MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
ロングボードというと、一般的には9フィート以上の長さがあるものということになっているようですが、これもやっぱりロングボードだと思っているのは、おなじみ8’4”のプリモです。


ロングボードが9フィート以上、というのはコンペティションでのカテゴリー分けをする上での基準の数字です。競技の上では必要なことだと思いますが、私みたいにただ楽しむためのサーフィンなら、特にこだわることはありません。実際、楽しいです。

と言っても、サーフショップをいろいろと覗いてみても、8フィート代のサイズのボードにはなかなか出会いません。おそらく需要が少ないからだと思います 笑。

それに、やっぱりどこかで、9フィートという数字が刷り込まれているんじゃないかと思います。

「8’4”の長さ(8’2”でも8’6”でも)もロングボードです」ということに明確な根拠がある訳じゃありません。感覚的なものです。それは、パドルアウトで波やスープを越えていくときや、うねりを滑り出すときの感覚などが9’フィートプラスのボードと同じように感じるからです。

おそらくそれは、5~7フィート代のサイズのボードにも乗っているから感じたことだと思います。ロングボードの感覚が出てくる境目は、8フィートくらいだと思います。

私はロングボードが大好きです。ご存知の通り、Dフィンがついた重めのクラシックなロングボードばかり乗っています。小さな波でも気持ち良く滑ってくれるし、コントロールする楽しみもおおいにあります。

そんなときに、8’4”を持ち出してみると同じように楽しむことができます。違うのは長さと重量ですが、同じ感覚で楽しむことができます。8’4”の方が軽い分(4キロくらい違います)お気楽で、それも楽しさにプラスされていると思います。

一番面白いのは、今日はログではちょっと大変かなあとためらうようなコンディションのときです。もっと小さなボード、たとえばフィッシュなんぞを持ち出してもいいのですが、そんなときにはベストな相棒になってくれます。

もう一本の、8’4”のTIKIはサイドフィン付きでこれも面白いボードです。私はシングルが好きなのでプリモ派ですが、サイドフィンが付くことで、動きはさらに良くなっています(プリモはシングルですが、動きはおそらく皆さんの想像の二つくらい上を言っていると思います。これは乗らないと分かりませんが…)

そして、そろそろシェイプの順番が回ってきそうなのが、8’6”のPIGです。丸いレールでフラットなロッカー、フィンはDフィンのグラスオンのクラシックなシェイプで考えています。

8フィート以上、9フィート未満の「ロングボード」の可能性をもっと試してみたいと思っています。とりあえずは、8’6”のPIGが楽しみです。


DEEPEST FACES from Michael H. Kew on Vimeo.


昨日は定休日。風はあれでも、潮まわりはちょうど良さそうな時間に通りかかるのがここです。遠くからブレイクしている波はヒザ。運良くフェイスを走れる波に当たると、岸まで乗ってこられます。

こういう波でも楽しめるのは、お気に入りのこれ。8’4”のプリモです。

ログより短くて軽い分、小回りが効きますが浮力は十分ロングボード。重くてフラットなログよりもイージーなので、お気楽に遊べます。波のたるいところも止まらずに滑っていってくれます。

ロングボードに乗っている人が持っていると、絶対に楽しめるボードです。昨日みたいなコンディションから、オンショアピューピューのとき、そして一番楽しいのはやっぱりサイズがある波。そんなときには、重たくて長いロングボードで入るよりも楽しめます。

要はいろんなコンディションで面白いということです。

昨日もかなり暑かったので、短時間で切り上げようと乗っては戻りを繰り返していたら、やばいくらいに暑くなってきました。念のため入る前に500㎖のポカリスウェットを一本飲んでおいて良かったという感じです。

波乗りでは熱中症にはならないと思っていましたが、最近のこの暑さでは、気を付けていないと危ないかもしれません。

トランクスだけよりも、Tシャツを着ていれば濡らして体温を下げられるし、帽子もかぶっていた方がいいと思います。来週末からはお盆休暇ですが、自分だけじゃなく、一緒に来ているお子さんや奥さまには海に慣れている皆さんが気を使ってあげましょう。

いままでの夏とは暑さが違います。お気をつけください。

BONITAフィッシュ 5’6”が入荷しました。

お抹茶色オリーブティントとも)のティントカラーです(。ダークウッドのストリンガーでキリっと引き締めました。

5.8のライトブルーのBONITAのシェイプがやばいなあ~と毎日のように撫でさすっていたら、この5’6”もやばいっす。活さん、すごいです。

何がすごいかは見に来てください。遠くの方は画像だけでもぜひ。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ

サーファージャーナルの表紙にもなっていた方ですが、ロングボードはこう乗るもんだといわんばかりのライディングです。

映像をみていて思ったのですが、サーフィンが上達する秘訣って、失敗をおそれずに思い切りよく波乗りすることじゃないかと思いました。

周りを気にせず、思い切りできる場所、ボードをすっ飛ばしても大丈夫そうな場所を探して、好きなように身体を使って波に乗ってみる。人が多いところで周りに気をつかいながら波乗りしていると、自分らしい動きがどんなものなのかなんて、なかなかつかむことは難しそうです。

最近の人の多さでは、なかなか難しいのかもしれませんが、自分自身のことを思い出してみたら、誰も居なくてラッキーなんていう場面、結構思い出せます。

明日はこいつを積んでおくことにします。移動の途中で「乗れそうな何か」があれば、少しでもできればいいなあと。

見るだけでも暑い画像ですいません。ラバーの裏側はもふもふの起毛だなんて想像すると、苦しくなってきます。

でも、これが無いと海に入れない季節は確実にやってきます。たった数か月後のことです。

まあ、毎年やってますのでもうみなさん慣れていただいたと思いますが、今年もやります。AXXE CLASSIC ロングチェストジップ、真夏(から秋口)のオーダーキャンペーンです。

第一弾は、8月10日(金)から。柔らかさが持続する、好評のプレミアムラバーですが、今季はゴールドじゃなくてブラック。

プレミアムブラックラバーです。ラバーの柔軟性が従来品よりも長持ちするのは、プレミアムゴールドと同じです。違うのは内側です。

画像も何にもなくてすいません。言葉でお伝えします。

色はブラックだけに、黒(いままではゴールド(黄土色))の起毛素材。繊維メーカー、旭化成のストレッチエナジーを使っています。ストレッチエナジー、というのは素材の伸縮で発熱する高機能性素材です。それを裏地に使い、水を全くと言っていいほど含まない素材(あっと言う間に乾きます。ほんとです)を使ったもふもふと組み合わせました。

昨冬に作ったロングチェストジップは暖かくて、もうこれで十分でしょうと思っていたら、さらに暖かそうな素材になってしまいました。もう汗かきそうです。

加えて、さらに暖かくなるオプションも用意しています。おそらく皆さんの想像の上を行くオプションだと思います。寒がりの方はもちろん、特に暖かいスーツが必要な地域で海に入る方にはばっちりだと思います。

日程と内容はこんな感じです。

8月10日~9月17日 プレミアムブラックラバーのキャンペーン 対象スーツ:ロングチェストジップ、チェストジップ(出来上がりは、10月20日以降)
*プレミアムラバー使用のウェットスーツは今季限りで終了らしいです。ちょっと残念です。

9月18日~10月21日 通常ラバーのスーツのキャンペーン 対象スーツ:ロングチェストジップ、チェストジップ、バックジップ、アドバンスドバックジップ。(出来上がりは、12月上旬)

こうやって見てみると、フルスーツの季節なんて直ぐにやってきます。

特典
1.オーダー料(製品価格の10%)が無料
2.サーフグリップ ウェットハンガープレゼント
3.販売価格より¥5.000の割引

ロングチェストジップは昨冬から着用しています。とにかく寒くもなんともありません。水はほとんど入らないし、動きやすい、着るのも脱ぐのも簡単。ネックインスーツのように着脱のコツはまったく不要なのが嬉しいところです。

それからもうひとつ注目して欲しいのが、アドバンストバックジップです。

形は昔ながらのバックジップでも、バックジップよりも防水性が格段に高くて動きやすい。というのはいまさら言わなくても…なのですが、やっぱりバックジップのスタイルがいいよなあ~という人、確実に増えてます。

クラシックなのがかっこいいのが、アドバンスドバックジップ。昔ながらの形でより暖かいのを、とお考えの方は以前のブログ、チェックしてみてください。もう三年前です。このときよりも改良されて着やすくなってます。

AXXE CLASSICオーダーキャンペーン、どーぞ、お見逃しなく。

ユーズドボードが入荷しました。活さんシェイプの、ツインスタビのボニートモデルのクアッドバージョン。走りそうです。


ロングボードもお値下げしています。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ


プラスチックのストローは使用禁止という動きがあります。そんな小さなものよりもっと他に大量にプラスチック使っているだろうに…と思いつつ、たぶんきっかけは、ウミガメの鼻からストローを取り出す、あの痛そうな動画かなあと想像しています。

それなら、ウミガメが好物のクラゲと間違えて食べてしまうプラスチックバッグ(レジ袋)の流通量の方が、圧倒的に多いだろうと思いはしますが、こういうことにも流行りというか、流れがあるのは昔から同じです。

そいうことをやっていれば、企業としては先進的に見えるし、利用する方はそれがおしゃれだと感じる。そういうところなのかもしれませんが、ストローの語源、麦わらの本物ストローじゃ、フラペチーノは無理っぽそうです。


そして、小さなものと言うと、小さなプラスチック。マイクロプラスチックというのをご存知ですか?

自然界でプラスチック製品が壊れ、ちいさな破砕片になったものや、歯磨きや洗顔料に含まれるプラスチックビーズ、研磨剤ですね。それに化粧品に含まれている、ごく細かいポリエチレンの粉末、はたまた化繊製品を洗濯したときに繊維から出る、合成繊維のほこりみたいなものまで、多種多様、多岐に渡ります。普通に現代人が生活していれば、何らかの形でかならず関わっていることだと思います。

そういうものが自然界(海)に流れ出し、分解されずに蓄積して生物と環境に影響を及ぼしているということ、これもずいぶん昔から言われていたことです。なにしろ小さいので回収が難しそう。

ストローよりもこちらを先に規制したほうが、とも思いますが、いろんな方面に影響が大きいものに対してゆるくなりがちなのは人間の弱いところです。

環境問題って、もしかしたら縄文時代あたりからあるんじゃないかと思うくらい、人間の暮らしとは切り離せないものだと思います。人間の進歩とともに、ややこしさが増してきたみたいな感じではないかと思います。

私が10代の頃に、言葉は違っても「持続可能な社会」という考え方はありました。環境負荷が高いプラスチックなどの使用を減らして、できるだけ自然のサイクルに従って生活するという考え方です。

それでも、プラスチックの使用料は増えるばかり。なんとかしなければ、と思いつつも目先の便利さや経済性に走ってしまうのも、人間の弱いところ。そして、すぐに忘れてしまうところも。それから、耳障りが良い企業のエコロジーなコピーにすぐまるめこまれる。

私らサーファーはと言うと、環境のことを考えるなら、植物の繊維で織ったふんどしでアライア、海に行くのは馬。そういう人がいたらかっこいいと思うけど、無理です。サーフボードはプラスチックで、ウェットスーツも必要です。

なんとなく、あきらめが入りつつあるみたいです。環境にやさしいなんて、いろいろなんか嘘くさい。世の中のしくみがそうなっていないんですから。

とりあえず、ものは大切にしてできるだけ長く使うのは得意。できることはそのくらいかなあ。


という訳ですが、寒くなればやっぱり必要なウェットスーツ。今年も真夏からオーダーフェアやります。前回までのプレミアムゴールドラバーは、今季プレミアムブラックラバーとしてリニューアル。裏地が進化してます。開催は8月10日から。詳しくは明日お知らせいたします。


どうせなら、長く使えるウェットにしましょう。AXXE CLASSICもZEROもSTEAMERも、自分自身で実証済みです。

FUN
波乗りしているとき、笑っているとよく言われます。なんだかしまりが無さそうで、若干気持ち悪かったりするかもしれませんが、楽しいので仕方ありません。素直(単純)なんです。

ロングボードに乗っているときは特にそうかもしれません。ボードをコントロールしようとヘソから下に力を入れる瞬間は別みたいですが、次にやってくる脱力の瞬間は、身体と一緒に顔の筋肉も緩みます。

波にタイミングを合わせ、斜面に角度がついてきたところに、ボードのレールが入って加速し始めたとき。そういうときは大抵、波に近いので、少し腕を伸ばして波のフェイスを指先で軽く触りながら滑っていきます。

波のフェイスを指先で摺る感触が好きなんです。

ニーボードだったら頬っぺたを近づけてます。頬っぺたで波を摺りはしませんが、波の近くで動く空気を感じます。

それで、やっぱり楽しいから笑っちゃう。クールにやるのは私には無理 笑。

夏だし、明日の朝は波まだ残ってそうだし、楽しみましょう。

エメリックさん、サーフィンはクールですが、いつも楽しそうです。


DEAD KOOKS ユーズドボードお値下げしました。
MENEHUNE BEACH STOREホームページ
お知らせ:7月28日(土)はお休みいたします。台風12号、みなさまもお気をつけください。

昨日。定休日。狙い通り。笑。


リペア工場とシェイプルームの中間地点がここなのです。通りがかるといくつかのポイントで、小さいながら、形がきれいな波が割れているので、これはロングボードで遊べるぞと駐車場へクルマを滑りこませます。

何のうねりだかは知りませんが、とりあえずショートジョンに着替えて飛び込みます。夏は簡単。

波はヒザ、モモ。なぜか皆さん(と言っても4人くらい)レフトばかりに集まっているので、独りレギュラー。小波でもいろいろ試せます。

ボードはオペークホワイトのDフィン。


この色、海でとてもきれいです。白がお日さまと海の青にきれいに映えるんです。色を着けていないクリアも同じ白なのですが、それともまた違う質感がいいのです(そう言えば、クリアボランの色も海できれいですよ~)

8.6のミニピグも白にしちゃおうかと心が揺れております。

ひさびさのDフィンでしたが、やっぱり自分にはDフィンがしっくりきます。グリノウフィンを最初にロングボードで使った、ナット ヤングはすごいと思います。でもやっぱり、グリノウフィンは、ロングボードよりもその後の時代のショートボード用じゃないかと思ってしまいます。

8.4のプリモなら、グリノウフィンでばっちりなんですが、重くてフラットでレールもボトムも丸いクラシックなロングボードには、Dフィンの支えが必要なのです。

そういう意味で、8.6のサイズにしたミニピグは自分にとってかなり実験的です。

それからこのショートジョン、いい感じです。


首回りと脇を広くしたのですが、そこから適度に海水が入ってきて夏でも暑くなく着られそうです。肩のベルクロも背中のジッパーもなくて、なんか開放的です。ジャージの色の組み合わせ、考えるのも楽しそうです。来年も色違いで作ってみようかと…。


小1時間、乗っては戻りを繰り返し、たっぷり楽しんでシェイプルームへ向かいます。

Iさんのニーボード、シェイプコンプリートです。

ウィングスワローは、このまま幅をせばめてツインフィンにもなりそうですが、それは置いといてニーボードです。

ボトムはシングルコンケーブ、レールはパキっとフルエッジにしちゃいますので、Iさん覚悟していてください 笑。トライフィンのセッティングも私のと同じです。ルースせず、動いてくれて、かつ走ります。

ニーボードもそろそろ新しいのが欲しいなあと思ってますが、自分が今作るならこんなの、というのを作っています。

いいですよ~、これ。ご期待ください。


さて、明日は台風来ちゃいそうです。当初の予定よりカーブがきつくなって西よりのコースをとりそうな予想になってますが、どうなるか分かりません。私はお休みをいただきます。皆さまもお気をつけください。

これで大丈夫なのか、メダカ。



明日は定休日です。いつものように、朝からリペア工場→シェイプルームのフルコースですが、ロングボードを隣に載せていこうと思ってます。

うねりはいまのところ期待薄ですが、もしかすると東のうねりが少し入ってくるかもしれません。少しだけでもいいのです。浮力が大きいロングボードがあれば楽しめます。

20代の中頃にロングボードでサーフィンを始めて、フィッシュやシングルフィン、ニーボードなど(ショートボード以外)いろんな種類のボードでサーフィンしてきました。ロングボードに完全に乗らなくなっていた時期もありました。

それでも、最近またロングボードがいいなあと思うようになったのは、歳のせいかもしれません。

歳のせいと言うのは、歳を取ったからという意味ではなくて、年月が経ったということを言いたいのです。

いろんなことをやって、だんだんおっさんになってくると、人って自然と自分が本当に好きなもの、自分にしっくりくるところに落ち着くんじゃないかと思います。

普段、着ているものもそうです。

若いころやっていた、アイビーファッション。昔みたいにコテコテじゃありませんが、それ風の格好がやっぱり好きみたいです。短パンにTシャツじゃなくて、短パンでも上はエリが付いたシャツ。アロハ以外は半袖シャツは好きじゃないので長袖の袖をまくって、みたいな感じです。

そうするとほら(笑)、Dフィンのピグなんかにはしっくりきませんか?

まあ自己満足なんですが、いろんなことが自分らしくなってきたように感じている2018年の自分なのです。新しいものは何にも無かったりします。新しくないのに、戻ってきたものが新鮮だというのは妙な理屈ですが、みなさんおかえりなさい、と言う感じが今は面白いのです。


この方にはこれがしっくり来るなあ。90年代の映像かと思ったら現在ですって。いまだに違和感無いのもすごいです。

夕刻、お母さんサーファーが小学生くらいの娘さんを三人連れ、ワックスをお買い求めにご来店いただきました。

ワックスありますか~?と聞かれたのでいつものように、「扱っているのはSEX WAXのクラシックと…」と答えしようとしたら、娘さんのまっすぐな眼差しがこちらを見ているのに気が付いて、思わず「セ…」で口ごもってしまった私を皆さん、どう思いますか?

別に変なもの売っている訳じゃないですが、子供の前では口にしにくい商品名だなあと、ずいぶん長いあいだ使っているのに、さきほど初めて気が付きました。

よくベースコートはどれですか?と聞かれますが、SEXWAXにはベースコートという概念はありますが、ベースコートと書かれているものはありません。

シングルワックスでも普通は問題無いと思います。昔はベースコートなんて考えたことありませんでした。

より強いトラクションが欲しければ、硬めのワックスをベースコートとして使って、その上に柔らかいものをトップコートとして塗ればOKです。ベースコートというのは、つまりそういうことです。

SEXWAX CLASSICのココナツの香りをかぐと、懐かしい気持ちになるのは私だけじゃないと思います。

デヴィッド・リンドレーがいいなあ。
ブルース・ブラウンが映画エンドレスサマーの冒頭で、「夏は活動的な季節」と言っていたのを思い出しました。夏はやっぱり海、そしてサーフィン!です 笑。

それから半世紀が過ぎた2018年夏。「夏は気を付けて活動する季節」になっています。波乗りしている分にはそれほど問題は無いと思いますが、海への行き返りのクルマや自宅、仕事場でエアコンが無いとかなり問題です。

真夏でもクルマのエアコンは使わないでも平気な私でしたが、今年は無理です。ショップも先週の定休日に新しいエアコンが来なかったらやばかったです(おかげで快適です)

エアコンの使用もそうですが、水分補給も真面目に考えておかないとまずい(というか命にかかわる)ことになります。

水分補給というと、水、お茶、スポーツドリンクなどが思い浮かぶと思います。それらをとりあえず飲んどけば水分補給にはなるのですが、何をどんなシチュエーションのときに飲むか?って考えたことありますか?

明確にこうしなさいと言うのは難しいのですが、個人的に気を付けているポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

まず普段の水分補給は、水かお茶。ランニングするときには運動量で考えます。個人差があると思いますが、1時間(8キロくらい)程度のランニングなら水のみで、それ以上長い時間続けるときには水とスポーツドリンクの両方を用意します。

いつもスポーツドリンクでもいいようにも思いますが、三食しっかり食べていますので1時間くらいなら水のみで大丈夫と考えます。

個人差はあると思います。たとえば、ダイエット中などで食事制限をしているときや、前の晩にお酒を飲んだときなど、何かが不足している可能性があるときに身体を動かすなら、塩分と糖分を補給できるスポーツドリンクの方がいいと思います。濃さを調節するのもひとつの方法です。

水分が足りずに脱水症状になってしまうのも問題ですが、スポーツドリンクなど糖分を多く含む飲料を飲む過ぎてしまうことも問題です。

糖分の摂りすぎで他の問題が起きてくることもありますが、健康体の人でまず起きてくると思われる問題は糖分の摂りすぎによる食欲減退です。早い話が、水分補給で夏バテを引き起こす可能性が出てきてしまいます。

基本はまず食事をバランスよく、しっかりと摂ることだと思います。それから必要に応じて水分、塩分、糖分を状況とタイミングを考えて摂ることですが、さて波乗りしてるときについ飲んじゃった海水って、塩分補給なのか?


久しぶりにジャクソン・ブラウンの古いアルバムを聞いていたら、こちらの方が気になって。なんでも弾いちゃいますね。


Visitor Map
Create your own visitor map!