MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
4 6 7 9
12 14
17 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(03/20)
(03/03)
新作(返信済)
(01/29)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
PCの調子がなんとなーく悪くて、嫌な予感がするのであわててデータのバックアップを取っております。5年くらいやっていなかったので、溜まってしまってました。マメにやっとかないとダメですね。

毎日、何気なく使っているパソコンですが万一ハードディスクのクラッシュ、なんてことになってしまったら…考えただけでも怖ろしい。

シェイプの画像や、出来上がったボードの画像などはほぼすべて写真を撮って、分類して保存してあります。それだけに、万一にでも消えてしまったら立ち直れません。

これは、2004~5年くらい。まだ今のようにたくさんのモデルができる前で、いろいろと試行錯誤を繰り返していたころです。これは幅広なアウトラインのフィッシュ系。フラットボトムで速いボードでした。


同じころです。


OKIDOKIのプロトタイプです。8.4くらいか。2分過ぎくらいから、フランスのギタリーで乗っているのがこのボードです。


TIKIやPRIMOの8フィートプラスのモデルはこういうところから生まれてきています。

21世紀に入ってからの活さんの歴史の一部でもありますから、大切なデータです。


以前にも書きましたが、ホームページを新しくしようと勉強中です。今のホームページは、前世紀に作った、ネットショップがまだ珍しかった時代のものです。すっかり旧式で、ネットショップの体裁も為さなくなっています。

当時はスマホなんてありませんでしたから、モバイルフレンドリー度がゼロに近いサイトです。それでも結構な数の方に来ていただけているのは、本当にありがたい限りです。

なので、もっと見やすくしようと、すっかり新しく変わってしまったウェブ制作の世界にとまどいつつもなんとか頑張っております。使用するサーバーの候補を決めて、新しいドメインもいくつかアタリを付けています。

何もかも違うので、画像の加工もすべてやりなおしです。10年以上書き続けているブログも同時なので、途方に暮れてしまう作業量ですが、覚悟決めてやるしかなさそうです。

すっかり回転が悪くなった頭ですが、なんとか頑張ってみようと思います。

BONITA フィッシュのユーズドボードが入荷しましたとお知らせしようと思っていたら、それより早くお電話いただいてしまいました。ありがとうございます。代わりにJUNTAさんのBONITAフィッシングの動画です。

ボードは、BONITA 5’6” シングルフォイルキールフィン。


先日、さわりのところだけお知らせしたAXXE CLASSICのオートジップシステムの続報です。

オートジップシステムというのは、インナーフラップが背中のジッパーの上げ下げと連動して上下することで着脱時の邪魔にならず、着替える際のストレスが軽減されるしくみです。

こんな作りになっています。

インナーフラップが背中のジッパーを上げ下げするヒモとつながっているので、フラップの上端が内側へ入り込んで行方不明になるストレスが解消されています。

ジッパーはロングチェストジップで使っているのと同じ、伸縮性があるジッパーでとても軽く上下して開閉してくれます。

ロングチェストジップをお使いの方はよくわかると思いますが、これが胸に横一直線に付いていてもパドリングを含めて身体の動きの妨げになることは全くありません。着用しているときにジッパーの存在を感じることは無いと思います。

そんなストレスフリーのジッパーを背中に使っています。

そして画像を見ていただくと分かると思いますが、ジッパーを取り付ける縫い目がありません。接着のみで十分な強度が得られるので、ジッパー以外の背中にかかるストレスがなくなっています。

インナーフラップが連動するのも画期的だと思いますが、このジッパーを使っているということの方が個人的にはバックジップスタイルのウェットスーツにとってはもっと大きな意味があることのように感じます。

それくらい柔軟性があるジッパーです。

それから、もうひとつ画期的だと思う点は首回りです。従来のバックジップの首回り(同じAXXE CLASSICです)はこんな感じです。


そしてオートジップシステムの首回り。


ふたつの違い、判りますか?

オートジップシステムの首回りは、首の後ろで重なっている部分のパーツが無くなっています。首の後ろがラバー1枚になっています。


首のパーツが少しだけ前傾した姿勢、ちょうどドルフィンをするときの姿勢にフィットするような角度で取り付けられています。

ですのでより首を起こす姿勢のとき、たとえば気を付けの姿勢や、パドリングで胸をそらす姿勢では首の後ろにぴったりとフィットします。それでも柔らかいラバーが1枚だけなので、首の後部へのストレスがありません。

実際に着用してみましたが、首が楽です。バックジップのウェットで波乗りをすると首の後ろに疲労感が残りますが、このネックだとノンジップタイプと同じように首への負担が少なくなると思います。

首にフィットするので、防水性も高くなります。

個人的にはこの首回りが一番重要ポイントではないかと思っています。今回はこのウェットスーツは、まだオール2ミリのフルスーツのみの展開です(保温性が欲しい方は、2ミリの裏起毛タイプがあります。)

この首回りで、ぜひ作って欲しいウェットがふたつあります。

ひとつは、オール2ミリのロングスプリングです。私はロングスプリングという概念があまり一般的でなかった時代から、ショップでお願いして作ってもらっていました。

当時はオール3ミリか、3/2ミリで作ってもらって重宝していた記憶がある(湘南、千葉南です)のですが、最近思うことは、3ミリだと「暑い」ということです。このオートジップシステムと首回りのオール2ミリのロンスプがあれば、かなり重宝するのではないかと思います。

首が楽で動きやすい、2ミリのロンスプ、ぜひお願いします。

もうひとつは真冬用です。

現在、冬のウェットでアドバンスドバックジップというモデルがあります。ロングチェストジップと同様に防水性が高く、動きやすいバックジップスタイルのウェットです。

本当はバックジップスタイルが好きなので、それを冬も着たいと思うのですが、ネックインタイプのネックベルトでも首がダメだった私は、アドバンスドバックジップのインナーの低いネックでも、アウターネックがプラスされたらたぶん無理。

今回のこの首まわりは防水性が高そうなので、この楽そうな首回りをなんとか応用できないものかと、かなり強い期待を抱いております。そっちの方もぜひお願いします。

と、いろいろな可能性を大いに期待させるオートジップシステムのオーダーキャンペーンを開催するそうです。


まずは、2月の末ごろにこのウェットスーツのサンプルが私のところに到着します。

そしたら皆さま、店頭にチェックしにいらしてください。

そこでウェットの写真を撮影していただいて、所定のハッシュタグを付けてSNS(フェイスブック、インスタなど)にアップしていたければ、その時点でAXXE CLASSICのキーホルダーをプレゼントします。(ベルトにつけられます)お金は町田への交通費のみ。


「SNSなんてやってないもん」という方も大丈夫です。私の携帯で撮影して私のアカウントでアップさせてもらってもOKだそうです(もちろん、お顔は出しません)

そして、オーダーいただけた方には着替えや車のシートに敷いて使える、マルチパーパスシートをプレゼントいたします。ぼんやりした画像ですいません。こんなんです。


もちろんオーダー料はいただきません。



今回、オートジップシステムはオール2ミリのフルスーツオンリーです。2ミリのフルスーツの使用する時期は、これまでの3ミリのフルスーツを少し前倒しした時期とお考えください。

シーガルのシーズンくらいから使い始めます。そもそもはシーガルの代わりという位置づけが強いです。そして袖がついている分、シーガルよりも長く引っ張れます。湘南だと11月いっぱいくらいかな。

ウェットの下にエアスキンのインナーを着れば、12月も行けると思います。利点としては、3ミリよりも動きやすいところ。そのスタイルで寒くなったらセミドライです。インナーは冬も使えますので無駄はありません。

3ミリと同じように使えるのが欲しいという方には、2ミリの裏起毛タイプがあります。それなら、3フルと同じ感覚で使えます。

そんな感じで考えていますが、まずはサンプルスーツの出来上がりを待つことにいたします。キャンペーンスタートはそこから。届いたら、このブログでお知らせいたします。

波上がりましたね~。北が弱まったのか昼頃が良かったみたいです。昼の約束が無ければ仕事ほっぽり出せましたが、約束は約束、仕事は仕事。仕方ありません。(…と書いていますが、基本的には営業時間は守ってますので)

次はほっぽり出します。

活さんは、プリモをシェイプ中です。ちょっと太めのダークウッドがアクセントになっています。


プリモのボトムコンツアー。このカタチがスピードとシングルフィン以上のマニューバを生み出すマカ不思議なボトムです。似たカタチは見ることはあっても、同じものはありません。



プリモはいろんなサイズを乗ってきました。今度はこれで8フィートジャストのサイズでシェイプしてもらおうと思っています。



8フィートはまだ、ロングボードの範ちゅうです。ロングボードと同じ意識で波乗りできるサイズです。

8.4もいいサイズですが、それより少しだけ身軽になって、こんな感じのサーフィンがイメージです。


ダークウッドのストリンガーは少しだけ時間がかかります。お早目にご相談ください。


先週、シェイプをご紹介した新しいBOOGIE、ラミネート中です。クリアだと丸いノーズが大福みたいです。こんな大胆なシェイプはやっぱり活さんならではですが、デザインソースは70年代です。

サーファーは、リノ・アベリラ。70年代の初頭に活さんは、リノ・アベリラがこのボードで滑るのを見て、そのスピードに驚いたそうですが、BOOGIEはそこから生まれてきたモデルです。


クラシックなフィッシュが、いわゆるMRツインに進化する途中のデザインが元になっています。



このBOOGIEはストックです。お楽しみに。
気象庁の午前9時の予想図は、相模湾沖で南西が0.8m。北東のうねりが強くて伊豆半島の沖のうねりは湘南には入ってこない北向き。1.2m/12秒です。千葉北、茨城はサイズありそうです。

西うねりも少しありますが、こういうときはうねりはどうなるかというと…よくわかりません。うねりが強い方(北)に消されてしまいそうです。

波が小さいということは確かだと思います。ダメもとで行ってみようか…は結構チャレンジャーかもしれません。

これはずいぶん前の2月の波。良いときにはこんなのが毎週立つときもあるんですが…


さて、どうしましょうか?

AXXE CLASSICの新製品、AUTO ZIP SYSTEM(AZS)のご紹介動画です。オートジップシステム、クルマのオートマウィンドウみたいに背中のジッパーがボタン一つで自動的に上がり下がりするのか?と思っていましたが、そんな訳はありません。

背中のジッパーの内側には、ジッパーから浸みてきた海水を背中に直接触れさせないように、インナーバリアが付いていますが、そのインナーバリアがジッパーと連動するしくみです。

これまでのインナーバリアは、背中のジッパーを閉める前にインナーバリアの端を首に通すしくみになっていました。首で固定することで、ウェットの中のインナーバリアの生地が折れ曲がらないような作りになっていました。

実はこれ嫌いだったんです。だって、首に通す部分が内側に入ってしまって、あとはジッパーを上げるだけの状態になっているウェットの背中のジッパーのあいだから手を入れて引っ張り出すのがひと苦労…。おまけに、首まわりが苦しいのは苦手です。

何度、この首回りの部分だけ切ってしまおうと考えたことか(でも、切ると今度はインナーバリアがウェットの中できれいに広がらないのです)

このしくみなら、首回りの部分は不要ですし、インナーバリアがジッパーと一緒に下がってくれるので、ウェットの開口部が広がって、脱ぎ着も楽です。

ちょっとしたことですが、ずいぶん快適になると思います。冬場はチェストジップですが、春秋はバックジップ派(やっぱりバックジップがかっこいい…)の私には嬉しい「AZS」です

これからサンプルスーツを作っていただいて、皆さまのオーダー受付は2月末ごろからの予定です。首回りのストレス大幅軽減ということ、使用するラバーがオール2ミリで、伸縮性があるストレッチジッパー使用というところにも、いろいろと秘密がありそうで、ウェットマニアの私としては楽しみなところです。

オーダーフェアでは、いろいろとプレゼントも用意されているみたいですので、どうぞお楽しみに。

ウェットの詳細はまたのちほどご報告いたします。



長いプリモのブランクスができあがっているみたいです。8’4”がお気に入りですが、今度は8フィートジャストで作ってみようと思います。この方のボードは、7’10”だそうです。

DEEPEST FACES from Michael H. Kew on Vimeo.



7フィート前後のミッドレングス、9フィート以上のロングボード、どちらも海ではよく見かけるサイズですが、そのあいだの8フィート代のボードは意外と少ないように思います。ロングボードともミッドレングスとも違う感覚で面白いんですけどね、8フィート。



乗ってみてくださいとロングボードをお借りしました。90年代に自分でもお気に入りで乗っていたことがある、キャリフォルニアのシェイパーさんのシェイプです。オフセットのグルーラインと、バスウッドをカラーフォームで挟み込んだストリンガーがおしゃれです。

テールは私のピンクのMINI PIGみたいなワイドなテールです。アウトラインにも特徴がありますが、ボトムのシェイプもかなり個性的です。


上から、ノーズ近く~センター~フィンBOXの前方の順番ですが、どこをとっても強いドーム調のVEEになっています。フィンの直前なんか、レールの位置から1インチくらいVEEが深く入ってます。すごいです。レールはエッジの無いソフトレール。厚くもなく、薄くもなくといった普通の感じです。

60年代の後半、サーフボードがどんどん短くなっていく直前の時代のボードによくみられるデザインです。おそらく、ジョージグリノウの影響を受けたシェイパーたちの流れを汲むデザインだと思います。ナット・ヤングが66年の世界大会で乗っていたのもこんな感じのボードでなかったかとも思われます。


ボトムのVEEやロールはロッカーとのコンビネーションでボードを傾けやすくし、ボードをカーブさせるのを助けてくれます。コントロール性を生み出しているわけですが、それが強すぎるとボードはルースになってしまいます。

それをおぎなうために、レールにエッジをつけ、VEEのそれぞれのパネルにコンケーブを入れる(ボードが傾いたときにホールドさせるため)のですが、このボードのようなクラシックなデザインにはそれがありません。

カリフォルニアのマリブのようなどんどん前へ走ってくようなポイントブレイクで使うボードに、同じようなデザインがあります。そういう波ではスピードが出るのです。ディスプレイスメント・ハルが、そこから生まれてきたデザインだと言えばイメージしやすいかもしれません。

ネガティブな要素としては、よりフラット気味なボトムよりも波の上において水流に働きかける部分が少ないということです。それじゃあコントロールが難しい…と言うのはその通りではありますが、正解でもありません。

難しいのではなくて、違うのです。コントロールの方法がいつも乗っているロングボードとは違う可能性がある、ということです(初心者向けとは言い難いですが)。

たぶん、かなりあると思います。ボードの特性に自分がどう乗っかるかということでもあります。

とりあえずはコンケーブもエッジもない強い曲線のボトムだったら、水の流れに働きかける部分、ホールドしてくれる部分を大きくしてあげればいいんじゃないの?ということで、最初はこんなフィンで乗ってみようと思います。

面白そうです。

1966 Nat Young



明日は早朝だったら少しできそうですが、無くなるのも早そうです。また今回も家で寝てた方がいい感じか?そういうときに限って、良くなったり…笑。
ロケットフィッシュという種類のサーフボードがあります。起源は分かりません(知らない)が、クラシックなフィッシュのデザインに、フィンの形状やセッティング、VEEなどのマニューバの要素をプラスした、モダンな(?)フィッシュのことです。

クラシックなフィッシュはスピードは速いですが、その分マニューバにそのデザインの弱点が出てしまうことがあります。そのクラシックフィッシュにマニューバしやすい要素を盛り込んでいったのがロケットフィッシュです。

先日、活さんと話しているときに、現在「ヌシ」と呼んでいるスワローテールのツインフィン(もしくはツインスタビ)モデルの原型になったフィッシュの話になりました。

10数年前のことですが私も乗ったことがあるフィッシュで、調子よく乗れていたボードだったのでよく覚えています。

それを再現したボードがこれで、こんな感じのアウトラインでした。2007年の画像です。


ダウンレールのボリュームをキープしながら、センターの厚みを落としているのでコンケーブデッキになっています。

ボトムはテールにVEEが入り、シングル~ダブルコンケーブです。フィンは片面フォイルのキールフィンが、角度を付けてセットされています。

クラシックなフィッシュはもちろん好きです。マニューバに弱点があっても、それ以上の気持ちよさと面白さがあるのは、何度も書いているとおりです。そんなクラシックなフィッシュにこだわってはいますが、マニューバの要素を加えた、あのときのロケットフィッシュにもう一度乗ってみたくなってきました。

フィンはBONITAでも使っている、シングルフォイル用のキールフィンの形。


KK FISHのフィンもよさそうです。


私は上のフィンかな。VEEが入ってくるので、BONITAとはかなり違ってくると思います。ノーズは少し絞り気味ですが、幅広のアウトラインには変わりありません。それにプラスして、コンケーブとダウンレールが組み合わさった独特のデッキの形状です。

かっこよくないはずがありません。もうすっかり、その気になっている私です 笑。

活さんに相談です。
Visitor Map
Create your own visitor map!