っていて調子がいいというのはもちろんのことです。

先日使った6’9”のプリモ。片づけるときにぶつけてしまったテールを修理しました。地面にゴツッとやってしまったのですが、太いストリンガーのおかげなのか、エッジが少し欠けただけで済みました。

とりあえず樹脂で形を作ってあげましたが、折を見てプロに直してもらいます。

シングルフィンは昔から好きです。中でもこのプリモは特に好きな板です。

6~8フィート代で長さはいろいろ乗っていますが、根がロンガーの私はそろそろ8フィートくらいがお喜楽に楽しめていいんじゃないかと最近強く思うようになったのは、やっぱりお歳 笑。

このレールが柔らかく波に入っていってくれ、コンケーブの中を水が流れていくのです。レールの形とボトムの曲面を触って確かめるのが好きです。


テールの作り方の理屈は、活さんならではです。実際のところ、波の上ではとても機能的に働いてくれるテールまわりだと思います。


新しく8フィートもできあがってくると思います。波が立ったらプリモならではの感触を楽しみながら乗ってあげようと思います。


日の出前。サイズがあるセットが入ってきますが、まとまらない波でコンディションはいまいち…。ワンサイズ小さくても形がいい波が無いかと、15分ほど東へドライブ。

途中で沖に小さく見える、レフトのリーフに二人ほど入っているのが見えましたが、そこもいまいち。おまけにこれから引き潮(上げている方がいいのです)

その先のリーフは、さらに遠いポイントです。しばらく見ていましたが、波は割れるものの向きが悪いのか、ショルダーが張ってきません。いいときには面白いポイントなのですが、今日は(この時間は)いまいち。


結局、いつものポイントへ戻って入ってみることにしました。ボードは、6’9”のシングルフィン、プリモです。

画像の左側で割れているところが、レギュラーへ走れそうだったのでパドルアウト。

沖出しのカレントが強いので、インサイドのブレイクさえやりすごせば、自然とテイクオフポイントへたどり着けるはず…だったのですが、気が付けばいつのまにやら右奥の波待ちの中へ仲間入り。

沖へ出るカレントプラス、右へ流れるカレントが妙に強くて、行きたい場所へなかなかたどりつけない、と言うかどんどん流されるのでポジションキープにひと苦労。

結局、三時間ちょっとずーっとパドルしていたような感じで、いいエクササイズになりました。

後半はニーボード。静かに見える海ですが、流れてます。


年明けから波が少なくてパドルできんのかなあと思っていたものの、結構できるもんです。5’6”(ニーボード)はさすがに疲れましたが、こんだけ腕回しておけば次につながるんじゃないかと思います。

お知らせ:明日、2月19日(火)はお休みいただきます。よろしくお願いいたします。


ちょっと前にご紹介した、ジャスト8フィートのプリモ。


現在、ラミネート進行中です。デッキに8オンスのパッチを入れてみました。6オンス二層のデッキにさらに追加していますので、パッチの部分は都合三層のクロスが重なっていることになります(通常は二層です)

画像のあの範囲だけですから、重量的には6オンスのパッチとそれほど変わらないかとは思いますが、クリアのボードにはボランカラーがアクセントになります。どういう仕上がりになるのか、重量や費用的なものを含めてお試しラミネートです。

ちなみに画像の太さのストリンガーなら、ダークウッドのストリンガーも追加チャージ無しでいまのところは出来ていますので、オーダーの際にご相談ください。(TIKIモデルだけは、このストリンガーは使えません)

写真はグラッシング工場の職人さんが撮影してくれていますが、工程的にはラミネートの一番最初の部分です。シェイプされたフォームの状態のボードをガラスクロスと樹脂で包んでいく工程です。

出来上がりまでは、まだまだ多くの工程を経なければいけません(工程は多様複雑で、とても書ききれません)それぞれの工程で、マスキングして樹脂の硬化を待って…という作業ですので、手間と時間がかかるのは言うまでもありません。

仕上がりの品質は、作っていただいた方、店頭で見ていただいた方ならお分かりいただけると思います。世界中どこへ持っていっても胸を張れるクオリティです。ジャパンクオリティ健在です。

出来上がりは来月の初旬になると思います。じっくりと待つことにいたします。
Visitor Map
Create your own visitor map!