MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
10
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
ソックス(返信済)
(01/15)
(01/13)
(01/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
昨日のブログに貼り付けた動画、どこか懐かしい感じがして何度も観てしまいます。HOSHI REEF というのは、おそらくサンタモニカの少し北にある、いくつかのジェティ(突堤)の間にあるポイントだと思います。

いまの年齢になって思うことは、ニーボードや小さいフィッシュなんかに乗ったりもしますが、なによりロングボードのサーフィンのリズムと、自分のリズムが合ってきたように感じることです。

うねりを楽につかまえて、スムースに滑り出して波のいいところでボードのレールをセットして、真っすぐ立つだけ。

波のいい場所でボードのいい場所に立って、カラダに入れる力は最小限。余計な動きはしないで、そのまま滑って行くのが気持ちがいい。ロングボードだからできることです。

そのまま走っていくと波の先へ出過ぎてしまうようなところへきたら、おもむろに後ろ足を下げてボードの向きを変えます。新しいニーボードだったらテールがスライドしているかもしれませんが、丸いレールの大きなフィンのロングボードは大きなラインで、ゆっくりとボードの向きが変わってきます。

下の記事の動画の4分あたりです。Dフィンらしい穏やかできれいな動きだと思います。


あらためて、ロングボードやっていて良かったと思います。

明日は定休日。リペア工場とシェイプルームへ行ってきます。金曜日は波ありそうな気配です。寒さも本格的になってくるみたいなので、そちらの準備も忘れずに。

寒くなってもやっぱり波乗りですね。

先週ひさしぶりに乗ったロングボードですが、その前はいつだったかと辿ってみると11月のはじめ、ひと月とちょっと前でした。短いボードを引っ張り出そうという気になるような波が続いていたからです。

それで久しぶりにロングでやろうという波になったのは、そっちを考えろということだと思います。フラットロッカーにカラーフォームを入れたブランクスが届いたということは、私が自分用に頼んだブランクスもそろそろ。あらためて作りたいPIGの内容を整理しています。


今待っているブランクスで7本目のPIGです。

始めはアウトラインを作ることから始まりました。テール寄りにバランスがある独特のアウトラインですが、いろいろと作っているうちに数値と見え方は必ずしも一致しないということが分かってきて、自然なバランスに落ち着いてきました。

それからロッカーです。以前に何度か、「FLAT+D」などと書いたと思いますがDフィン独特のレスポンスを引き出すには、フラット(気味)なロッカーとの組み合わせが外せないと考えるようになってきました(FLAT+D、ブログのカテゴリーの「Dフィン」で読むことができます。さかのぼってみてください。)

そうやっていろいろと作って乗っているうちに、PIGの独特のレスポンスを生み出す要素がもうひとつあるんじゃないかということを考え始めたのですが、そうすると自分の中でできあがっていた、アウトラインの黄金比が変わってきてしまいました。

ふりだしに戻ったようにも思いましたが、そうではなくて途中から道が分かれてゴールが二つあるのだと思います。その分かれ道のキーワードは「安定と不安定」です。次に作るPIGでは、それを試してみようと考えています。

これが今使っているもう一本のPIGです。同じようなDフィンでロッカーは同じですが、乗ってみるとかなり違う二本です。この違いが面白いのです。


年明けから面白くなりそうです。

ご依頼いただいたミニPIG。レングスは7’11”です。きれいなアウトラインができました。これはBOXフィンになる予定ですが、9インチくらいのピボット系か、同じく9インチくらいのプリモ系のレイクフィンでばっちりだと思います。

個人的にはピボットタイプのクラシックな形のフィンを付けたい形です。

レールは50/50~60/40くらいのソフトレールで、ボトムも全体的にゆるいロールドボトムです。ノーズコンケーブは入りませんが、コンケーブ入りも面白そうです。短い分、ノーズ近いです 笑。

ロングボードと同じような感覚で扱えるサイズです。私も8’3”のミニPIGや8’4”のプリモを気に入って使っていますが、パドルやテイクオフはロングボードと同じで、ボードの動きが軽くなるのと(陸でも海の上でも)取り回しが軽いので、とにかく楽しみたいときにはフィッシュなんかと一緒にクルマに積んでおくと、いろいろな場面で活躍してくれます。

どちらかというとロンガーさん向けだと思います。うねりからのテイクオフはもちろんですが、パドルアウトで波をスルーするのもロングボードと同じ感覚で扱えます。

スープがきたらプッシングスルー、ローリングもしくはスープの上を越えていくテクニックが使えます。パドルのスピードと浮力を生かして、ロングボードと同じような感覚で波を越えてアウトへ素早く出ていくことができます。

この8フィートアラウンドサイズのロングボードですが、実はサーフィンを始めたころから使っている馴染みがあるサイズでもあります。

一番最初に作ってもらった9フィートの入門用ボードは一年も経たないうちにぶっ壊しました。これです。若いでしょ 笑。


それから手に入れたのが、本格的なクラシックな3ストリンガーの9’4”のシングルフィンと8フィートジャストのトライフィンでした。

今にして思えば、この8フィートが良かったんじゃないかと思います。

3ストリンガーはもう少し上手になってから乗ろうと大事にしまいこんで、ずっと8フィートで練習していました。

きちんとレールが入ってはじめてバックサイドに行けたのも、あの8フィートでした。20代中ごろの30年近くも昔のことですが、今でもそのときのことはちゃんと覚えています。ほんとです。

初心者がロングボードでやるには難しいマニューバの基本を一通り覚えたのもその8フィートのおかげだったと思います。

そのあとに手に入れたのが、HANSENのディケールにHAWAIIAN PRO DESIGNSのロゴが入ったドナルド・タカヤマさんシェイプの8.4くらいのシングルフィン。今はもう手元にありませんが、あればかなりレアなボードだったと思います。

サイズがあるときなど、いろんな場面で活躍してくれましたが、そんなことを思い出しながら作ったのが、8フィートのプリモでした。いまの8.4プリモはここから始まっています。

話がすっかり飛んでしまいましたが、7’11”楽しめると思います。ご期待ください。

こんなのも作りました。8フィートジャストのフィッシュシモンズはクリス・クリステンソン。2004年でした。

ストックのロングボードに使うブランクスが到着しました。これで今回もDフィンのPIGを作ってみようと思っています。

ストリンガーにはブルーのカラーフォームを使いました。カラーフォームをバスウッドのストリンガーで挟みこんだストリンガーです。

ロッカーを調節して、フラットなロッカーにカスタムしました。書いてある数字はストリンガーとロッカーを調整した数値です。フラット気味のロッカーになっています。


ロッカー、ストリンガーどちらもイメージしていた通りの出来上がりです。発泡はレギュラーのものより一段階だけ重いものにしています。一般的なクラシックボードと同じくらい(10~11キロ)になると思います。

もっと重たいのがイイ、という方にはもう一段階重くすることができます。オーダーのときに相談してください。

ストリンガーに使っているカラーフォームは、ブルーのほか、レッド、イエロー、グリーン、ブラック、グレイなどが使うことができます。ウッドの部分は、白木のバスウッドと濃い茶のダークウッドがあります。

今回は、1インチのカラーフォームを1/4インチのバスウッドで挟み込みました。カラーフォームとストリンガーのそれぞれの幅もご希望に応じて変えることができます。

このブランクスでシェイプしていただいて、8オンスのボランクロスでラミネートします。フィンはDフィンのグラスオン。フィンの色はカラーフォームに合わせてブルーです。

どんなPIGが出来上がるか、楽しみにしていてください。

ストック用のブランクスですが、このフォームで作りたい!という方がおられたら、それもOKです。作ることができるレングスは9’8”までで、BOXフィンやノーズコンケーブもOKです。ご連絡ください。

ストリンガーや発泡密度のオーダーはもちろんですが、ロッカーも変えられます。フラットすぎるのはちょっとという方は、少しだけロッカーを増やしてというのもOKです。ロッカーは難しそうで、という方は相談にのります。

ストリンガーのカスタムとロッカーを調整して、まずは試しにと作ってみたブランクスですが、良いモノが出来上がりました。オーダーの幅が広がって、カスタムする楽しさ倍増というもんです。

オフショアですが前日吹いた強風の残りの風波みたいで、形もサイズも良くありません…が、こんなコンディションでどのくらい楽しめるか?というのも私にとっては重要な命題のひとつです。でしょ?

初乗りは本当はいい波でしたかったのですが、こういう波もカバー範囲に入れているつもりのビッグフィッシュ、6’8”です。


実は良くなかったのは波だけではなかったことに海に入ってから気が付くのですが、それはあとで書くとして、結論から言うとこのビッグフィッシュ、予想の上を行きそうです。

滑り出しは言うまでもありません。この図体ですが、ドルフィンもまあできます。

波がアレなので、速いかどうかは分かりませんが、ダブルフォイルのキールフィンのセッティングとフィッシュならではのコンケーブボトムで、滑る感触はとてもスムースです。

タイミングよく、瞬間的に波がパキッとしたところにボードが入っていけたときの、ヒュンと加速する感じは、波のコンディションが整ったときを多いに期待させる感触でした。

活さんのシェイプですから、スピードが問題無いのは間違いないと思います。それよりも、一番気になっていたのはボードの動きです。

シングルコンケーブにパラレルなアウトライン、まっすぐグラスオンした両面フォイルのキールフィンの大きな長いフィッシュは、どうしても直進性が強調されがちになります。

その辺が果たしてどうなの?!といろいろと考えたシェイプにしていただいた結果…

動きます、この大きなフィッシュ。もちろんフィッシュの動きなので、トライやクアッドとは違います。フィッシュらしく、小さなサイズのフィッシュと同じ感覚でターンしていってくれます。

良いコンディションで波乗りするのが楽しみになってしまいました。ムネ・カタくらいのきれいなフェイスを滑らせたら最高だと思います。活さんのシェイプのおかげです。

昔もそうでしたがやっぱり大きなフィッシュ、好きです。
ビッグフィッシュ、こんなボードです。

それにしても波が小さいので、久しくロングボードをやっていなかったので、Dフィンを引っ張り出してみました。

ひと月以上ロングボードやってませんでした。久しぶりにパドルしてみるとデカイし重い 笑。このボード、重くない部類のはずなんですが、重くてたまりません。

しかもテイクオフして立ち上がると短いボードを引きずって、前足に乗っちゃう。必然的にボードは言うことを聞かず、ひっくり返ってばかり。アタマとカラダに変えるところを言い聞かせて、なんとかロングの感覚を戻すとやっぱりDフィンは面白い 笑。なんでも波を滑れば面白いという単純な私です。

ロングボードもやっぱり面白いです。Dフィンいいですよ。


いろいろと調子に乗って書いてますが、本当のことを言うとビッグフィッシュもDフィンもかなり必死になって(笑)やってました。

珍しく来た良さそうな波をフィッシュでつかまえて滑り出そうと、立ち上がった瞬間に足にチカラが入らずひっくり返りました。Kさん、目の前で突然ひっくり返ってすいませんでした。ブツからず幸いでした。

いつだかも似たようなことがありましたが、昨日は疲れは残っていなかったので最初は??でしたが、思い当たったのはアレ。

ニーボードです(フィンのキックです)

その前々日に新しいニーボードをみっちりやったせいで、両足首がダメだったみたいです(家に戻って、試しに床の上で立ち上がる動作をやってみたら、足首がカクっとなって引っくり返りそうになりましたから)

波だけじゃなくて、カラダもそんなコンディションでしたが、それでも大きなフィッシュは楽しめてました(Dフィンはそれなりに楽しめましたが、若干無謀でした)

こんなに足首にダメージ残ったのは始めて。イロイロなことをやると思わぬところにイロイロとダメージが出るもんですね。



それで今日は朝起きたら身体がバキバキ。ほぐしてあげようとゆっくりゆっくり走ったトレイルがきもちいい冬晴れでした。


足首はまだ不自由ですが、ビッグフィッシュはこれから楽しみです。そして、ニーボードやった後は気を付けないといけないことを学習いたしました。
明日はロングボードかなと思いつつワックス塗ってみました。6’8”のビッグフィッシュです。ロングの代わりに小波でも遊べるボードです。


ワックス塗っていたらやっぱり長いなあと思い、もう一本のBONITAフィッシュと並べてみました。短いのは5’6”です。


シェイプルームへ行く前に少しできればうれしいです。


10代、20代の頃に聞いていた音楽を思い出しては買ってます。今日はフィッシュだけに、こんなので。なつかしい~。想像できんでしょうがこういうので、ベースを抱えて飛び跳ねていた時代もあったのです 笑。


午前6時半。ようやく明るくなった海です。太陽はまだもう少し。画像では分かりませんが、富士山の後ろの空がピンク色で、雪で真っ白になった富士山とのコントラストに寒いのも忘れて見とれてしまいました。冬はそんな楽しみもあります。


波はコシくらい。持っていったボードは、8’4”のプリモとおニューのニーボード5’6”です。潮はこのあと引き一杯で上げに変わることと、沖では西風が吹き続けているのでもう少し上がってくるかと、ニーボードを試してみることにしましたが、それで正解でした。

写真のポイントは混みそうなので、夏の台風のときにニーボードでよく入っていた少し西側のリーフへ移動してみました。

いままで乗っていたのと同じに見えるかもしれませんが、今日がお初のニューボードです。


レールを薄くした分、浮力は落ちているように感じます。でも特に問題はありません。滑り出しはもしかするとその浮力分遅くなっているかもしれません。でも安定感というか、信頼感は変わりませんから、思い切って突っ込めます。

レールの浮力が落ちているので、波に入れやすく掘れたところでもコントロール性が出ているように感じました。それプラス、強くなったロッカーです。この二つでボードの反応はとても良くなっていると思いました。

スピードは今まで乗っていた方が速いように感じます。ロッカーとレールのボリュームだと思います。少し遅くなった分、ボードの反応が敏感になっています。

今までのボードはどちらかというと、波のフェイスをドライブさせるのが面白かったのですが、新しいボードでは波の際どいところにもっと近づいていけるように思います。その場所で、どんなレスポンスをしてくれるのかが楽しみです。

新しいニーボード、とりあえずはいい感じです。

ウェットは今日からセミドライ。AXXE CLASSICのロングチェストジップの4/3㎜です。

前回寒かった、3㎜フルスーツ + グローブの実験はやめときました 笑。でも今日は太陽が出ていたので、3㎜でも大丈夫だったと思います。

ロングチェストジップ、防水性は本当に高いし動きやすいです。ウェット脱いでみたら背中や肩、胸まわりは濡れてませんでした。下半身は海水というよりは…ナイショです。

今日はこんな感じですね。
YOU TUBEで見つけた、フィッシュを自分で作っちゃおうという楽しい動画。目を覆いたくなる場面もありますが(笑)こういうの好きです。

動画、いくつかに別れてグラッシングまであるので、彼らのチャレンジ見てみてください。

最初は、フィッシュをシェイプしたいとラ・ホヤのミッチーズにブランクスを買いに行きます。このショップのオーナーさんはカツさんのお友達。クラークフォームの時代からブランクスを調達してもらっていたそうです。

最初に作りたいボードに合うブランクスを選んでいます。自分が欲しいアウトラインが収まるか?作りたい形にボリュームは足りているか?ロッカーはどうなのか?

サーフボードに詳しくても、普通はまずここで引っ掛かります。ショップに並んでいるもの、ひいきのシェイパーが作ったボードを見てよく知っているつもりでも、ゼロから形にしようとすると、どうやっていいのか皆目見当がつきません(経験談です 笑)

ブランクスを選んでいるのはたぶんスタッフだと思われます。5.10RPという品番をチョイスしたようです。私のニーボードに使っているのと同じ品番です。幅があってフィッシュを作るのに適した材料です。発泡はレッド。軽い発泡です。

あとはみんなでよってたかって…いろいろありますが(笑)楽しそうです。プロじゃないので、それでばっちりだと思います。

だれもが最初はそこから始まります。そして、それが職業になってしまったのがシェイパーさんたちです。

そんなシェイパーさんたちのイベント、カリフォルニアで10年ちょっと前から開催されている「THE BOARDSROOM SHOW(旧SACRED CRAFT)」来年の5月17日、18日に日本でも開催されるようです。

https://japan.boardroomshow.com/

サーフボードはいつも触って、見て、波に乗っているので自分のボードがどうなっているのかは良く知っていると思います。そのサーフボードを形作るのがシェイピングですが、シェイパーそれぞれの理論とシェイピングの方法(技術)があります。

レールやボトムの形状を言い表す言葉はたくさんあります。でもそれらが作られる過程は、とても感覚的なもので、それらが形作られる過程にこそ、シェイパーの感性がこめられていると思います。

職業柄(?)、私は文章でサーフボードを説明する場面がたくさんあります。実はそれは洋服の上からかゆいところを掻くような、もどかしい作業でもあります。シェイパーの仕事を目で見て、触って、感じることができる環境にいると、最終的に出来上がってきたものに、そのものの形や存在以上の「何か」を感じるからです。

日本のボードルームショウがどういう形になるのかはまだ分かりませんが、実際のシェイプが見られると思います。普段はなかなか見ることが難しいシェイプルームです。秘密にしている訳じゃないと思います。粉まみれになるし、仕事の邪魔だし(笑)、いろんな理由でブラックボックス的になっているシェイピングという「聖域」に触れることができ、サーフボードがより身近なものに感じられるようになるのではないかと思います。

そして、もし自分でもシェイプしてみたいなあという人がいれば、フォーム選びとお取り寄せくらいはお手伝いいたしますよ。


90年代のロングボードシーンにかかせないサーファーの一人だった、レイ・グリーブ。トレードマークのロン毛は短くなりましたが、もうひとつのトレードマークだった、ドロップニーターンは健在。渋いです。

Visitor Map
Create your own visitor map!