MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2
7 9
14 16
21 23 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(05/10)
(05/03)
無題(返信済)
(05/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

トレーニングの素が到着しました。またの名を腰痛の素とも言います。これを斧で割って風通し良く積み上げ、2~3年ほど乾燥させてストーブに使う薪を作ります。

薪には主に広葉樹を使いますが、今回来たのは「樫」。カシの木です。

大工さんや植木屋さんでもない限り、何の丸太かどうかなんて気にする人はほとんどいないと思いますが、この樫の木「木ヘン」に「堅い」と書くだけあって、国内に生えている樹木の中では一番比重が高い樹です。杉の2.5倍くらいの重量があります。

なので運ぶだけでも一苦労。そんなに太くないやつを数本抱えると、ずっしり腕から背中、コシ、モモに重量が伝わってきます。はじめのうちは、大きい丸太は重くて動かせないと思っていたら、不思議なものです。しばらくチカラを使っていたら持ち上がるようになりました。


こいつを斧で割ります。2.4キロの重量がある斧頭がついた斧を振りかざし、真っすぐ真下へ落とすように刃先を丸太に当てます。当たる瞬間、刃先が左右にぶれないように両腕に絞りこむように力をこめます。

薪割りは12年やってますが、このシンプルな動作はパドルにかなり効きます。使っている筋肉は身体の後ろです。上腕三頭筋から広背筋、あとはなんていうのか知りませんが、昨日の薪割りのせいで背中全般の疲労感がすごいです。

全部割り終わるころには、すごいことになっていると思います 笑。




6’8”シングルフィン、イメージ通りの雰囲気に出来上がりました。これは自分のですが、オーダーもOKです。面白そうで早く乗りたくってうずうずしてます。詳しくはまた後ほどご紹介します。


BONITA 5’10”も出来上がりました。少し長めなのでシャープな雰囲気です。レングスはいろいろ作ることができますのでご相談ください。


GWが終わったら、なぜか急にいそがしくなってやっとブログの更新作業にたどりつきました。まずはお知らせです。JIM HINESサーフボードのボンザーのユーズドが入荷しました。

サイズは6フィート8インチ。楽しそうなサイズはロンガーさんもOK。ミッドレングスボンザー、ホームページをチェックしてください。MENEHUNE BEACH STORE

明日は定休日です。KK HULL、出来上がっていると思います。かなり楽しみです。


そ・し・て 笑。

途中からニューモデルに変わってしまったKK HULL。やっぱりコンベックスボトムにも乗りたいので、同じ形でもう一本、今度こそディスプレイスメント・ハルのシェイプでございます。


どちらもお楽しみに。

こんなのも入荷しました。クルマに乗せるときやケースにいれるときに、ワックスが付いたデッキ面にかぶせるデッキカバーです。いままでのものより、生地が厚くなって、かぶせたあとにドローコードでキュッと締めてフィットさせられるようになってます。


フィッシュ用と8フィートまでのミッドレングス、ファンボード用があります。ロングボード用はこれからです。DESTINATIONホームページ

デッキカバーは店頭でどうぞ。

夏の海水浴場エリアでもフィンを外したこれならOK?


5月7日(火)はお休みいただきます。みなさま、GWお疲れ様でした。

6’8”のBONITAはお嫁に行きました。ちょっと大柄ですが、かわいがってやってください。そして、お問合せいただいた方々、どうもありがとうございました。

BONITAフィッシュ、すでに多くの方々に乗っていただいています。機会がある度に、調子どうですか?とお尋ねしていますが、皆さん気に入って乗っていただいているようです。

お気づきだと思いますが、BONITAフィッシュには二種類のフィンセッティングがあります。BONITAに限らず、フィッシュと呼ばれているサーフボードにはいろいろな形状のものがあります。BONITAはその中でも、トラディショナルなフィッシュの形をメインのコンセプトにシェイプされています。

優れたデザインは残っていくものですが、それと同時にそれをベースにより優れたものへと進化もしていきます。フィッシュの性格、フレンドリーで速く、独特のグライドがあるという性格を継承しつつ、マニューバもこなせるような要素を加えていくのがフィッシュの進化です。

フィンのセッティングにマニューバのための要素を取り入れているものと、クラシックなもの、BONITAフィッシュのフィンセッティングにはその二つの種類があります。

ひとつはシングルフォイル、片面フォイルのキールフィンを使ったBONITAです。シングルフォイルというのは、フィンの片方が平らでもう片方が曲面に作られている形です。トライフィンのサイドフィンと同じです。内側はフラットです。




もうひとつはダブルフォイル、両面フォイルのキールフィンを使ったBONITAです。ダブルフォイルは、フィンの両面が曲面に作られています。トライフィンのセンターフィンと同じ、シングルフィンとも同じです。




同じキールフィンですが、フィンの形状も微妙に違います。片面フォイルの方がレイクが入っており、両面フォイルは立ち気味です。

フィンの取り付け方にも違いがあります。絵を描いてみました。


両面フォイルはストリンガーに対して平行に、鉛直方向に真っすぐ取り付けられています。一方の片面フォイルは、進行方向に対してフィンのベースが少しだけ内側(ノーズの先端方向)に向いて、そして鉛直方向に対して、フィンの先端が開くような角度が付けられています。

そしてもうひとつ。絵では描き分けできていませんが、片面フォイルの方がほんの少し前寄りにフィンが付いています。

両面フォイルは直進性があるセッティングで、片面フォイルはそれに回転性を加えたセッティングになっているのがお分かりいただけると思います。

回転性と書いていますがベースが広いキールフィンの性格、トラディショナルなフィッシュの性格に変わりありません。そこへ、フィンのセッティングを変えることで回転性をプラスしています。ボードのシェイプはどちらも同じです。BOXのシングルフィンで、フィンの位置や大きさを変えるのと同じような感覚です。

両面フォイルはシングルフィンと同様に滑らかです。私はこの感覚が好きなので、もっぱら両面フォイルに好んで乗ります。片面フォイルのフィンはボードを回転させるように働きますが、フィッシュらしい滑りは失われてはいません。どちらも速いのは同じです。

片面フォイルは両面フォイルよりも、動きが出ます。これも、比較すればということですので、動きが出ると言ってもツインフィンのようなルースさがある訳ではありません。こちらもあくまでトラディショナルなフィッシュです。

その中で、お好きな方をチョイスしてください。

両面、片面どちらにしても、波を真っすぐ縦に上がるような動きには鈍くなります。できないことはありませんが、それをフィンやシェイプに求めるとトラディショナルなフィッシュからは離れていくデザインになってきます。

より動きを求めるのでしたら、KK FISHというロケットフィッシュタイプのいいフィッシュがあります。ラウンドノーズの面白いフィッシュです。よりもっと動きを、となればBONITO(BONITAとA違いです)などのツインフィンの性格に近いデザインがあります。

BONITAは伝統的なフィッシュを楽しんでほしいモデルです。私の好きな(笑)クラシックというやつです。ショートボードのリズムに馴染んでいるようなら、片面フォイルの方がしっくりくるのかもしれません。両面フォイルでも、動きのコツを覚えるととても気持ちよく滑ってくれます。それぞれに楽しみ方があると思います。

これはシングルフォイル 5’4”。


突然のカミナリとひょうにはビビりましたが、なんとか撮影完了。ユーズドボード、二本入荷です。

BONITA6’8”。シングルフォイルのキールフィンと軽く絞ったテールで、動くセッティングのビッグフィッシュ。とてもきれいなコンディションです。


もう一本はCCスライダー。なつかしいモデルです。今はモデルチェンジしてしまいましたが、一番人気だったノーズライダーモデルです。9’4”。




ホームページチェックしてください。MENEHUNE BEACH STORE
ゴールデンウィーク七日目。皆さん、元気に休んでますか?テレビではそろそろ休むのにもネタ切れで飽きてきたようなニュースをやっとりましたが、休みが増えてもこの国の人たちは、基本的に休むのがヘタなのかもしれません。国民性ですね。

ゴールデンウィークの真っただ中で、元号が変わるというイベントがありました。昭和から平成へ変わったときには、世の中自粛ムードで何もかも静まり返っていましたから、こういうお祭りムードで新しい時代を迎えられるのは素晴らしいことだと思います。

新しい令和の時代。作っていくのは自分たちです。令和が終わるころ、年齢を考えると想像もつきませんが(笑)まーだ生きていたら、令和の時代が一番良かったなあと言えるように頑張りたいと思います。


Love it,



7インチのフィン。活さんのテンプレットのフィンです。形としては70年代、シングルフィンのショートボードの時代に使われていた形だということは皆さんご存知だと思います。70年代当時の映像を見ると、これと同様の形のフィンが付いているのを多く見ることができます。

でも現在ではこの形を見るのは、ボンザー用のセンターフィンとして作られているのを見るくらいです。このフィン、個人的には好きなフィンなので少し残念です。大抵のシングルフィンに使えて、調子いいフィンなのです。

シングルフィンのボード(今回はロングボード以外でのお話です)に乗る人は興味を持っている人も含めて増えてきていると思います。海で見かけると興味があるのでついついチェックしてしまいますが、付いているフィンはこんな形のフィンが多いです。

トゥルー・エイムスのホームページから借りてきました。言わずと知れた、ジョージ・グリノウデザインのフィンです。イルカの背びれのレイクをヒントに作られたという名品です。

細身で、レイクが入ったきれいな形です。活さんのフィンではベースが狭いですが、WAHOOという形が同様のタイプとしてあります。

グリノウフィンの原型が作られたのは、1960年代の終わり。サーフボードの主流がロングボードだった時代のことです。ジョージ・グリノウのスプーンに使われていたこのフィンをロングボードに応用することで、新しい流れが生まれてきました。

このフィンが乗り手と作り手に大きな影響を与え、サーフボードのデザインとマニューバを変え、時代も変えてしまったと言ってもいいくらいに当時は革新的なデザインだったのです。それが、現在でもスタンダード的な存在として使われています。

どちらのフィンも現在のシングルフィンで使えるフィンなのですが、二つのフィンの違いを考えてみると、いろいろと面白いことが見えてきます。


グリノウフィンタイプは、レイクが効いているのでターンのときにはフィンの先端が粘ってくれます。ホールドしてくれる感覚です。一方の70sフィン(と呼ぶことにします)は、背が低くレイクも少ない分、ボードはルースになってきます。(同じボードで、同じ位置にセットしたという前提です。単純比較と思ってください)

ダウンザラインでは、70sフィンの方がスピードは速くなります。レイクが無い分、ボードは波のフェイスを抵抗なく滑り降りていってくれます。グリノウフィンタイプはフェイスをキープしようとする分、降りて行くスピードが遅く感じます(これも実際に何度か試してみて以前から感じていることです)

グリノウタイプのフィンが持つこのホールド力は、60年代後半に登場したVEEボトムやハルのようなデザインでは、ボードコントロールの上で重要なパートを担っていると言えます。

その後に登場してきたダウンレールというレール形状は、VEEボトムやハルのレールよりも、レール自体のホールド力とコントロール性が飛躍的に向上しているレール形状です(現在のシングルフィンでは、コンケーブやエッジという概念も加わっています)。

そうなってくると、使用するフィンにあまり主張が強く無いものをという選択肢も自然と出てきます。フィンに頼る部分少なくなっているとも言えると思います。

実際、60年代の終わりから70年代の初めにかけて(ボードデザインの進化にともなって)活さんたち当時のサーファーたちは、フィンを削ってどんどん小さくしていったそうです。

そうやって生まれてきたのが、最初にご紹介した70sタイプのフィン形状です。

それに関して、ネットに面白い話がありました。コーキー・キャロルのExploring the side slip dimensionという文章です。
https://www.ocregister.com/2017/01/13/corky-carroll-exploring-the-side-slip-dimension/

フィンの発明から始まって、シングルフィンのショートボードの時代になると波の奥のいいところをキープするためにサーファーたちはテールスライドを使い始めたというお話です(スラスターのテールスライドとは違います)

こんな文章があります。
Gerry Lopez was real good at that and wowed the crowd at the U.S. Championship at Huntington Beach by doing one right next to the pier on a pretty good-sized wave in 1969.

thatは文脈から、その前に出てくる、the “tail slide” to slip down wave faces and fit themselves deeper in to the pocket.を指しています。

さらに面白いのは、活さんが良く「ジェリーさん(ロペス)が最初に登場してきたとき、サイドスリップがすごく上手だったんだよ。」という話をよくしてくれることです。上のコーキー・キャロルの話と重なってくる内容です。

古い映像で、MP(マイケル・ピーターソン)がキラの波を滑っているときに、波のトップからボードを真横に滑らせるように降りて、そのままきれいにチューブに入ってしまったのを見たことがあります。

70年代はシングルフィンオンリーの時代でしたから、プロのトップのサーファーたちも全員シングルフィンに乗っていたわけです。自分とボードに合わせてフィンを削って、よりスピードが出るように、スライドしすぎないように、チューンアップしていたのだと思います。

そうやって考えてみると、シングルフィンというのは私らが考えている以上にまだまだ奥があるのだと思います。1本のフィンとレールを使ってサーフィンをするシングルフィンは、シンプルだと思います。でも単純じゃないということです。

シングルフィン、やっぱり面白いです。

ベン・アイパ。シングルフィン。リンク先でフルムービー(3分)見てみてください。




ゴールデンウィーク中のお休みは、4月30日、5月1日、2日の三日間です。その他は営業しております。営業スケジュールはこちらをご覧ください。

波乗りの動画で楽しませてくれる、NobodySurfさんのフェイスブックのカバー写真。クルマは日産スタンザ 5ドア?。バンパーがしっかりとしているので欧州仕様車だと思います。80年代のクルマですが、こういうデザインのクルマってもう作らないんでしょうか。


クルマもそうなんですが、もうひとつの注目ポイントはルーフのシングルフィン。グリノウフィンらしきフィンがついたSデッキっぽいシェイプです。

シングルフィンで使っているフィンの形について最近気が付いたことを書こうとしております。人気のグリノウフィンですが、シングルフィンの時代だった70年代の映像にはほとんどと言っていいほど出てきません。

グリノウフィンが作られたのは、サーフボードの主流がロングボードだった時代のことです。このフィンが乗り手と作り手に大きな影響を与え、サーフボードのデザインとマニューバを変え、時代も変えてしまったと言ってもいいくらいの革新的なデザインです。

でも、70年代には使われていないのはどうしてだろう?と考えていたら、シングルフィンのさらなる面白さに気が付いてしまいました。

昨日からそれをブログに書いてみようと思っているのですが、言葉にしようとすると、逃げて行ってしまう部分を捕まえるのに苦労しています。

70年代のシングルフィンについていたのは、こんな形のフィンです。


キーワードは、60年代にはなかったシェイプのデザインと、サイド・スリップ。

今年のGWの課題にいたします。

ツインフィン、速っ。フィッシュはもっとか?
波はありません。あったとしても今日は時間の方がないのでこの方が心やすらかに仕事できます。結局はゆるいオンショアのままだった昨日の方が良かったかもしれません。

借り物の窮屈なウェットスーツを着て、初めてパドルアウトしたときの海も曇りのこんな天気でした。そんな昔のことを思い出したのは、久しぶりに聞いた高中正義のせいか(動画で聞こえてます)。雨もよいのグレイの水平線を眺めるのも好きなのです。

GW前の出来上がりはこの一本、PRIMO 6’11”です。

カプチーノティントか、キャラメルティントか。どちらにしても美味しそうな色です。

私の6’9”と微妙な差ですが、アウトラインの感じは変わります。サーフボードって面白いと思います。(個人的には、7’0が欲しいサイズです)



出来上がるかな~と軽く期待していた、私のKK HULL 6’8”と、ストックのBONITA 5’10”はGW明けになりました。早く欲しいのはやまやまですが、楽しみが伸びるのは、楽しみが続くこと。楽しみに待つことにいたします。

PRIMOと同じ色なのは5’10”のBONITA。Hさん、出来上がったらご連絡入れます。もう少しお待ちください。


明日からGW。みなさん10連休ですか?うらやましいー。
お知らせ:4月26日(金)は午後2時開店予定です。よろしくお願いします。

はい、前にもいろいろとやってみた記憶はあります。でも、ダメだったんです。ぬるま湯で洗えば、ワックスは溶けてきれいに落ちるでしょうとタカをくくっていたのがいけなかったんです。タワシでこすって、これできれいになったと思って、干して乾くとやっぱりワックスが白く残ってしまって…。

昨日のブログで書いたジャージにこびりついたワックスの洗濯のお話です。たしか先週くらいだったと思いますが、「ウェットのワックスを落とすいい方法知りませんか?」とお尋ねいただいた方がおられました。

そのときは、いろいろやってみたけど落ちません。ダメでしたとお答えしたと思います。

そのときはそうお答えするしかありませんでしたが、出来ないと口にするのがくやしい性格なので、ずっと何かいい方法はないかと気にしていたのです。そこへ昨日の汚れたジャーフルが出てきました。

海に入って濡れてしまえば目立たなくはなりますが、それじゃあきらめというか妥協というのか、とにかくウェットマニアとしてはそれじゃだめでしょという探求心がムラムラとこみあげてきてしまいました。

それでやってみました。見違える黒さのジャーフル大作戦です。

用意したのは洗剤と雑巾。洗剤はライオンのスーパーナノックス、雑巾は家にあったやつですが、たぶん劇落ち雑巾という商品です。


スーパーナノックスを選んだのは、中性洗剤と無蛍光という理由です。弱アルカリの方が洗浄力は上みたいですが、ジャージ素材と縫い糸(つまり繊維)に優しいと思われる中性のものを選びました。無蛍光にしたのは、色が黒だから(シェイン・ホランみたいに白のジャージだったら白を際立たせる蛍光剤入りでいいかもですが、たとえが古いっすか)

洗剤は原液のままだと伸びが良くなさそうなので、3倍くらいに薄めてみました。それでも濃い感じです。

ワックスは表面のジャージにからまっているはずです。なので、つけ置きはしなくてもいいように思い、つけ置きなしで挑戦です。

写真無くてすいません。

浴室の床にウェットを置いて、雑巾に洗剤液を付けて軽くこすっていきます。やったところとそうでないところが分からなくなるので、パーツごとにやっていきます。

汚れが一番ひどいムネの部分と股の部分を特に念入りに、シャカシャカこすって、脇の下、お尻、ヒザ回りを順番に洗剤でこすります。使う水は、洗剤を薄めたときの水だけです。

ひととおり洗剤でこすり終わったらこんどは、もみ洗いです。これもやさしく。

すると、なんということでしょう。

もみもみしていると、汚れが一番ひどかったムネのまわりからワックスがポロポロ。まるで垢すりみたいに取れてきます。


こりゃー、今回はイケるんじゃないかと、ムネにつづいて股間とお尻、ヒザとヒザ裏をもみこみました。

所要時間は約30分。すすいで乾かしてみたらこんな感じ。

ムネはまだ少し白く残ってますが、その下の股の部分はきれいに真っ黒になってます。画像より実物はもっときれいに真っ黒です。

これは効果ありと言っていいんじゃないかと思います。

肩口です。ログに乗っている人ならお分かりいただけると思います。持ち運びで肩にかついだときに付いたワックスです。フラップ側は洗いましたが、肩先の方は洗い忘れました。洗ったところはきれいになっているのが分かると思います。


洗剤はドラッグストアで400円くらいです。使ったのはフタのキャップに二杯でした。残りはもちろん普通の洗濯に使えます。


洗剤は界面活性剤で汚れ(この場合はワックス)を浮かせて(落としやすい状態にして)除去するのが理屈なので、もしかすると洗剤液を塗ったあとに五分~十分くらい時間を置いてもみもみするといいのかもしれません。

このままでも十分きれいになっていますが、ムネと脇の部分をもう一回洗濯して、確かめてみようかと思ってます。

浴室の床とすすぎに使ったバスタブには、ワックスのくずみたいなものが残るので、奥さまに怒られないようにきれいに掃除するのも忘れないようにしてください。

ついでに風呂掃除しておけば喜ばれることと思います。

それと、柔らかい冬用のワックスは落としておくのも忘れずに。

Visitor Map
Create your own visitor map!