MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3
7 9 10
17
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]


自分のシングルフィン(9.9 グライダー)をふくめて、フィンを考えています。トライフィン、クアッド、BOXの追加などいろんな依頼をいただいて、突然のフィンのオンパレードです。

ボードを見ながら考えていると神経衰弱の素になりそうですが、考えるのが楽しいというのも事実です。

普通のトライフィンならフィンの位置はどれもほぼ同じなので、考えるのはフィンのベースと高さ、そして全体のかたちです。フィンの形はベースからフィンの先端(ティップ)へ行くにしたがって、だんだんと細くなっていくのがほとんどですが、活さんのバナナフィンのような形もあります。


先が細くなるのは、波のトップアクションや適度なルース性を生み出していると思います。一方の活さんのフィンはベースはそれほど広くはありませんが、全体的に幅があります。

これらのフィンはニーボードで使っているものですが、全体的にボリュームがある活さんのフィンは、ダウンザラインのスピード重視です。カーブするときのホールド感がしっかりしていて、気持ちいいカービングができるので気に入っています。

トライフィンといっても、人それぞれの乗り方をすると思います。波のトップで急激に板を返すような動きには不向きですが、ダウンザラインと大きなカーブ主体のサーフィンをする方には、このバナナフィンは面白いのではないかと思います。ボードで言えば、活さんのホットマンゴーのようなボードです。スピード出ます。

クアッドはテールが広めのアウトラインになることが多いと思います。相性が良いのです。

セッティングの考え方がたくさんあるのもクアッドの特色です。フロントとリアフィンの大きさのバランスだけでなく、フィンを取り付ける位置と向き、そして角度。それらによってフィンの大きさとフォイルも変わってきます。

ややこしいですが、クアッドの面白いところ。シェイパーの推奨の組み合わせのフィンが付いてくるとは思いますが、一般ユーザーは百人百様、レベルも波もさまざまなのが難しいところです。

個人的には、センターフィンが無い感触が好きです。



そして、今一番悩んでいるシングルフィン 笑。ここ数日、頭の中は9.9のグライダーのフィンのことばっかりです。トイレ、風呂の中、眠りに落ちる直前まで考えていたりします。


ちょっと前に、先端にもうちょっとボリュームがあるフィンの方がいいかなあと書きました。

いろいろと考えていましたが、このラウンドピンテールとフィンの組み合わせを考えても特別なものはありません。これまで乗ってきたラウンドピンのロングボードとそれほど変わりません。あたりまえの組み合わせだと思います。

このフィン、実際測ってみたら10インチより大きいし、カタログやネットの画像でたくさんのフィンと見比べてみましたが、この手のレイクフィンとしてはそれほど差があるとは思えなくなってきました。

それで考えていたら、気が付いたことがひとつあって、次はそれをこの同じフィンで試してみようと思っています。意外と簡単なところで解決するかもしれません。ラウンドピンが好きだとは言え、乗るのは久しぶりです。自分の間違いもあるかもしれません。

といつつ、試してみようと取り寄せたフィンもあるので、それも合わせて次回試してみようと思います。

お楽しみに。私も楽しみです 笑。
数日前に貼りつけたイシカワさんの動画に活さん、強力にインスパイアされたようで、こんなボードをシェイプしちゃったようです。

7.3のダブルエンダー。シングルフィンです。ボトムはプリモのようなシェイプだったと思いましたが、出来上がったらもう一度見せてください。


この動画です。フィンBOXを両方につけたシングルフィンで、オフザウォールをリーシュ無しでサーフィンしています。


他の動画もありますが、ツインフィンをきれいに乗りこなしています。ぜひ関連動画見てください。ツインはルースでクィックなターンのイメージがあるかもしれませんが、本来はこの人のように速いダウンザラインとスムースなラインがツインフィンらしいサーフィンです。

やることも個性的なら、ボードも個性的でサーフィンも個性的なラインでスタイリッシュです。どこかの何かで見たようなサーフィンじゃないところが、波乗りは自由なもんだとたっぷり主張しているみたいです。

ダブルエンダー、出来上がりが楽しみです。

オーダーいただいたパイポボードが出来上がりました。オイル塗って準備OKです。




風が入って、サイズはヒザ。それでも浮力と重量のおかげで十分に滑ってくれるのはロングボードならではのお楽しみ。きっちりインサイドまで乗っていけます。

9.9のグライダー、慣れてきましたがコントロールのツボにハマるところまではもう少しです。インサイドまできちんと乗り継いで行ってプルアウトして、おーいい感じだぞーというときがあるかと思うと、途中で思い切りひっくり返るときもあります。

思うに、ボードのスピードに自分が付いていけてないというか、スピードを制御出来ていないというか、そんな感じじゃないかと思います。

可能性としては、フィンを考えています。

今使っているのはこういう形状です。高さは10インチ。ラウンドピンのテール形状とテール幅とのバランスを考えても、まあ妥当な組み合わせだと思います。




でも、なんとなく自分にはしっくりこないんです。一度なんて、思い切り後ろにひっくり返ってボードを前にすっとばしてしまうという、ビギナー級のワイプアウトしました。

そう言えば以前、9.6で同じラウンドピンテールのクリステンソンのC-HAGに乗っていたときと同じ感じかもしれません、というのはたった今思いついたこと。C-HAGで使っていたのは、9.75のグリノウフィン。ロングにこのフィンは好きじゃないって、昔書いたと思います。思い出しました。

こんなのです。


今、このブログを書きつつ、確信しつつあります 笑。

プリモの8.4では、同じ形の8.5インチで全く問題無いというか絶好調なのであまり考えないで、この9.9もそのまま同じ形で10インチに大きくしたものを選びました。

もう少し先っぽにボリュームが欲しい気がするなあと、書こうと思っていました。やっぱりこれは違うフィンを試してみる価値は多いにありそうです。

ログにこういう細長いフィンを付けるのが人気なのか、ネットや雑誌ではこのフィンが付いている写真や動画を良く見ます。

誤解が無いように書きますが、この組み合わせがダメということではありません。これが最高、という人もきっといると思います。(個人的には、ボードがもうちょっと軽ければこのフィンでいいんだろうなあと思います)かっこよくても、合わない人もいるということです(私です)。

ボード自体はとてもいいです。これまで乗っていたログとは比べ物にならないスピードです。9.9の長さですが、十分にグライダーだと思います。このグライダーのスピードをできるだけロスせず、制御できそうなフィンを探してみることにします。

以前、11フィートで使っていたのはこんなのでした。高さは11インチ。


先日貼り付けたイシカワさんの動画以来、ハワイのこの人の動画が面白くて良く見ています。これはワイキキのクィーンズ。ノーズに乗ったままずーっと乗っていけるきれいな波は、ハワイに行ったことがある人は知っていると思います。

いつもたくさんのロコで賑わっているポイントです。子供たちもみんな上手で、観光客の出る幕はほぼありません。

その気になりやすい私は、これを見ていてなんか楽しそうだなあと、ひさしぶりに昔乗っていたようなマニューバ用のロングボードが欲しくなってしまいました。マニューバ系と言っても、宗旨替えしてパフォーマンスロングということではなく、あくまでもハワイアンスタイルです。

どんなのがいいかと考えてみました。

クリステンソンのラインアップはいまはほぼシングルのみです(ロングです)。以前は、コンプノーズやらリーフモデルやらあったのですが、今はそういう時代ということか。

カツさんなら、TIKIあたりが良さそうです。ロングボードのサイズ、9.0~9.2くらいにしてもらって、ボリュームを全体的に落として重量は軽めで、フィンはシングルスタビではなく、トライフィンなんかどうでしょう。

波に乗れて、マニューバをイージーに楽しめるフツーのロングボードのイメージです。TIKIのトライフィン、面白いかもです。

どーせすぐに、やっぱりシングルが…などと言い出すんでしょ、とお思いだと思いますが、たぶんその通りだと自分でも思います。それでも、夏のお楽しみ用にやっぱりちょっとやってみたいなあ~と思ったりしております。

かつて、私はそういうのたくさんやりました。マニューバ系が主流だった時代もありましたから。もし、これを読んでいるあなたがロングボードで波乗りをスタートして、マニューバ系のロングボードをやったことが無ければやってみる価値があります、というかやるべきだと思います。

個人的にはクラシックなロングボードのマニューバは大好きです。でもあれはけっこう特殊で、ログならではの乗り方です。60年代です。

ボードが軽く短く、そしてフィンが変わることによって生まれてくるマニューバ(とそれに伴うカラダの使い方)があります。先でボードが短くなることがあるかもしれません。ログのコントロールに役立つこともたくさんあります

マニューバ系には興味が無くても、とりあえず60年代のマニューバから先へ進んだこともできるようにしときましょう。

ボードをロングじゃなくて短くしてマニューバ、という発想もありますが、ロングからスタートしていると違う部分でもクリアすべきことが出てきてしまうので、まずは慣れているサイズでやる方が手っ取り早いと思うのです。

2:50。上手過ぎですが、こんな感じが目標。誰かとボード換えたんでしょうね。


AXXE CLASSIC納期のお知らせです。4月8日(日)までのオーダーで、GW前ギリギリ間に合います(28日到着予定)オーダーお待ちしております。


さてさて、ユーズドボードと乗ってみようと隠し持っていた新品・未使用の秘蔵ボード、アップしました。ユーズドはどれもグッドコンディションで秘蔵ボードはグッドプライスです。

MENEHUNE BEACH STOREホームページ、チェックしてください。

アンダーソン エッジボード 6’4”


カツカワミナミサーフボード 3フィンボンザー 6’3”


お馴染みのこいつ。どなたか乗ってやってください。9’6”


名匠ハンク・バイザックシェイプのMRツイン 5’8”。かつてエンシニータスの丘の上に工場があったCHANNINです。


クラークフォーム使用、シリアルナンバーとフルハンドシェイプのサインが入ったクリステンソンのフィッシュ 5’8”。詳しくはボードブログ見てください。


どれも、いい板です。




先日、テレビをつけたままストレッチをやっていたら、映画「海街diary」が始まりました。NHKのBSです。尻の横を伸ばしながらそのまま見ていたら、見た人には分かると思いますが、長澤まさみさんの足のアップから映画が始まりました。

最初に見たときにも、大胆な始まり方だよなあと思いましたが、カメラはそのままアタマの方へ。そのまま女優さんが寝ている枕元までカメラが動いていったら、見覚えのあるものがテレビの画面に映し出されました。

この方です。


以前、映画できましたよと言われて見たときには、後ろにあるグリーンのデイジー・シェーンの版画が写っていたのには気が付いたのですが、ちゃんと見ていなかったみたいです。

女優さんの彼氏がサーファーだという設定ということで、それっぽいものを貸してくださいという依頼で、若いサーファーの独り暮らしの部屋には渋すぎるよなあと思われるようなモノをいくつかお貸ししました。

映像に出て来たのは、上の二つだけだったみたいですが、部屋全体は写らないところも全部作ったそうです。

グリーンの版画は、アンドリュー・キッドマンにもらったもので、今年のAXXE CLASSICの春夏のカタログにファミリーで登場している、デイジー・シェーンがGLASS LOVEに登場したときの映像を版画にしたものです。DVDのジャケットにもなってます。

すっとぼけた人形は、カリフォルニアのフリーマーケットで箱入りでいくつか購入したものの最後のひとつです。

気がついている方は気が付いているかもしれませんが、ショップのショーケースの中にいつもいます。最後のひとつなので売り物ではありません。私のです 笑。

すっとぼけた顔していますが、長澤まさみさんのベッドシーン(寝てただけですが)の枕元で、やっぱりすっとぼけた顔してた奴です。

もしかしたら、女優さんが手に取って「何これカワイイ」なんて、指で弾いてスプリングでつながったアタマをボヨヨーンと揺らしたかもしれません。絶対やったと思います。すっとぼけつつ、女優さんに可愛がってもらったに違いありません。

…と、勝手に思い込みつつ大事にしてやろうと思います。

うらやましい 笑。

「海街diary」日本の映画らしい、いい映画だと思います(登場するのは見覚えのある風景ばかりだし)
日本の映画、いい映画たくさんあるんです。古いものから掘り起こしていってみると面白いですよ。

これTHE BANDのカバーですが、いい感じです。
オーダーいただいたウェットスーツが出来上がってきました。これから使える、3ミリのフルスーツです。

AXXE CLASSICの3フルです。バックジップの人気がまた戻ってきています。冬のフルスーツではなく、水温、外気温ともに上がってきた季節用です。

真冬用の3mmフルスーツというのもありますが、それとは違います。冬用は防水性も高く、裏地が付いていたりと気温と水温が低い時期でも寒くないように作られているので、同じ厚みでもこれからの季節には暖かすぎ(暑く)になってしまいます。

首のパーツの高さが低くなっていたり、手首や足首が切りっぱなしだったりと、スーツの内部に熱がこもって暑くなりすぎないように作られています。その分、締め付けが少ないのでカラダはやっぱり楽です。

外気は暖かいけど、水温は春から初夏もあいかわらず低いんです、という海域の方には冬と同じスタイル(ロングチェストジップやエアドームなど)の3mmがあります。そうでは無い地域でも、気温が下がってくる、秋から初冬に重点を置いて考えると3フルでも保温性が高いスーツというチョイスもありです。

どれも伸縮性が高い素材を使っていますので、パドルや動きの軽さはどのスタイルでも問題はありません。(私も3フルはバックジップです)

それぞれの使い方に応じてお作りしますので、オーダーの前にじっくりご相談してください。納期は、ZEROは2週間程度、AXXE CLASSICは3週間ほどで出来上がってきています。

書いていたら、AIDENTIFYの春夏のカタログがちょうど到着しました。店頭にありますのでどんどん持っていってください。



そして、暖かくなってきたなあと感じさせるもうひとつのアイテムはトランクスです。

今回は、どちらもネイビーのショーツ。ナルトトランクスのTHE BANDとGERRYが出来上がってきました。

海ではさすがにまだ早いですが、陸上用のショーツとしてなら出番はもうすぐです。

裏尾根の広場の桜は今が満開。春ですね。




自作のボード、ヒモ無しで、このサーフィン。かっこいいです。真ん中あたりで出てくる、おっさんのサーフィンも渋いです。


この波にもリーシュ無し。リアルワタメンです。


AXXE CLASSICさん、ぜひこの人にタッパーのサポートをお願いします。

トラックもかっこいい。こういうラップは好きです。


FIN

9’9”グライダーのフィンはこんな感じです。高さ(エーゴでは「深さ」という表現になります)は、10インチ。いまさら言うことでもありませんが、サーフボードにとってフィンは重要なパートのひとつです。フィンひとつで、ボードの性格が大きく変わったりすることはよくあることです。

その変化をまさに今、多いに実感しているのが自分自身です。

ここしばらくDフィンやら何やら、古くさい形の大きなフィンばかり使っていたので、いまいちまだこのフィンに馴染んでいません。ボード自体は重たいグライダーですが、反応と動きはそれをほとんど感じない軽さです。

その軽さを作り出しているのは、ボードのアウトラインとレールのエッジ、そしてこのフィンです。スムースにターンさせたいとは言え、9’9”の長さですからどうしてもテールを沈めた、ピボット的な動きになってきます。

それをつい今までのDフィンと同じようにやってしまうと、どうもぎくしゃくした動きになりがちです。より軽く動かせるはずなのに、ターンに苦労しています。

フィンの話というよりは、愚痴になってきました。

だからと言って、Dフィンを付ければ良いという話にはなりはしませんが、若干とまどってはいます。サーフボードはそれぞれがひとつの機能として存在していますから、それに合わせるのは乗り手の方です。

スラスターに乗っている人が、シングルに乗ってリッピングができねーと言ってみたところで仕方ありません。そのボードに合わせるのは乗り手の方で、どこまでそのボードを理解して、そのボードに合った乗り方をできるかというのが、本当の技量だと思います。

今回はロングボード同士ですが、性格が違うふたつのボードです。短いボードに乗り換えるときと同様に、意識を変えることが必要になってきます。

まあ、今回はそんなに難しいお話しじゃありません。

1966年にワールドチャンピオンになったナット・ヤングが、ボードのサイズを10フィート以下にして、それまでの大きなフィンの代わりにジョージ・グリノウのフィンを使っていたというのは有名な話です。サーフボードが短くなるきっかけと言われています。

でもナット・ヤングもフィンをグリノウフィンに代えたとき、ボードをうまく操るためコソ練したそうです。(秘密兵器のフィンですから)人目が無いブレイクで新しいフィンに慣れたという話を何かで読んだことがあります。

人目をはばかる訳ではありませんが、今まさに自分がその状況なのです。きっとナット・ヤングも最初はずいぶん不安定になるフィンだなあと思ったに違いありません(これは勝手な憶測)。

とりあえず次回は、フィンをもう少し後方へずらしてみようと思います。(それだけでも変わるもんなのです。今回はシングルですがボンザーなんかだったら、それで豹変したりします。)


さて、画像は6’9”のプリモです。デジカメでは再現しにくいブルーなのでただの青に写ってます(本当は気持ち薄めの藍色です)が、こんな感じです。出来上がっても結局のところ、デジカメですから微妙な青の識別は困難な模様。でもかっこいでしょ。デッキのパッチは入れずに正解。


これのフィンは最初の画像と同じ形の8インチです。こんな感じ。こちらは問題無しです。
Visitor Map
Create your own visitor map!