MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
5
9 12 14
16 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
エアコン(返信済)
(07/15)
(07/09)
(07/09)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
2018年6月7日。湘南某所のシェイプルーム。ノックも無しにドアを開ける私の目に飛び込んできたものは…。

幅の広いラウンドしたテール、強いロッカー、レールの鋭いエッジ、そしてこのコンケーブ。


長さは5フィートほどで、注目するべきはその薄さです。ゲージで挟み込んで測ってみると、2インチを割り込んでいます。


ニーボードです。


シェイプしているのは、川南活さんのお兄さん。ZEROウェットスーツ主宰の川南正さんです。

川南正さんのニーボードの歴史は、1969年までさかのぼります。最初のインスピレーションは折れたロングボードのリシェイプ、というのは数年前のサーファージャーナル日本版にリクさんが書いた記事で読んだことですが、この辺は東西問わず同じ理由だというのは想像に難くありません。

スティーブ・リズ氏はピンテール好きだったので、最終的にフィッシュの形になったのですが、正さんはおそらくラウンドテールの方が良かったのでしょう。ボトムのコンケーブはどちらも同じです。私も一本持っていますが、実際かなりいいようです(自分で乗ってないっす)

フィンはグラスオンのトライフィン。薄すぎてFCSは無理だと思います。今シェイプされているのは二本。こちらもやっぱり薄いです。


出来上がりが楽しみです。

変わったサーフボード好きの方たちがよく「変態ボード」という言葉を使いますが、これらに比べればまだまだ生易しいかと…。


ウィングは入っていませんが、以前ご紹介したこのボードによく似ています。
最近、また問い合わせが増えてきた(少しだけですが)のが、8フィート台のプリモ&TIKIです。ロンガーさんが多いみたいです。



個人的には、ご存知だとは思いますが8’4”のプリモが大のお気に入りです。いちばんの特長は、波にたくさん乗れて、とにかく楽しめるところ。乗り過ぎ注意です。

個人的にシングルフィンが好きだというだけで、サイドフィンが付いたTIKIも楽しさでは同じです。ラウンドノーズのTIKIはノーズライドもOKです。

いつも8’4”なので、どうしてこの長さなのかな?と思われているかもしれません。もちろん、8’0でも8’1”でも、8’3”でも問題なく作ることができます。

8’4”の理由は、もとのフォームの長さが8’4”だからです。8’4”でデザインされたブランクスフォームです。端から端までフルレングス使っちゃいましょうという発想です。8’4”でもロングボードとくらべれば取り回しはぜんぜん軽いし、波のキャッチやパドルアウトが楽になります。

もともと楽しめるサイズレンジですから、いろんな意味でできるだけさらに楽しくという私の発想です。

プリモもTIKIも、ノーズからテールまで長~くしっかりとコンケーブが通っています。コンケーブと言うとノーズコンケーブを思い浮かべるロンガーさんには、まずこのコンケーブの感触が新鮮だと思います。うねりを滑り始めたときから、コンケーブを感じます。

スピードが出ます。本当に速いです。

長いコンケーブが入っていますが、動かしやすく考えられたレール形状とエッジのおかげで動きは軽いです。

テールのフィン回りはコンケーブが入ったボトムよりも高い位置(ボトムを上にして見ております)にエッジがあります。ターンのときにはここがとても効果的に働きます。

例えばカットバック。フロントサイドからテールを回り込んで、カカト側のレールがしっかりと効いている感覚が体重の移動と一緒に回り込んできて、シングルフィンとは思えないくらい大きく戻っていく動きが楽にできます。

TIKIは、サイドフィンと(プリモには無い)テールロッカーとVEEの組み合わせで、ほんとうに軽い体重移動でボードが回ってきてくれます。

反応の良さと取り回しの軽さは、重いロングボードでは大変になってくる波のサイズではとても有利になります。テイクオフはロングボードと同じで余裕があります。パドルアウトもしかりです。パドルスピードが速いのです。スープを越えていったり、ボードをローリングさせて波の下に潜り込むのもロングと同様の貫通力があるので、沖へでるのも速いです。

クリックすると動きはじめるライダーは、川南活さん。ボードは8’4” TIKIです。詳しくは書けませんが、よーく観察するとボードのスピードが分かる映像です。

rush hour #surfing #surfer #beach #typhoon #typhoonswell #rushhour #congestion #funwaves


Isseki Nagaeさん(@isseki_nagae)が投稿した動画 -




サーフボードのデザインを作るのに集中していて、気が付いてみたらお日さまが沈んでしまってました。脳のエネルギー使いすぎで、思考力低下してます。すいません。

アタマもエネルギー使いつくすと、カラダと同じですっきりするもんです。夕暮れ時が気持ちいいと感じるのは、仕事した証拠かしら 笑。

なので、さらりとウェットの話で誤魔化してしまいます。

オーダーいただいていたウェットスーツが出来上がってきました。

真っ黒で、どこのスーツやらすぐには分かりませんが、袖に小さく黒く蓮の花のロゴがついています。アレです。


ジッパーレスのウェットスーツが一般的になったのは、15年くらい前からでしょうか。背中にジッパーがない動きやすさに感動したかどうかは、正直なところ覚えていません。

動きやすさや暖かさを強く実感しはじめたのは、AXXE CLASSICのネックインスーツや、ゼロのエアドーム系の、サイズに余裕があるスタイルのウェットスーツが出始めてからです。ネックインは同じ機能を持つ、着脱が簡単なロングチェストジップへさらに進化しています。

最初に着たジッパーレスを思うと、すごい進化だと思います。

でも、最近はまた昔ながらのバックジップを選ぶ方が増えてきています。私も昨年作りました。


これはSTEAMER。ネッスル素材が出始めたときに作ったのですが、これには感動したのを覚えています。

何に感動したかと言うと、ネッスル素材の動きやすさです。いまでは当たり前の素材ですが、最初はこれはすごいと思いました。ジッパーレスよりインパクトありました。

バックジップを選ぶ理由はそのスタイルです。やっぱりバックジップ、かっこいいのです。

これからウェットが軽くなる嬉しい季節ですが、夏のウェット、タッパー類も自分に合わせて作りましょう。動きやすさが違います。オーダー料もいただいてませんので、夏の準備はお早めにどうぞ。

私はこれを着て波乗りするのが楽しみです。昔のスウィムウェアをイメージしたショートジョンです。これもいつでも作れますので、ご相談ください。


うねりはかすかにありますが、朝の7時が上げいっぱい。今週辺り梅雨に入りそうですが、梅雨時期は前線の動きに注意です。前線の南側で吹いている南寄りの風のエリアが沿岸に近づいてくると、うねりが入ってくることがあります。台風もできそうな気配です。

痛かった耳は気が付けば普通に聞こえるし、痛みもなくなっていました。まだしばらくは触らないようにしますが、海はもう平気そうです。耳栓忘れないようにします。いろいろ面倒くさいです。

最近、10~15キロくらいの長めのロードを走るのが面白くなっているのですが、今日は距離より高低差。階段昇り降りの「ロッキー」コースです。

近所にこんなところがあるのです。目の前の階段を写真には写っていませんが、一番下まで降りて、向こうに見えている階段を登って戻ってきて一周です。階段は150段。


痛めたフクラハギは治りました。これはなーんとなく動かした方がいいような痛みかなあと思って、フクラハギ(正確にはヒラメ筋)の負担が少ない走り方で、様子を見つつゆっくり走っていたら治りました。

薪は割り終わりました。毎年思うのですが、薪割りって身体のいろんなところに効いていると思います。カラダ中充実している感じがあって、とても調子いいです。


それで、今日はロッキー7までやって(7周)階段をたっぷり登ってから体幹&瞑想。薪割りやってたせいか、それまでの体幹メニューが物足りない感じです。

妙に元気なのです 笑。

最近、オーバーワークにならないような、チカラの抜き方が分かってきたような気がしてます。コメントをいただきましたが、歳取ってきた分それだけカラダのメンテナンスが重要になってくると思います。

海に入れなくても、海で元気に動けるカラダをキープするのも、KEEP SURFINGです。

普通に楽しめれば、それで満足です。

今日はコレ。YMO TONG POO 1978

先週末、ドイツへ仕事で行っていた女房が帰ってきたのを迎えに、羽田空港まで届いたばかりの新しいカングーで行ってきました。

実は今年になってようやく、携帯をガラケーからスマホに替えたのですが、知らないうちに(笑)世の中すっかり便利になったもんで、ドイツにいてもフランスにいても、ネットにつながるところなら顔を見ながら話が出来てしまうのにいまさらながらビックリ。

ひと昔前だったら、パソコンを立ち上げてメール、というのが海外にいる人との主なコミュニケーションの手段でしたが、そのへんにいるみたいに顔をみながら簡単に話ができてしまいます。しかもお金もかからないなんてやっぱりすごい。



それで、空港へ行くのには高速道路を使うのですが、スマホに続いてようやく、E・T・C…笑。初めてです。いままでずっと、料金所のおっちゃんに小銭を渡してました。

エンジンをかけると、ETCのカードリーダーの女の人が「カードを認識しました、有効期限は…」と話かけてくれるのですが、これで本当に料金所のあの赤と白のバーが開くのかいな?とビクビク。

第三京浜の都筑で初挑戦。幸い、交通量が少ない時間帯だったので後ろにクルマはいません。

いままで行き慣れた「一般レーン」の窓口のおっちゃんのところへついつい行きそうになるのを、「ETCレーン」へ突入です。もういちどミラーで後ろを確認しながら、小銭渡せるくらいにスピードを落としてますが、気持ちはGO FOR IT!か、EDDIE WOULD GO!です。

まあ当たり前ですが、通せんぼしていたバーがパッと開いたときの安堵感といったら…。



それで、無事第三京浜に乗って安心する間もなく、これまた初めて通るルートに挑戦です。

新しくできた横浜北線です。空港行きのバスでは何度も通っているのですが、自分で運転して通るのは初めて。

ちなみに横浜北線というのは、第三京浜の港北インターから新横浜あたりの地下を通って、生麦から大黒ふ頭経由で湾岸線につながっている首都高速道路です。

それまでは、羽田や成田へ行くのに第三京浜を横浜まで行って、本牧から湾岸線に入るルートだったのに、横浜、本牧、ベイブリッジをショートカットしてしまう新しくできたルートです。

ベイブリッジルートは何度も通って慣れているのですが、初めてのルートで、しかも分かりにくい首都高なのでかなり緊張 笑。

港北インターのジャンクションのランプウェイがとっても高いところを走っていて、眺めは良いんですが、この道いったいどこへ行っちゃうの~?と緊張をさらに高めてくれるのです。


入った分岐に不安になりつつ、前方に見慣れた湾岸線に合流しているのが見えたときの二度目の安堵感。ワキ汗びっしょりです。

無事、羽田空港国際ターミナルに到着しました。都筑のインターから30分もかかりません。ETCのゲートも空港まで三回。30分前の緊張はもう遠い昔のことです。



到着ゲートの建物に隠れていますが、エールフランスの特徴がある尾翼が止まって、こちらも無事到着。

事前精算機で料金を支払ってクルマへ戻り、パーキングの出口へ向かいます。

精算機に近づくと、何もしていないのにゲートが開きます。一瞬、ETC?と思いましたが、そんなあっちこっちETCで開くはずがありません。駐車券を入れようとしても入らず、「出庫してください」という声が…

駐車券をあらためて見ましたが普通の磁器式の券です。事前精算済みなのがどうして分かるの?


不思議でたまらなかったので、あとで調べてまたビックリ。

パーキングに入るときに、クルマのナンバーを機械で認識して、発券した駐車券とクルマのナンバーを自動的に関連付けているそうです。

それで、出庫しようと料金所に来たクルマのナンバーの駐車券が事前に精算済みだったら、自動的にゲートが開いて出庫できるしくみだそうです。駐車券の右下、よく見たらクルマのナンバーが印字されてます。

いろいろと、up to dateした一日でした。


up-to-date;【最新式の、現代的に、アップトゥーデイト】
日本語では「アップトゥーデイト」ですが英語発音は「アップタデイト」です。


世の中どんどん便利になってますが、古いクルマに喜んで、シングルフィンだのDフィンだの言っている私です。自分で使うものは、便利さよりもやっぱり好きなものです。

料金所のおっちゃんに「どうもー」と言って窓を閉めながら走り出すことももう無いのかなあと思うと、なんか物足りない気もしますが、こっちは便利な方が良さそうです(安くなるし)



ルノー・カングー 1.6。2003年から15年間乗ってきた相棒です。走行距離は158000㎞。見た目はだいぶヤレてきましたが調子よく走ってくれていて、20万キロオーバーが目標だったのですが、思わぬ出会いがあって乗り換えることにしました。

最長10’2”まで中に入るし、ミッドレングスならかなりの本数が積めます。サーフショップのお仕事でも、写真のようにルーフキャリアを使うことはほとんど無かったくらい、たくさん積み込むことができました。

大きなハッチバックのドアは、雨の日の着替えの強い味方だったし、日除けや海で弁当食べるときのトンビ除けの強い味方でもありました。燃費も悪くないし(街乗りで10~11キロ/ℓ)、波乗り車としては言うこと無しでした。

もともと、気に入ったものは、古くなっても大事に使い続ける性格なので、本当にまだまだ乗るつもりだったんです。

でも出会ってしまいました。

年式は2年新しいだけの2005年ですが、走行距離は50.000㎞で、年数は経っていますが車体も内装もきれいな同じカングー 1.6。1日だけ悩んで、乗り換えることにいたしました。

新しい相棒は、グリーンです。


車体はきれいだとは言っても、古いのには変わりありませんから、走行距離が短くても経年による劣化が進むところを点検&整備してもらって、一昨日無事に納車となりました。



同じ型式ですが、細かいところは違っています。一番の違いはバックドアです。カングー1.6のハッチバックは、2003年に少しだけ入ってきただけで、ほとんどが観音開きのダブルバックドアです。

ハッチバックの方が何かと便利ではあるのですが、無いものは仕方がありません。無い物ねだりというものです。

内装は同じで、外装の鉄板そのままむきだしと樹脂の組み合わせ。メーターパネルも全く同じ、ルノー特有のもっちり気持ちがいいシートもそのまま(腰に優しいのです)。ヘッドレストの形が微妙に違っているくらいかな。

ぜんぜん軽くないパワステも同じ感じで、運転している分には内装の鉄板の色が違うことに目が行かなければ、車が変ったという感じはありません。ミッションのクセがちょっと違うかな?これは学習機能があるので、私のクセを覚えてだんだん最初のカングーと同じ感じになってくると思います。

長年乗っていたので、やっぱりちょっと寂しいですが、これからはこのグリーンのカングーが代わって活躍してくれることと思います。


という訳で、イエローのハッチバックがかなりレアなカングー、ここで販売される予定です。港北の都筑インターのすぐ近くにある、モストロコルサという欧州車専門の整備工場で、このタイプのカングーの整備には定評があります。私はずっとここにお願いしていました。販売できるようになったら「ブログ」にアップしますと言っていたので、気になる方はチェックしておいてください。

2014年に124.000㎞でタイミングベルトを交換してます。昨年の夏にエアコンを全部交換しているので良く冷えます(まだまだ乗る気まんまんだったのがお分かりいただけると思います)車検は今年の12月まで。まめに整備とパーツ交換していましたので、まだまだ走ってくれると思います。差し当って必要なのは、タイヤ交換くらいなはずです。

カングー、こんな車です(昨年のブログです)









お知らせ:5月31日(木)、6月1日(金)はお休みいたします。よろしくお願いいたします。


9’8” PIG、ただいまラミネート中です。いちおう9’8”と言っておりますが、もう少し長いかもです。細かい数値よりも調子よく削ってもらいたかったので、ブランクスの端から端まで使えるところは全部、というサイズです。出来上がったら測ります。

あ、幅は23”です。



高密度発泡で、きめが細かくクラシックボードらしい、しっかりとした重量があるブランクスです。ストリンガーは、3/8インチのレッドシダー。ラミネートしてしまうと分からなくなりますが、シェイプ中は木材のいい香りが漂ってます。活さん、シェイプしながら香りに癒されてました。

ラミネートは、8オンスのボランで包みます。デッキとフィン回りには補強のパッチ。このボランクロス、海でみるといい色です。天気が良い日は、海と空の青を吸い込んだみたいなきれいな薄いブルーに変わります。

フィンは、Dフィンをグラスオン。他に選択肢はありませぬ 笑。

Dフィンって難しいと思ってませんか? そんなことはありません。Dフィンのレスポンスは過激で、とてもロングボードらしいのです。以前に書いたブログを読んでみてください。

PIG、出来上がり楽しみにしていてください(自分が一番楽しみだったりしてますが…)

ウェットがいろいろと出来上がってきております。

AXXEのロングチェストジップ、春秋用の3mmです。プレミアムゴールドラバー、やっぱ柔らかいです。しかも柔らかさが持続します。冬用と違って、首回りはシングルで軽くなっております(水温が低い地域の方にはダブルネックもあります)もうひとつは、ZERO。ジッパーレスの3/2mm。EXTENDのジャージの手触りはやばいです。


明日もロングボードで出来るくらいありそうです。海入りたいですが、耳痛くなくなったので「治ったかなー?」と綿棒でつついたら、また逆戻り(反省)。完治するまで触らないことにします。

真空管。知ってますか?子供の頃、オーディオやテレビの後ろのパネルのすきまから、中身はどうなってんのかな~と覗いてみるといろいろな機械の間で細長いガラス球が光っているのが見えて、なにやらわくわくしたものです。

温まらないと働きません。スウィッチを入れてポワッと光ってからしばらくしないと、音も画面も写りませんでした。視覚的の温かみだけでなく実際の温かさもあったわけです。

真空管が普通に使われていたのは、小さな子供の頃までだったと思います(今年で54でございます)。その後、真空管の機器は残りつつも、トランジスタに変わって機器もコンパクトになっていきました。変化の流れは今も昔も同じです。

以前も書きましたが、10代の中頃から20代の初めごろまでずっとベースギターを弾いていた時期がありました。それで、ハタチくらいの頃だったと思います。渋谷に真空管の古いベースアンプが置いてある貸スタジオがあったのです。

その真空管のアンプが大好きで、よくそのスタジオを利用していました。そのアンプに当時使っていた自分の古いフェンダーのジャズベースをつなぐと、何とも言えない温かみがあるいい音が出ていたのです。


とても大きなアンプで自分の身長ほどもあったように記憶しています。電源を入れると中がホワッと光って、つないだベースの弦をはじいていると真空管が温まるにしたがって音がボン、ボンとだんだんと響いてくる感じが大好きでした。

真空管のアンプの音が本当にいいのかどうか、理屈の上では分かりません。でも自分の耳と身体と心には、とても心地よく響いてくる音でした。後ろを覗いてみたら真空管の光が見えて真空管っていい音出すんだなあと思いました。

あれから30年以上が過ぎて、あの真空管を思いだして、自分の仕事もあのアンプみたいなものだったらいいなあとしみじみ思っています。

そんな昔のことを突然思い出したのは、海に行けず、空いた時間で見ていた昭和30~40年代の映画や小説のせいかもしれません。

映し出される風景も人々の行動も今とは違います。情報は少ないですが、真空管アンプの音と同じような独特の空気感があります。私にとっては、とても懐かしい雰囲気です。

たとえば、シェイパーである活さんの作業。ウレタンフォームの塊りに線を引いて、切り抜いて、レールやボトムをシェイプしていって出来上がるサーフボード。やっていることは50年前も今も同じです。

もう数えきれないほど見てきたことですが、いまだに一本一本の出来上がりにわくわくしてしまいます。

シェイパーが作り出すものに対して、私はこの真空管のアンプを通した音のように、理屈ではなくて感覚的に特別なものを感じています。活さんの仕事はそんな雰囲気があると思います。

その感じていることをできるだけ多くの方々に響かせることができたら素晴らしいなあと思っています。






















明日、5月28日(月)は都合でお休みいただきます。来週は金曜(6月1日)もお休みの予定です。ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

耳の痛みは無くなりましたが、耳道がかさぶたでふさがっているみたいで、左耳がほぼ聞こえておりません。人と話していても、街を歩いていても自分だけなにかに包まれているみたいで不思議な感じです。

妙に落ち着いてしまう、と言うのか静かな気分です。いつもと違うので調子が出ません。いつもならスラスラ出てくる(笑)ブログの文章も、いまいち滞りがちになってしまいます。

耳は無理につつくとまた傷つけてしまいそうないので、以前みたいに自然と抜けるのを待つことにします。調子が戻るまでもう少しだけお時間ください。

波乗りも再開…と思いましたが、しばらく波無さそうな気配です。フクラハギはもう大丈夫そうなので、そちらは明日から再開することにします。

小波から楽しめるラウンドノーズのクアッドフィッシュは6’0。予定どおり、極小波で楽しんでいただいているようで嬉しい限りです。

フィッシュに乗りたいロンガーさんにもお勧めです。

KK

KK at sea. primo single fin 7'3"

Visitor Map
Create your own visitor map!